20世紀・シネマ・パラダ イス

Megaphonebar
Elia Kazan

エリア・カ ザン

Elia Kazan

  1909-2003 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

A_Tree_Grows_in_Brooklyn
 ブルックリン横丁
 A Tree Grows in Brooklyn
  
(1945年/アメリカ)
Gentleman's_Agreement  紳士協 定
  Gentleman's Agreement
  (1947年/アメリカ)
A_Streetcar_Named_Desire
 欲望という名の電車
  A Streetcar Named Desire
  (1951年/アメリカ)
Viva_Zapata!  革命児サパタ
 Viva Zapata!
 (1952年/アメリカ)
On_The_Waterfront
 波止場
 On The Waterfront
 (1954年/アメリカ)
East_of_Eden
 エデンの東
 East of Eden
 (1954年/アメリカ)
Splendor_in_the_Grass  草原の輝き
 Splendor in the Grass
 (1961年/アメリカ)
America,_America
 アメリカ アメリカ
 America, America
 (1963年/アメリカ)

    映画と舞台で多くの名作を手掛けた社会派の名 匠

 ・1909年、オスマン帝国 (現トルコ) のイスタンブールにて、ギリシャ人の両親の下に生まれ、4歳の時にアメリカへ移住。名門ウィリアムズ大学を卒業後、イェール大学演劇大学院へ進んだが、2 年で中退し、ニューヨークの劇団 「グループ・シアター」 に入団。
 当初は俳優をしており、ブロードウェイでクリフォード・オデッツの戯曲 「Waiting for Lefty (1935年) 等に出演した。
 尚、1934年から1年半、共産党に入党しており、キャリアに暗い影を落とすこととなる。
  (右の写真) 舞台 「Waiting for Lefty。中央で両手を挙げているのがエリア・カザン。
   「Lefty 」 は左派の意。カザンはストライキを訴えるタクシー運転手を演じた。  
Waitig_for_Lefty
 「Casey Jones (1938年) で初めて舞台演出を手掛け、タルラー・バンクヘッドとフレ ドリック・マーチを主演に迎えた舞台劇 「The Skin of Our Teeth (1942年) で、ニューヨークドラマ批評家協会賞の監督賞を受賞。一流演出家の仲間入りを果たした。

City_for_Conquest
 ・映画界での初仕事も俳優としてであった。著名な写真家ラルフ・スタイナーが撮った 『Cafe Universal (1934年) で銀幕デビューをし、ジェームズ・キャグニー主演の 『栄光の都』 (1940 年) 等、数本の作品に出演した。
  (左の写真) 『栄光の都』 ジェームズ・キャグニー(右)と

 ・ニューヨークの下町で暮らす貧しい家族を描いた人情劇 『ブルックリン横丁』 (1945年) で、映画監督としてメジャー・デビュー。
 ジェームズ・ダン (助演男優賞)ペギー・ アン・ガーナー (子役賞) の2人にオスカーをもたらした。
  (右の写真) 『ブルックリン横丁』 撮影時。左からエリア・カザン、ジェームズ・ダン、
   テッド・ドナルドソン、ドロシー・マクガイア、ペギー・アン・ガーナー

A_Tree_Grows_in_Brooklyn-2

 ・キャサリン・ヘッ プバーンスペンサー・トレイシー主演の西部劇 『大草原』、ダナ・アンドリュース主演のフィルム・ノワール 『影なき殺人』グレゴリー・ペック主 演で、ユダヤ人差別にメスを入れた社会派作品 『紳士協定』 (1947年) を監督。
The_Sea_of_Grass Gentleman's_Agreement-2
『大草原』 撮影時。左から、エリア・カザン、
キャサリン・ヘップバーン、スペンサー・トレイシー
『紳士協定』 撮影時。左からドロシー・マクガイア、
グレゴリー・ペック、エリア・カザン

Elia_Kazan_Oscar
 ・『紳士協定』 は、アカデミー賞の7部門で8つのノミネートを受け、作品賞、監督賞、助演女優賞 (セレステ・ホルム) の 3部門で受賞。映画監督としても名匠の地位を確立した。
  (左の写真) オスカー像を手にするエリア・カザン

