20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Deborah_Kerr

デボラ・カー

Deborah Kerr

 1921-2007 (イギリス)

 

heartbar

   代表作

Black_Narcissus
 黒水仙
  Black Narcissus
 (1947年/イギリス)
From_Here_to_Eternity
 地上より永遠に
  From Here to Eternity
 (1953年/アメリカ)
The_King_and_I
 王様と私
 The King and I
 (1956年/アメリカ)

Tea_and_Sympathy
 お茶と同情
 Tea and Sympathy
 (1956年/アメリカ)
An_Affair_to_Remember
 めぐり逢い
 An Affair to Remember
 
(1957年/アメリカ)
Separate_Tables
 旅路
 
Separate Tables
 (1958年/アメリカ)

    ‟イギリスの薔薇”と称された人気女優

 ・1921年、スコットランド生れ。バレエを習っていたが、プリマドンナを目指すには背が高くなり過ぎたので断念。女優を目指すようになった。

 ・1939年、ロンドンのリージェンツ・パークでの野外劇に出演しているところを映画関係者にスカウトされ、最初の作品 『Contraband(1940年) は編集で出演シーンがカットされてしまったが、2作目の 『バーバラ少佐』 (1941年) で銀幕デビューを果たした。
 (右の写真) 『バーバラ少佐』 デボラ・カー(左) と 主演のウェンディ・ヒラー(中央)
Major_Barbara

The_Life_and_Death_of_Colonel_Blimp
 ・3作目からヒロインを務めるようになり、7作目の 『老兵は死なず』 (1943年) では1人で3役を演じた。この作品は、カラー映画によりイギリス映画界で一時代を築いたマイケル・パウエルエメリック・プレスバーガーのコンビによる最初の作品。尚、『Contraband(1940年) はマイケル・パウエルの監督作品。
 (左の写真) 『老兵は死なず』 アントン・ウォルブルックと

 ・マイケル・パウエル と エメリック・プレスバーガー監督との2作目 『黒水仙』 (1947年)がアメリカでも大ヒット。同作と前作 『I See a Dark Stranger 』 の2作品での演技により、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞。MGM社に招かれハリウッドへ進出することとなった。
 (右の写真) 『黒水仙』
Black_Narcissus

Edward,_My_Son
 ・『宣伝屋 自信売ります』 (1947年/共演:クラーク・ゲーブル、『If Winter Comes(1947年/共演:ウォルター・ピジョンに次ぐハリウッドでの3作目 『Edward, My Son(1949年/監督:ジョージ・キューカー で、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた。
 (左の写真) 『Edward, My Sonスペンサー・トレイシー

Quo_Vadis
Julius_Caesar
『クォ・ヴァディス』 (1951年/監督:マーヴィン・ルロイ
ロバート・テイラー

『ジュリアス・シーザー』 (1953年/監督:ジョゼフ・L・マンキーウィッツジェームズ・メーソン

 ・『地上より永遠に』 (1953年/監督:フレッド・ジンネマン でアカデミー賞主演女優賞にノミネート(2度目)
 夫の部下と不倫の関係にある軍人の妻を好演。浜辺でのキス・シーンは彼女のキャリアで最も有名なシーンとなった。
 (右の写真) 『地上より永遠に』 バート・ランカスター
From_Here_to_Eternity

 ・ブロードウェイで、エリア・カザン演出の 「お茶と同情」 (1953年) に出演。91週に及ぶロングランの大ヒットとなった。… 途中でジョーン・フォンテインに交代した。

The_End_of_the_Affair
The_Proud_and_Profane
『情事の終わり』 (1955年/英) ヴァン・ジョンソンと
『誇りと冒涜』 (1956年) ウィリアム・ホールデン

The_King_and_I-2
 ・ブロードウェイで大ヒットしたミュージカルの映画化作品 『王様と私』 (1956年) では、歌声は吹き替えられたが、バレエで鍛えたダンスを披露。
 アカデミー賞主演女優賞にノミネート (3度目)され、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) を受賞した。
 (左の写真) 『王様と私』 ユル・ブリンナー

