20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Mr. Smith Goes to Washington

       スミス都へ行く
        Mr. Smith Goes to Washington
        監督:フラン ク・キャプラ
        (1939年/アメリカ)
filmbar

 
 アメリカ 民主主義の理想・良心を高らかに謳いあげた名匠キャプラの名作

 ある州の上院議員が急死しし、同州のもう1人の上院議員ジョー・ペインは、後任候補を誰とするかを、政財界の黒幕ジ ム・テイラーと相談した。
 2人は地元のダム建設を巡り癒着している間柄であり、御し易い人間を後任とすることは死活問題であった。
  (注)上院議員は各州2名
Mr. Smith-1
Mr. Smith-2  ペインとテイラーは、ミラーを後任候補に指名するようホッパー州知事に 圧力をかけた。ホッパーもテイラーの金の力で州知事となった身であり、従わざるを得なかった。
 しかし、州の委員たちがミラーの指名に猛反発。委員たちは、ヒルを指名するようホッパーに迫っ た…。
 困り果てたホッパーが家に帰ると、子供たちが口を揃えて、後任候補はジェフ・スミスが良いと言う。スミスは地元少年団の団長で、青少年向けのローカル紙を発行している子供た ちの英雄だ。しかし、ホッパーはスミスの名前すら知らなかった。 Mr. Smith-3
Mr. Smith-4   悩んだホッパーは、コインの表裏で、ミラーかヒルかを決めることにした。
 ところが、投じたコインは新聞に寄りかかって立ったまま。その新聞にジェフ・スミスの名 前を見つけたホッパーの気持ちは決まった。彼はスミスを後任候補に指名した。
 後任候補指名の晩餐会。スミスは、「亡き父の親友であり、理想の男であったペイン上 院議員と一緒に働けることは光栄です…」 とスピーチ。
 ペインは、スミスが亡き友人の息子であることを初めて知った。
 晩餐会の最後には少年団が登場。スミスに鞄をプレンゼントした。
Mr. Smith-5
  

youtubelogo
 『スミス都へ行く』 の予告編 (カットされた、スミス とサンダースが故郷の町でパレードするシーンも)


  主な出演者など 

Mr._Smith_Goes_to_Washington/Mr._Smith_Goes_to_Washington-2
 ・ジェフ・スミス役  …  ジェームズ・ステュアート  James Stewart
 ・サンダース役  … ジー ン・アーサー Jean Arthur 
 ・ジョー・ペイン役 … クロード・レインズ Claude Rains
 ・上院議長役 … ハリー・ケリー Harry Carey
 ・ジム・テイラー役  … エドワード・アーノルド Edward Arnold
 ・ディズ・ムーア役  … トーマス・ミッチェル Thomas Mitchell

 ・フランク・キャプラ監督『オペラ・ハット』 (1936年)の続編 『Mr. Deeds Goes to Washington 』 として企画されていたが、主役のゲー リー・クーパーをサミュエル・ゴールドウィンから借りることが出来ず、MGM社からジェームズ・ステュアートを借りて、題名も 「Deeds 」 から 「Smith 」 へと変更された。
  (右の写真) 左からキャプラ監督、ジーン・アーサー、ジェームズ・ステュアート
Mr._Smith_Goes_to_Washington-3

Mr._Smith_Goes_to_Washington-5
 ・本物の国会議事堂の議場とソックリに作られたセットは、コロンビア社のセットとしては当 時最大のものであった。
  (左の写真) キャプラ監督(左)とジェームズ・ステュアート(右)

 ・アカデミー賞では作品賞など10部門でノミネート。同年は 『風と共に去りぬ』 など強力なライバルがひしめき、受賞は原案賞の みに終わった。
 主演男優賞候補であったジェームズ・ステュアートは、『チップス先生さようなら』 のロバー ト・ドーナットに敗れはしたが、得票数では 『風と共に去りぬ』 のクラーク・ゲーブルを 上回った。
  (右の写真 ) 左からジェームズ・ステュアート、ジーン・アーサー、キャプラ監督
Mr._Smith_Goes_to_Washington-4

Mr._Smith_Goes_to_Washington-6
 ・助演男優賞は、クロード・レインズとハリー・ケリーがダブル・ノミネートされたが、新聞 記者役 のトーマス・ミッチェルが、『駅馬車』 の演技で受賞した。

 ・AFI (アメリカ映画協会) が、1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 では、第29位にランクイン。
  (左の写真) ジェームズ・ステュアートとジーン・アーサー


  ピック・アップ … クロード・レインズ

Claude Rains
  Claude Rains 1889-1967  (イギリス/アメリカ)

 ・1889年、ロンドン生まれ。父親が役者であったこともあり、子供の頃から役者を志していた。第一次世界大戦中、イギリス陸軍に従軍。 ガス攻撃により右目を失明している。

 ・映画にも1作だけ出演 (1920年) したが、イギリスでは舞台を中心に活動していた。
 ・1926年に渡米し、ブロードウェイ・デビュー。

 ・ハリウッド・デビュー作の 『透明人間』 (1933年) が大ヒット。全編を通してマスクを被っての出演だった。以後、映画と舞台で活躍。
  (右の写真) 『透明人間』 グロリア・ステュアートと
The_Invisible_Man
 ・『スミス都へ行く』 (1939年)『カサブランカ』 (1942年)、『愛の 終 幕』 (1944年)『汚名』 (1946年)で、4 度アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたが受賞は逃した。
Casablanca
Mr._Skeffington
『カサブランカ』 (1942年)ハンフリー・ボガート
『愛の終幕』(1944 年)ベティ・デイビス
Caesar and Cleopatra Notorious
『シーザーとクレオパト ラ』(1945年)ヴィヴィアン・リー 『汚名』 (1946年) イングリッド・バーグマン

Lawrence_of_Arabia-2
 ・舞台 「Darkness at Noon (1951年) で、トニー賞の主演男優賞を受賞。
  (左の写真) 『アラビアのロレンス』(1962年)

 ・1967年77歳で他界。

HOME