 ・ブロードウェイで、アーサー・ミラーの戯曲 「All My Sons (1947年) を演出し、第1回トニー賞の監督賞を受賞。
 続いて、テネシー・ウィリアムズの戯曲 「欲望という名の電車」 (1947年)を演出。2年に亘るロ ングランの大ヒット作となり、主演のジェシカ・タンディにトニー賞の主演女優賞をもたらした。
  (右の写真) 作家のアーサー・ミラー(右)と
Arthur_Miller
 更に、アーサー・ミラーの戯曲 「セールスマンの死」 (1949年/主演:リー・J・コッブ を演出した舞台は、トニー賞の演劇作品賞を受賞し、エリア・カザンは2度目の監督賞を受賞した。
Actors_Studio  1947年には、「グループ・シアター」 の仲間とかの有名な俳優養成学校 「アクターズ・スタジオ」 を創設。
 「メソッド演技法」 の指導を受けた数多の名優たちを輩出し、ハリウッドに新風を送り込むこととなった。
  (写真) 「アクターズ・スタジオ」 にて

 ・肌の白い黒人女性の苦悩を描いた 『ピンキー』 (1949年)、セミ・ドキュメンタリー・タッチのフィルム・ノワール作品 『暗黒の恐怖』 (1950年) を監督。
Pinky
Panic_in_the_Street
『ピンキー』 ジーン・クレイン(左)とエセル・ウォーターズ
『暗黒の恐怖』  リチャード・ウィドマーク

 ・映画 『欲望という名の電車』 (1951年) は、 アカデミー賞で作品賞、監督賞など12部門でノミネートされ、主演女優賞 (ヴィヴィアン・リー、助演男優賞 (カー ル・マルデン)、助演女優賞 (キム・ハンター)、美術賞 (白黒部門) の4部門で受賞。
  (右の写真) 『欲望という名の電車』 撮影時。左から、ヴィヴィアン・リー、キム・ハンター、
   エリア・カザン
A_Streetcar_Named_Desire-2

 ・1952年、ハリウッドに ‟赤狩り” の嵐が吹き荒れる中、共産主義者との嫌疑を受けたエリア・カザンは、下院非米活動委員会 (HUAC)  の聴聞会で共産主義者8名の名前を密告した。

Viva_Zapata!-2
 ・メキシコ革命の英雄を描いた 『革命児サパタ』 (1952 年) は、アカデミー賞で、主演男優賞 (マーロン・ブランド、脚本賞 (ジョン・スタインベック) など5部門でノミネートされ、助演男優賞 (アンソニー・クイン を受賞した。
  (左の写真) 『革命児サパタ』 撮影時。マーロン・ブランド(右)と

 ・共産主義のチャコスロバキアから、自由の国アメリカへの逃亡を図るサーカス団を描いた 『綱渡りの男』 (1953年) を監督。
 ブロードウェイに戻り演出した 「お茶と同情」 (1953年) は、2年に亘るロングランの大ヒッ トとなった。
Man_on_A_Tightrope
Deborah_kerr
『綱渡りの男』 アドルフ・マンジュー(左)とフレドリック・マーチ(右)
舞台 「お茶と同情」 主演のデボラ・カー

 ・ニューヨークの港を牛耳るマフィアのボスに立ち向かう港湾労働者を描いた社会派の名作 『波止場』 (1954年) は、アカデミー賞の10部門で12のノミネートを受け、作品賞、監督賞、主演男優賞(マーロン・ブランド)、 助演女優賞エヴァ・マリー・セント、脚本賞、撮影賞(白黒部門)、 美術賞(白黒部門)、編集賞の8部門で受賞。
  (右の写真) 『波止場』 撮影時。マーロン・ブランド(右)と
On_The_Waterfront-2

East_of_Eden-2
 ・ジョン・スタインベックのベストセラー小説を映画化した 『エデンの東』 (1955年) では、「アクターズ・スタジオ」 出身の新人ジェームズ・ディーンを主役に抜擢。
 アカデミー賞では、監督賞など4部門でノミネートされ、助演女優賞 (ジョー・ヴァン・フリート ) を 受賞した。
  (左の写真) 『エデンの東』 撮影時。ジェームズ・ディーン(左)と

