20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Kirk_Douglas

カーク・ダ グラス

Kirk Douglas

 
1916-     (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Champion
 チャンピオン
 Champion
 (1949年/アメリカ)
Detective_Story
 探偵物語
 Detective Story
   (1951年/アメリカ)
Lust_for_Life
 炎の人ゴッホ
  Lust for Life
 (1956年/アメリカ)
Gunfight_at_the_O.K._Corral
  OK牧場の決斗
 Gunfight at the O.K. Corral
 (1957年/アメリカ)
Paths_of_Glory
 突撃
 Paths of Glory
 (1957年/アメリカ)
Spartacus
 スパルタカス
 Spartacus
 (1960年/アメリカ)

     アンチ・ヒーロー役で魅力を発揮した硬派の人気スター

 ・1916年、ニューヨーク州生れ。ユダヤ系ロシア移民の子で、Issur Danielovitch と名付けられたが、両親がアメリカでは Demsky の姓を名乗っていたため、Izzy Demsky という別名で育てられた。
 家庭が貧しかったため、子供の頃から40以上のアルバイトをして、高校、大学とも苦学生として卒業。役者となるため、奨学金を得てアメリカン・アカデ ミー・オブ・ドラマティック・アーツに入学。同校の卒業公演 「Spring Again (1941年) でブロードウェイの舞台に立った。

 ・第二次世界大戦中、海軍に入隊する際に Kirk Douglas と改名。戦地で負傷し、除隊してからは舞台やラジオで活動し た。

 ・戦後、演劇学校の同級生だったローレン・バコールから映画製作者ハル・B・ウォ レスを紹介され、『呪いの血』 (1946年/監督:ル イス・マイルストーン で銀幕デビューをした。
The_Strange_Love_of_Martha_Ivers A_Letter_to_Three_Wives
『呪いの血』 バーバラ・スタンウィック 『三人の妻への手紙』 (1949年/監督:ジョゼフ・L・マンキーウィッツ) アン・サザーンと
 ・MGM社の 『The Great Sinner (1949年/主演:グレゴリー・ペックへ の出演を辞退して、まだ駆け出しであったスタンリー・クレイマー製作の 『チャンピオン』 (1949年) に 出演。ギャラはMGM社の約1/3であったという。
 大学時代にレスリング部で鍛え上げた肉体を披露し、エゴの塊のようなボクサー役を熱演。アカデミー賞主演男優賞にノミネートもされ、硬派の俳優としてブ レイクした。
  * 『The Great Sinner 』 のカーク・ダグラスが辞退した役はメルヴィン・ダグラスが演じた。
 その後、28歳で夭逝したジャズのコルネット奏者ビックス・バイダーベックの生涯をもとにした 『情熱の狂想曲』 (1949 年/監督:マイケル・カーティス、自身初の西部劇 『死の砂塵』 (1951年/監督:ラオール・ウォルシュ等 に出演。
Champion Young_Man_with_a_Horn
『チャンピオン』 出演時
『情熱の狂想曲』 ローレン・バコールと
 ・『地獄の英雄』 (1951年/監督:ビリー・ワイルダーでのスクープを捏造する新聞記者、『探偵物語』 (1951年/監督:ウィリア ム・ワイラー での一切の犯罪を許さぬ鬼刑事など、強烈な個性を持ったアンチ・ヒーロー役で魅力を発揮した。
Ace_in_the_Hole
Detective_Story
『地獄の英雄』 『探偵物語』
 ・映画界の内幕を描いた『悪人と美女』 (1952年)、画家ゴッホの伝記映画 『炎の人ゴッホ』 (1956年)。ヴィンセン ト・ミネリ監督の2作品で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
he_Bad_and_the_Beautiful
Lust_for_Life-2
『悪人と美女』  ラナ・ターナー
『炎の人ゴッホ』
 ・母親の名前を冠した製作会社 「ブライナ・プロダクションズ」 を設立。彼と同様にハル・B・ウォレスと契約して、同じ年にデビューしたバート・ランカスターが、一足先に製作会社を設立したことに触発されたと言われて いる。
 バート・ランカスターとは、『暗黒街の復讐』 (1948年)、『OK牧場の決斗』 (1957年/監督:ジョン・スタージェス、『悪魔の弟子』 (1959 年)、『秘密殺人計画書』 (1963年/監督:ジョン・ヒューストン、『五月の七日間』 (1964年)、『エンテベの勝利』 (1976年)、『タフガ イ』 (1986年)の7作品で共演。良きライバルであり、良き友であった。
Gunfight_at_the_O.K._Corral-2 Kirk_Douglas_&_Burt_Lancaste
『OK牧場の決斗』 バート・ランカスター(後)と 第57回 (1984年度) アカデミー賞授賞式にて。
バート・ランカスター (右) と一緒に脚本賞のプレゼンターを務めた
 ・「ブライナ・プロダクションズ」 最大の成功は、彼が製作総指揮も兼ねた歴史スペクタル 『スパルタカス』 (1960年)。当初の監督は アンソニー・マンだったが、ダグラスと対立して降板。後任には、『突撃』 (1957年) で組み、その才能を認めていたスタンリー・キューブリックを登用。また、‟赤狩り” で檜舞台から追放されていた脚本家ダルトン・トランボを起用し、彼の名前をクレジットさせた。その年最大のヒット作となり、キューブリックの出世、‟赤狩 り”の犠牲者たちの復権にも貢献した。
Paths_of_Glory-2
Spartacus-2
『突撃』 (1957年)
『スパルタカス』 (1960年)
 
