20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
The 39 Steps

     三十九夜
     The 39 Steps
     監督:アルフレッド・ヒッチコック
     (1935年/イギリス)
filmbar

 
 ヒッチ コック監督 イギリス時代の代表作

 ロンドンのとあるミュージック・ホールで休暇を楽しんでいたハネイ。舞台には驚異的な記憶力を持つミスター・メモリーなる男が登場し、客からの質問に答えて、その記 憶力を披露していた。
 突然、ホール内に銃声が響いた。観客が出口に殺到してホール内は大混乱に。ハネイはその場で助けた女性に請われ、彼女を自分のアパートに連れて行った。

39steps-1 The_39_Steps-1-2
 女性の名はアナベラ。英国のスパイだと言う。敵対国が英国の防空上の秘密を盗み出すのを 防ぐのが役目で、敵のスパイ2人を追ってミュージック・ホー ルに入ったが見つかってしまい、逃げ出すために銃を撃ったと語った。
 初めは信用していなかったハネイだが、窓の下に2人組の男がいるのを見てアナベラを信用 した。
 アナベラはハネイの身も危険になったと告げ、敵のスパイ組織は 「三十九夜 」 と言い、そのボスは小指の先が欠けていると教えた。
39steps-2 The_39_Steps-2-2


  

  主な出演者など 

39steps-19
 ・ハネイ役 … ロバート・ ドーナット 
           Robert Donat
 ・パメラ役 … マデ リーン・キャロル 
                       Madeleine Carroll
39steps-20

  ・‟サスペンス映画の神様” アルフレッド・ヒッチコック監督が、ジョン・バカンの小説 「三十九階段」 を映画化した作品。
 映画の邦題は、「階段」 が 「夜」 に変えられた。
  (右の写真) 左からロバート・ドーナット、マデリーン・キャロル、ヒッチコック監督
The_39_Steps

39steps-22  ・ヒッチコック監督が、ハリウッド進出前のイギリス時代に撮った作品の中で最高傑作とも 評 されている。
 英国映画協会が1999年に発表した 「20世紀の英国映画ベスト100」 で、第4位に選出された。
  (左の写真) 左から、ロバート・ドーナット、ヒッチコック監督、
   ルーシー・マンハイム(アナベラ役)


 ・犯人と間違われた主人公が、逃亡しながらも真犯人を追及する。警察はあまりあてにならな い。列車内のシーン等々。ヒッチコック監督のお得意の設定が出揃った 「ヒッチコック映画の原典」 とも言われている作品。
  (右の写真) 右から、ヒッチコック監督、ロバート・ドーナット、マデリーン・キャロル
39steps-23

  ヒッチコック監督 お約束のカメオ出演シーン

39steps-24
 ・映画が始まって6〜7分頃、主人公と女性がミュージック・ホールから出てバスに乗る シーンで、通行人役として出演。
  (左の写真) ヒッチコック監督の出演シーン

  ピック・アップ … ロバート・ドーナット

Robert Donat
 Robert Donat  1905-1958  (イギリス)

 ・1905年、イギリスのマンチェスター生れ。16歳の時に舞台俳優としてデビュー。

 ・イギリス映画界の重鎮アレクサンダー・コルダ製作の 『Men of Tomorrow (1932年) で銀幕デビュー。翌33年、コルダが製作・監督、チャールズ・ロートンが主演の 『ヘンリー八世の私生活』 での演技で注目を集めた。

 ・『巌窟王』 (1934年) でハリウッド・デビューし、イギリスに帰国して出演した 『三十九夜』 (1935年) が大ヒット。人気スターの地位を確立した。
The_Count_of_Monte_Cristo
The_39_Steps-27
『巌窟王』 『三十九夜』  マデリーン・キャロルと
 ・フランスの巨匠ルネ・クレール監 督がイギリスで撮った 『幽霊西へ行く』 (1935年)、同じくフランスの巨匠ジャック・フェデー監督がイギリスで撮った 『鎧なき騎士』 (1937年)に出演。両作ともアレクサンダー・コルダ製作の作品。
The Gohst Goes West
Knight_Without_Armor
『幽霊西へ行く』   ジーン・パーカーと
『鎧なき騎士』 マレーネ・ディートリッヒ
 ・『城砦』 (1938年イギリス/監督:キング・ヴィダーでアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、翌年、『チップ ス先生さようなら』 (1939年イギリス/監督:サム・ウッド でアカデミー賞主演男優 賞を受賞。イギリス映画でありながら、『風と共に去りぬ』クラーク・ゲーブル、『嵐が丘』 のローレンス・オリビエ『スミス都へ行く』ジェームズ・ステュアートといったハリウッド映画の強力なライバルたちを破っての受賞で あった。
/The_Citadel-2
Goodbye Mr. Chips
『城砦』  ロザリンド・ラッセル
『チップス先生さような ら』  グリア・ガースン
 ・『The Cure for Love(1949年)では、自ら製作・監督・脚本・主演をこなした。

 ・喘息の持病を抱えていたため出演作品は少なく、20本目の映画 『六番目の幸福』 (1958年/主演:イングリッド・バーグマンが遺作となった。

 ・1958年53歳で他界。

HOME