20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Gregory Peck

グレゴリー・ペック

Gregory Peck

   
1916-2003 (アメリカ)
 

starbar

     代表作
 
Spellbound
 白い恐怖
 Spellbound
 (1945年/アメリカ)
The Yearling
 子鹿物語
 The Yearling
 (1946年/アメリカ)
Duel_in_the_Sun
 白昼の決闘
  Duel in the Sun
 (1946年/アメリカ)
Gentleman's_Agreement
  紳士協定
 Gentleman's Agreement
 
(1947年/アメリカ)
Twelve O'Clock High
 頭上の敵機
  Twelve O'Clock High
 (1949年/アメリカ)
Roman_Holiday-1
  ローマの休日
 Roman Holiday
 
(1953年/アメリカ)
The_Big_Country
 大いなる西部
  The Big Country
 (1958年/アメリカ)
To kill a Mockingbird
  アラバマ物語
 To kill a Mockingbird
 
(1962年/アメリカ)

    ハリウッドを代表する正統派2枚目スターの1人

 ・1916年、カリフォルニア州生れ。
 6歳の時に両親が離婚。母方の祖母に引き取られたが、10歳の時に祖母が亡くなり、以後、父親に育てられた。   (右の写真) 子供の頃のペック

 ・薬剤師だった父親の希望で、サンディエゴ州立大学の医学部に入学したが、家計が苦しくなり、1年間休学。石油会社のトラック運転手として働いた。
Gregory_Peck-5

Gregory_Peck-6
 ・カリフォルニア大学バークレー校に編入。ボート部のレガッタ選手となったが、脊髄を負傷して退部。その後、演劇部に入って活躍した。 (左の写真) 大学時代のペック

 
・大学卒業後、ニューヨークの俳優養成学校ネイバーフッド・プレイハウスに入校。著名な指導者サンフォード・マイズナーに演技の指導を受けた。
  * サンフォード・マイズナー  … グレース・ケリー、ロバート・デュバル、スティーヴ・マックィーンなど
   を指導。

 ・1941年、舞台の大女優キャサリン・コーネルと製作者ガスリー・マクリンティックの夫妻が率いる劇団に入団。サンフランシスコの劇場で、コーネル主演の劇 「The Doctor's Dilemma 」 に出演し、本格的な役者デビューを果たしたが、1週間後に日本軍の真珠湾攻撃があり、公演は打ち切りとなってしまった。

 ・1942年、舞台劇 「The Morning Star 」 でブロードウェイ・デビュー。
 私生活では、キャサリン・コーネルのヘア・メイク係であったグレタ・ライスと結婚。3人の息子を授かった。 
 尚、ペックはレガッタ選手の時に脊髄を負傷したため、兵役を免除されたと言われている。
  (右の写真) 最初の妻グレタ・ライスと
Greta_Kukkonen

Days_of_Glory
 ・ブロードウェイでの2作目 「The Willow and I 」 に出演しているところを、映画脚本家のケーシー・ロビンソンにスカウトされ、ロビンソン製作・脚本の 『炎のロシア戦線 (栄光の日々)』 (1944年/RKO社) に出演。主演はロビンソンの当時の妻で、ロシア出身の世界的な人気バレリーナ、タマーラ・トゥマーノワ。彼女の相手役、準主役での華々しい銀幕デビューであった。
  (左の写真) 『炎のロシア戦線 (栄光の日々) 』 タマーラ・トゥマーノワと
  * ケーシー・ロビンソン … 『海賊ブラッド』 (1935年)、『愛の勝利』 (1939年)、『サラトガ本線』 (1944年)等の脚本家。

 ・新星グレゴリー・ペックは大評判となり、映画会社間で争奪戦が繰り広げられたという。
 20世紀FOX社は大作 『王国の鍵』 (1944年) の主役に抜擢し、MGM社は 『愛の決断』 (1945年) で自社のトップ女優グリア・ガースンの相手役に起用。独立系のデビッド・O・セルズニックも負けじと『白い恐怖』 (1945年/監督:アルフレッド・ヒッチコックで人気絶頂のイングリッド・バーグマンと共演させた。
The_Keys_of_the_Kingdom The_Valley_of_Decision Spellbound-2
『王国の鍵』 トーマス・ミッチェル(左)と 『愛の決断』 グリア・ガースンと 『白い恐怖』 イングリッド・バーグマンと
 神父役を演じた 『王国の鍵』 で、アカデミー賞主演男優賞候補にもなった。

 ・1946年、開拓民一家の心優しき父親を演じた 『子鹿物語』 (監督:クラレンス・ブラウン/MGM社) で、2年連続2度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。オスカーは逃したが、ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞を受賞した。
 セルズニックが豪華キャストで製作した超大作ウエスタン 『白昼の決闘』 (監督:キング・ヴィダーでは、ニヒルでダーティーな主役を堂々と演じ、映画は大ヒットした。
The_Yearling-2 Duel_in_the_Sun-2
『子鹿物語』 クロード・ジャーマン・ジュニアジェーン・ワイマン 『白昼の決闘』 ジェニファー・ジョーンズ

 ・1947年、ドル箱 (マネー・メイキング) スター・ベストテンに第8位でランク・イン。
 ゲーブルクープデュークボギーも下積み時代があったが、グレゴリー・ペックは恵まれたデビューから一気にトップスターへと駆け上がった。
 ユダヤ人差別を告発する記事を書くため、ユダヤ人を装った作家に扮した 『紳士協定』 (1947年/監督:エリア・カザンで、3年連続3度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。
The_Macomber_Affair Gentleman's_Agreement-2 The_Paradine_Case
『決死の猛獣狩り』
ジョーン・ベネット
『紳士協定』
 ドロシー・マクガイアと
『パラダイン夫人の恋』
アリダ・ヴァリ

 ・『頭上の敵機』 (1949年/監督:ヘンリー・キング) で、2年ぶり4度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。またしてもオスカーは逃したが、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演男優賞を受賞した。
Yellow_Sky The_Great_Sinner Twelve_O'Clock_High-2
『廃墟の群盗』 (1948年)
アン・バクスター
The Great Sinner 』 (1949年)
エヴァ・ガードナー
『頭上の敵機』

 ・ペックのキャリアで最多の6作品で組んだのがヘンリー・キング監督。同監督との2作目 『拳銃王』 (1950年) は、ペック本人お気に入りの1作となった。
The_Gunfighter Captain_Horatio_Hornblower Only_the_Valiant
『拳銃王』 (1950年) 『艦長ホレーショ』 (1951年)
ヴァージニア・メイヨ
『勇者のみ』 (1951年)
バーバラ・ペイトンと

 ・アーネスト・ヘミングウェイ原作の 『キリマンジャロの雪』 (1952年/監督:ヘンリー・キング) が、全米で年間興行成績第3位の大ヒット。
David_and_Bathsheba The_World_in_His_Arms The_Snows_of_Kilimanjaro
『愛欲の十字路』 (1951年)
スーザン・ヘイワード
『世界を彼の腕に』 (1952年)
アン・ブライスと
『キリマンジャロの雪』
エヴァ・ガードナーと

 ・『ローマの休日』 (1953年/監督:ウィリアム・ワイラー は、ペックが初めて挑んだロマンチック・コメディ作品。
 新人のオードリー・ヘップバーンとの息もピッタリで、日本で最も人気の高い作品となった。
  (右の写真) 『ローマの休日』 オードリー・ヘップバーンと
Roman_Holiday-2

< 次ページ >

HOME