 ・17年ぶりのブロードウェイ舞台劇 「カッコーの巣の上で」 (1963年) に出演。
 『危険な道』 (1965年/監督:オットー・プレミンジャー、『パリは燃えているか』 (1966年/監督:ルネ・クレマン といった大作映画に出演し、『Scalawag(1973年)、『明日なき追撃』 (1975年) では監督も務めた。
  (右の写真) 『戦う幌馬車』 (1967年) ジョン・ ウェイン (右)と
The_War_Wagon

The_Arrangement  ・「自伝 くず屋の息子」 (1988年) を出版。文才もあり、小説や回想録 「Dance With the Devil (1990 年)、「The Gift (1992年)、「 My Storoke of Luck (2002年)、「Let's Face It(2007年)、「I Am Spartacus ! : Making a Film, Breaking the Blacklist(2012年) 等を執筆した。
 (左の写真) 『アレンジメント / 愛の旋律』 (1969年/監督:エリア・カザン
    フェイ・ダナウェーと


 ・セシル・B・デミル賞 (1968年)、 セザール賞名誉賞 (1980年)、大統領自由勲章 (1981年)、 レジオン・ドヌール勲章 (1990年)、AFI (アメリカ映画 協会) 生涯功労賞 (1991年)、アカデミー賞名誉賞 (1996年)、ベルリン国際映画祭名誉金熊賞 (2001年)、 国家芸術メダル (2002年) 等、数々の栄誉や賞を受けた。
 (右の写真) 『大脱獄』 (1970年/監督:ジョゼフ・L・マンキーウィッツ)
  ヘンリー・フォンダ(右)と

There_Was_a_Crooked_Man....

youtube
 アカデミー賞名誉賞受賞時。プレゼンターはスティーブン・スピルバーグ監督。


The_Final_Countdown
 ・強い運と生命力を持ったタフガイ。1958年、エリザベス・テイラーの夫で映画製作者の マイク・トッドが飛行機事故で死んだが、同機に搭乗する予定だったダグラスは妻の助言で搭乗を取りやめたという。また、91年には搭乗していたヘリコプターが墜落。2人が死亡した 事故だったが、ダグラスは奇跡的に生還した。
  (左の写真) 製作総指揮も務めた 『ファイナル・カウントダウン』 (1980年)
 この事故がきっかけで、それまで無関心であったユダヤ教の熱心な信者となった。
 96年には脳梗塞で倒れ、音声機能に障害が生じたが、リハビリによって克服し、その後も俳優業を続けた。
  (右の写真) 『Diamonds 』 (1999年) ローレン・バコールと
Diamonds

Diana_Douglas
 ・私生活では、1943年に演劇学校の同級生であったダイアナ・ディルと結婚。長男のマイケル (44年生)、次男のジョエル (47年) と2人の子を授かったが、51年に離婚。
 ダイアナは、「ブライナ・プロダクションズ」 の第1号作品 『赤い砦』 (1955 年) に出演した。
  (左の写真) 最初の妻ダイアナと
 ・『想い出』 (1953年) の撮 影で、フランスを訪れた時に出会ったアン・バイデンスと54年に再婚。三男のピーター (55年生)、四 男のエリック (58年生)を授かった。 (右の写真) 2人目の妻アンと

 ・長男のマイケルは、父から映画化権を譲り受けた 「カッコーの巣の上で」 を製作 (1975 年)し、アカデミー賞作品賞を受賞。また、『ウォール街』 (1987年)
Anne_Buydens
It_Runs_in_the_Family-2
で、アカデミー賞の主演男優賞を受賞した。ジョエル、ピーターは映画製作者として活躍。エリックは役者となった が、薬物の過剰摂取で2004年に亡くなった。
 『グロムバーグ家の人々』 (2003年) では、マイケルと彼の息子のキャメロン、前妻のダイアナ との共演を果たした。
 (左の写真) 長男のマイケル(左)、孫のキャメロン(右)と

 ・『Illusion (2004年) への出演を最後に映画俳優としては引退したが、2009年にはワンマン・ショー 「Before I Forget 」 を行った。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、男優部門の第17位に選出。
 2016年、100歳を迎えた。
Kirk_Douglas-4

Kirk_Douglas-2
Kirk_Douglas-3

HOME