 ・映画版 『お茶と同情』 (1956年/監督:ヴィンセント・ミネリ に、舞台でも共演したジョン・カーと出演。
 シスター・ボーイ (女のような男) と皆から馬鹿にされている年下の青年に、同情以上の想いを寄せる舎監の妻を演じた。
 (右の写真) 『お茶と同情』 ジョン・カーと
Tea_and_Sympathy-2

Heaven_Knows,_Mr._Allison
 ・『白い砂』 (1957年/監督:ジョン・ヒューストンで、アカデミー賞主演女優賞にノミネート(4度目)。ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞(2度目) した。
 (左の写真) 『白い砂』 ロバート・ミッチャム

 ・『めぐり逢い』 (1957年/監督:レオ・マッケリーは、メロドラマの秀作として人気の高い作品。ケーリー・グラントとは 『Dream Wife (1953年) 以来の再共演だった。
 (右の写真) 『めぐり逢い』 ケーリー・グラントと
An_Affair_to_Remember

Separate_Tables-2
 ・『悲しみよこんにちは』 (1958年) に引き続きデヴィッド・ニーヴンと共演した 『旅路』 (1958年) で、アカデミー賞主演女優賞に5度目のノミネーション。
 (左の写真) 『旅路』 デヴィッド・ニーヴンと

Beloved_Infidel
The_Grass_Is_Greener-2
『悲愁』 (1959年)
 グレゴリー・ペック

『芝生は緑』 (1960年/監督:スタンリー・ドーネン
ジーン・シモンズ(左)、ロバート・ミッチャム(左)、ケーリー・グラントと

 ・定住地を持たずに牧羊業を営む一家を描いた 『サンダウナーズ』 (1960年/監督:フレッド・ジンネマン )で、アカデミー賞主演女優賞にノミネート(6度目)。ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞(3度目)した。
  (右の写真) 『サンダウナーズ』 ロバート・ミッチャムと

The_Sundowners

 ・アカデミー賞主演女優賞で6度の残念は歴代最多。感情を抑える演技が多かったため、票が集まり難かったのかもしれない。「イギリスの薔薇」 と称された貴婦人には、感情を爆発させるような演技は求められなかった。
 * セルマ・リッターが助演女優賞6回、グレン・クローズが主演女優賞3回、助演女優賞3回ノミネートで受賞なし (2018年現在)。

 ・ゲーリー・クーパーの遺作となった 『六年目の疑惑』 (1961年/英・米)、ホラー映画の古典的名作としてカルト的な人気を誇る 『回転』 (1961年)等に出演。
The_Naked_Edge
The_Innocents
『六年目の疑惑』 ゲーリー・クーパーと 『回転』
The_Night_of_the_Iguana
Casino_Royale
『イグアナの夜』 (1964年/監督:ジョン・ヒューストン)
リチャード・バートン

『007 カジノ・ロワイヤル』 (1967年)
デヴィッド・ニーヴンと


 ・『アレンジメント/愛の旋律』 (1969年/監督:エリア・カザン) を最後に銀幕から引退。英・米の舞台で活動していたが、 「検察側の証人」 (1982年/TVドラマ) で13年ぶりに映像作品に復帰。以後、数本のTVドラマに出演し、劇場用映画も1本だけ 『The Assam Garden(1985年) に出演した。

 ・1994年、アカデミー賞名誉賞を受賞。

youtube
 アカデミー賞授賞式。司会:ウーピー・ゴールドバーグ、プレゼンター:グレン・クローズ


 ・1998年、イギリス王室からCBE勲章を授与された。

 ・私生活では、第二次世界大戦で活躍した空軍の少佐と1945年に結婚し、2児を授かったが59年に離婚。翌60年、『逃走迷路』 (1942年)、『アフリカの女王』 (1951年) 等の脚本家ピーター・ヴィアテルと再婚し、彼女が亡くなるまで連れ添った。

 ・2007年86歳で他界。
Deborah_Kerr-4

Deborah_Kerr-2
Deborah_Kerr-3

HOME