20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Stanley_Donen

スタンリー・ドーネン

Stanley Donen

1924- 2019 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

On_the_Town
 踊る大紐育
 On the Town
   (1949年/アメリカ)
Singin'_in_the_Rain
 雨に唄えば
  Singin' in the Rain
 (1952年/アメリカ)
Seven_Brides_for_Seven_Brothers
 掠奪された七人の花嫁
 Seven Brides for Seven
  Brothers

 (1954年/アメリカ)
Funny_Face  パリの恋人
  Funny Face
   (1957年/アメリカ)
Damn_Yankees  くたばれ!ヤンキース
  DamnYankees !
   (1958年/アメリカ)
Charade
 シャレード
 Charade
  (1963年/アメリカ)
 * 『踊る大紐育』、『雨に唄えば』 はジーン・ケリー、『くたばれ!ヤンキース』 はジョージ・アボットとの共同監督作品。
   
     ◆
 ジーン・ケリーのパートナーとしてミュージカルの一時代を築く

 ・1924年、サウスカロライナ州生れ。ユダヤ人のため友達ができず、映画館で多くの時間を過ごした。特にお気に入りだったのは、フレッド・アステアジンジャー・ロジャースが初共演した 『空中レビュー時代』 (1933年) で、30〜40回は観たという。アステアに憧れ、ダンスを習い始めた。

 ・1940年、ニューヨークへ移り、ブロードウェイのミュージカル劇  「Pal  Joey (1940年) にコーラス・ダンサーとして出演。16歳でブロードウェイ・デビューを果たし、同作で主役を務めていたジーン・ケリーと出会った。

 ・ブロードウェイでの2作目 「Best Foot Forward 」 が映画化 (1943年) され、端役で出演した他、アシスタント振付師を務めたのが映画界での最初の仕事だった。

 ・ジーン・ケリーに請われ、『カバーガール』 (1944年)、『錨を上げて』 (1945年) でアシスタント振付師を務め、彼と共同で 『踊る大紐育』 (1949年) を初監督。作品は大ヒットした。
 (右の写真) 『踊る大紐育』 撮影時。左から、フランク・シナトラ、スタンリー・ドーネン、
  ジーン・ケリー
On_the_Town
 その後、憧れのフレッド・アステア主役の 『恋愛準決勝戦』 (1951年)エリザベス・テイラー主演のコメディ・ロマンス作 『Love is Better Than Ever(1952年) を単独で監督した。

Singin'_in_the_Rain
 ・ジーン・ケリーとの共同監督による2作目 『雨に唄えば』 (1952年) は、ハリウッドのミュージカルを代表する作品の1つとなった。
 ケリーとはもう1作 『いつも上天気』 (1955年) を共同で監督したが、撮影中に関係が悪化し、最後のコラボレーションとなった。
 (左の写真) 『雨に唄えば』 撮影時。左から、ドナルド・オコナー、スタンリー・ドーネン、
  ジーン・ケリー


 ・『パリの恋人』 (1957年)、『くたばれ!ヤンキース』 (1958年) といったミュージカルの良作を撮ったが、ミュージカル映画の人気が後退した60年代以降は、サスペンス映画 『シャレード』 (1963年) 等を撮った。
Funny_Face
Indiscreet
『パリの恋人』 撮影時
オードリー・ヘップバーン

『無分別』 (1598年) 撮影時
ケーリー・グラント(中央)、イングリッド・バーグマン

The_Grass_Is_Greener
Charade
『芝生は緑』 (1960年) 撮影時
デボラ・カーロバート・ミッチャム(右)と

『シャレード』 (1963年) 撮影時
ケーリー・グラント(中央)、オードリー・ヘップバーンと


 ・1998年、アカデミー賞名誉賞を受賞。フレッド・アステアが 『トップ・ハット』 (1935年) で歌った 「頬寄せて」 とタップ・ダンスを披露した。

youtube
 アカデミー賞授賞式。プレゼンターはマーティン・スコセッシ監督。



 ・劇場用映画の監督は 『アバンチュール・イン・リオ』 (1984年) が最後となっている。マイケル・ジャクソン主演で 「ジキル博士とハイド氏」 を監督する企画があったが、マイケルの児童性的虐待の疑惑によりお流れとなった。
 1993年、ブロードウェイでミュージカル 「赤い靴」 を演出した。
 (右の写真) 『いつも2人で』 (1967年) 撮影時。アルバート・フィニー(左)、
  オードリー・ヘップバーンと
Two_for_the_Road

 ・私生活では5度結婚・離婚をしているが、最初の妻はドーネンと離婚した11年後にジーン・ケリーと再婚している。

 ・2019年94歳で他界。

HOME