20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Ingrid Bergman

イングリッド・バーグマン

Ingrid Bergman

 1915-1982 (スウェーデン)


heartbar

     代表作

Casablanca
 カサブランカ 
  Casablanca
  (1942年/アメリカ)
For_Whom_the_Bell_Tolls
 誰が為に鐘は鳴る 
  For Whom the Bell Tolls
  (1943年/アメリカ)
Gaslight  ガス燈
 Gaslight
  (1944年/アメリカ)
The_Bells_of_St._Mary's
 聖メリーの鐘
 The Bells of St. Mary's
  (1945年/アメリカ)
Notorious  汚名
 Notorious
  (1946年/アメリカ)
Anastasia
 追想
 Anastasia
 
(1956年/アメリカ)
Murder on the Orient Express  オリエント急行殺人事件
 Murder on the Orient
  Express

  (1974年/イギリス)
Autumn Sonata  秋のソナタ
 Autumn Sonata (英題)
 (1978年/スウェーデン)

    銀幕の名花 バーグマン

 ・1915年、スウェーデンのストックホルム生れ。
 3歳の時に母親 (ドイツ人)、13歳の時に父親 (スウェーデン人/写真家・画家) を亡くし、以後、親戚に育てられた。
 17歳の時に、映画 『Landskamp(1932年) にエキストラとして出演した。
  (右の写真) 5歳の頃、父親と
Bergman 1920
 ・1933年、母国が生んだスーパースター、グレタ・ガルボも学んだ王立演劇アカデミーのオーディションに合格して入学。翌年、知人の紹介で、映画会社のスクリーン・テストを受けて合格。
Munkbrogreven  王立演劇アカデミーを退学し、コメディ映画 『ムンクブローの伯爵』 (1935年) で本格的な銀幕デビューを果たした。
 以後、『波濤』、『スウェーデンイェルム家』、『ワルプルギスの夜』 (1935年)、『日なたで』、『間奏曲』 (1936年)、『ドル』、『4人の仲間』 (ドイツ映画)、『女の顔』 (1938年)、『一夜かぎり』 (1939年) に出演。
  (左の写真) デビュー作 『ムンクブローの伯爵』

 ・1937年、歯科医のペッテル・アロン・リンドストロムと結婚。翌年、娘のピアを授かった。
Petter Aron Lindstrom Pia Lindstrom
リンドストロムとの結婚式 娘のピアと

 ・1939年、『間奏曲』 を観た、映画製作者デビッド・O・セルズニックに招かれハリウッドへ。

 ・『別離』 (1939年) … ハリウッド・デビュー作。『間奏曲』 のリメイク作。
 セルズニックはバーグマンの見映えに不満でカメラマンを交代。後任のグレッグ・トーランドに、「スウェーデンではハリウッドのように厚化粧をしていない 」 と諭され、以後、彼女を他社に貸し出す際にもハリウッド流の厚化粧をせずに自然体であるように注文した。
  (右の写真) 『別離』 レスリー・ハワード
Intermezzo
   * グレッグ・トーランド … 『市民ケーン』、『偽りの花園』 (1941年) で、パンフォーカス技法を開発した伝説の名カメラマン。

Selznic
 ・映画が公開されるや、バーグマンは一躍脚光を浴びた。
 彼女の容姿や演技は勿論、撮影に臨む姿勢など全てに満足したセルズニックは、バーグマンと7年の契約を締結した。
  (左の写真) デビッド・O・セルズニックと

 ・一旦スウェーデンに戻り、『六月の夜』 (1940年) に出演。
 再渡米後、ブロードウェイの舞台 「リリオム」(1940年) に出演。
  (右の写真) 舞台 「リリオム」 バージェス・メレディスと (『ロッキー』 のミッキー役の俳優)
  * 「リリオム」 … フリッツ・ラング監督シャルル・ボワイエ主演で映画化(1934年)。
Liliom

 ・カリフォルニアで、舞台 「アンナ・クリスティ」 (1941年) に出演後、3本の映画に出演。夫と娘もアメリカへ呼び寄せた。
   * 「アンナ・クリスティ」 … 1930年の映画は、スウェーデンの先輩女優グレタ・ガルボの代表作。
Adam Had Four Sons
Rage in Heaven
『4人の息子』 (1941年) フェイ・レイ
『天国の怒り』 (1941年)  ロバート・モンゴメリーと

Dr. Jekyll and Mr. Hyde  ・『ジキル博士とハイド氏』 (1941年/監督:ヴィクター・フレミング
 バーグマンは自ら望んで共演のラナ・ターナーと配役を替えてもらいアイヴィ役を演じたが、これはミス・キャストであったとの声も。
  (左の写真) 『ジキル博士とハイド氏』 スペンサー・トレーシー(左)、ラナ・ターナー(右)と

 ・『カサブランカ』 (1942年/監督:マイケル・カーティス
 「君の瞳に乾杯!」。銀幕の名花バーグマンが満開となった永遠の名作。
  * 1942年11月にニューヨークでプレミア公開されたが、一般公開は43年1月。
  (右の写真) 『カサブランカ』 ハンフリー・ボガート
Casablanca_photo

For_Whom_the_Bell_Tolls-2
 ・『誰が為に鐘は鳴る』 (1943年/監督:サム・ウッド) … 初のカラー作品。
 「キスする時に鼻はどうするの?」。当時27歳とは思えぬ瑞々しさ。
 『カサブランカ』 のイルザがBeautiful  なら、『誰が為に…』 のマリアはCute
  (左の写真) 『誰が為に鐘は鳴る』 ゲーリー・クーパー

 ・1943年の全米年間興行成績で、『誰が為に鐘は鳴る』 が第1位、『カサブランカ』 が第6位の大ヒット。
 『誰が為に鐘は鳴る』 の演技で、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた。  

 ・『ガス燈』 (1944年/監督:ジョージ・キューカー
 女性映画の名手ジョージ・キューカー監督作品で、アカデミー賞主演女優賞を受賞。名実ともにハリウッドのトップ女優となった。
  (右の写真) 『ガス燈』 シャルル・ボワイエ
Gaslight-2

Bergman Oscar
Bergman Oscar-2
                                       オスカー像を手に

Saratoga Trunk  ・『サラトガ本線』 (1945年/監督:サム・ウッド)。
 大ヒットした 『誰が為に…』 のゲーリー・クーパー、サム・ウッド監督と再び組んだ作品。凡作ではあるが、当代きっての美男美女の人気スター共演で、年間第7位の大ヒットに。
  (左の写真) 『サラトガ本線』 ゲーリー・クーパーと  

 ・『聖メリーの鐘』 (1945年/監督:レオ・マッケリー)。
 
当時、アメリカで人気No.1であったビング・クロスビーと共演し、バーグマンのキャリアで最大のヒット作に。
 インフレ調整後の興行成績では歴代51位 (2014年現在)
 (右の写真) 『聖メリーの鐘』 ビング・クロスビーと
The Bell's of St. Mary's-2

Spellbound ・『白い恐怖』 (1945年/監督:アルフレッド・ヒッチコック)。
 
サスペンス映画の神様ヒッチコック監督との最初の作品。
 共演は、前年銀幕デビューをした大型新人のグレゴリー・ペック
 年間第2位の大ヒットに。
  (左の写真) 『白い恐怖』 グレゴリー・ペックと

 ・1945年は、3本の出演作が全て年間興行成績のトップ10入り。『聖メリーの鐘』 で3年連続3度目のアカデミー賞主演女優賞候補にもなり、正に絶好調のバーグマン。

< 次ページ >

HOME