 ・ブロードウェイでテネシー・ウィリアムズの戯曲 「熱いトタン屋根の猫」 (1955年) をヒットさせ、同じくウィリアムズ作の映画化作品 『ベビイ・ドール』 (1956年) を監督。アカデミー賞では主演女優賞 (キャロル・ベイ カー) など4部門でノミネートされたが、無冠に終わった。
 (右の写真) 『ベビイ・ドール』 撮影時。右から、カール・マルデン、キャロル・ベイカー
  エリア・カザン
Baby_Doll

 ・ブロードウェイ劇 「J.B. 」 はトニー賞の演劇作品賞を受賞し、エリア・カザンは3度目の監督賞を受賞した。
A_Face_in_the_Crowd-2
Wild_River
『群衆の中の一つの顔』 (1956年) 撮影時。
手前左から、パトリシア・ニール、エリア・カザン、アンディ・グリフィス

『荒れ狂う河』 (1960年) 撮影時。
モンゴメリー・クリフト(後)、リー・レミックと

 ・思春期の青年の苦悩を描いた青春映画の名作 『草原の輝き』 (1961年) を監督。
 1962年には、自身と同じくオスマン帝国からアメリカへ移住した叔父をモデルにした小説 「アメリカ アメリカ」 を執筆し、翌年に映画化。アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚色賞、美術賞(白黒部門) の4部門でノミネート。エリア・カザンは製作と脚本も兼ねていたので3部門で候補者となったが、受賞は美術賞(白黒部 門)のみに止まった。
Splendor_in_the_Grass-2 America,_America-2
『草原の輝き』 撮影時。
ウォーレン・ベイティ(左)、ナタリー・ウッド(右)と

『アメリカ アメリカ』 撮影時。
後は主演のスタティス・ヒアレリス

The_Arrangement  ・その後も、自ら執筆した小説を映画化した 『アレンジメント/愛の旋律』 (1969年)、息子のクリス・カザンが製作、脚本した 『突然の訪問者』 (1972 年) を監督。
  (左の写真) 『アレンジメント/愛の旋律』 撮影時。カー ク・ダグラス(右)と

 ・『波止場』 の製作者サム・スピーゲルと再び組み、豪華キャストで、F・スコット・フィッツジェラルドの未完の小説 『ラスト・タイクーン』 (1976年) を監督。
 同作を最後に映画界から引退した。
  (右の写真) 『ラスト・タイクーン』 撮影時。ジャンヌ・モロー(左)、
   ロバート・デ・ニーロ(中央)と
The_Last_Tycoon

 ・1988年、自伝を出版。

 ・1998年度のアカデミー賞で名誉賞を受賞。コンペ部門の賞ではないので、受賞は前もって発表された。HUACで仲間の名を公表したエリア・カザンへ の名誉賞贈呈は賛否両論で世間を揺るがした。
Elia_Kazan_Oscar-2  『紳士協定』 で主役を演じ、アカデミー協会会長も務めたグレゴリー・ペックは、人の 「Work 」 と 「Life 」 は分けるべきだ、と受賞を擁護するコメントを発した。
 授賞式会場前には、エリア・カザンを 「裏切者」、「密告者」 と非難するプラカードを掲げたデモ隊が500人近くも集まったという。
 授賞式で御年89歳の名匠が登場すると、スタンディングオベーションで迎える者もあれば、着席したままで拍手もしない者もいた。 
  (左の写真) 名誉賞のオスカー像を手にするエリア・カザン


youtube
 アカデミー賞名誉賞の受賞シーン。プレゼンターはマーティン・スコセッシとロバート・デ・ ニーロ


 ・エリア・カザンの監督作品は、『ブルックリン横丁』 以後、19作と決して多くはないが、アカデミー賞の作品賞、監督賞を2度獲得し、オスカー候補となった俳優は21名、受賞者は9名にもなる (『ブルックリン横丁』 のペギー・アン・ガーナーも加えると10名)。

 ・2003年94歳で他界。

HOME