20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Davis_Niven

デヴィッ ド・ニーヴン

David Niven

 
1910-1983 (イギリス)

 

starbar

     代表作
 
A_Matter_of_Life_and_Death
 天国への階段
 A Matter of Life and
  Death
 (1946年/イギリス)
Around_the_World_in_Eighty_Days
 80日間世界一周
 Around the World in
  Eighty Days

   (1956年/アメリカ)
Separate_Tables
 旅路
  Separate Tables
 (1958年/アメリカ)
The_Guns_of_Navarone
  ナバロンの要塞
 The Guns of Navarone
 (1961年/アメリカ)
The_Pink_Panther
 ピンクの豹
 The Pink Panther
 (1964年/アメリカ)
Casino_Royale
 007 カジノ・ロワイヤル
 Casino Royale
 (1967年/イギリス)

     気品と洒落を備えた英国紳士

 ・1910年、ロンドン生れ。カトリック教会の聖人デヴィッドを祝う3月1 日に生まれたのでデヴィッドと名付けられた。
 5歳の時に父親が戦死。陸軍士官学校を卒業して彼も軍人になったが、軍隊に馴染めずに除隊。アメリカへ渡り、
様々な職を経てエキストラに。やがてサミュエル・ゴールドウィン社と契約し、助演 クラスながらも俳優としての地位を確立した。
Bluebeard's_Eighth_Wife
Wuthering_Heights
『青髭八人目の妻』 (1938年) ゲーリー・クーパー(右)と 『嵐が丘』 (1939年) マール・オベロンと
 ・第二次世界大戦が勃発すると、帰国して軍に再入隊し、戦地での任務の他、戦意高揚のプロ パガンダ映画 『スピットファイアー』 (1942年)、『最後の突撃』 (1944年) に出演した。

 ・戦後除隊し、俳優業を再開。待遇面に不満であった上に、『怪傑紅はこべ』 (1950年/英) に無理やり出演させられたこともあってサミュエル・ゴールドウィン社と決別。
 私生活では、40年に結婚した妻が、タイロン・パワー宅で転落死 (46年)する不幸に見舞われた。皆でかくれんぼをしていた時に、地下室への扉をクローゼットの扉と間違てしまっ たとされている。その後、48年に再婚した妻とは、彼が亡くなるまで連れ添った。
A_Matter_of_Life_and_Death-2
The_Moon_Is_Blue
『天国への階段』 (1946年) キム・ハンター
『月蒼くして』 (1953年) マギー・マクマナラと

 ・1952年、ディック・パウエル、シャルル・ボワイエ、アイダ・ルピノとTV番組の製作会社 「Four Star Television 」 を設立。TV番組 「Four Star Playhouse(1952〜56年) に出演もした。
 劇場用映画の方は、サミュエル・ゴールドウィン社を離れてからは低予算作品への出演が続いていたが、大富豪マイク・トッドが製作した大作 『80日間世界一周』 (1956年) の主役に抜擢され、映画俳優として起死回生となった。本人のお 気に入りの作品でもある。
Around_the_World_in_Eighty_Days-2
Bonjour_tristesse
『80日間世界一周』 カンティンフラス(左)と
『悲しみよこんにちは』 (1958年) ジーン・セバーグと

 ・退役軍人を演じた 『旅路』 (1958年) で、 アカデミー賞主演男優賞を受賞。出演シーン23分での受賞は、『羊たちの沈黙』 (1991年) のアンソニー・ホプキンス (出演シーン11分) に破られるまで最短記録であった。
Separate_Tables-2
David_Nive_Oscar
『旅路』 デボラ・カー
アカデミー賞授賞式。主演 女優賞のスーザン・ヘイワードと

youtube
 アカデミー賞授賞式。司会はジェリー・ルイス。プレゼンターはジョン・ウェインアイリーン・ダン


The_Guns_of_Navarone-2
55_Days_at_Peking
『ナバロンの要塞』 (1961年) グレゴリー・ペック(右)と
『北京の55日』 (1963年) チャールトン・ヘストン(左)と

 ・その後も、『ピンクの豹』 (1964年) の 怪盗ファントムことチャールズ・リットン卿、『007 カジノ・ロワイヤル』 (1967年) のジェームズ・ボンド等、映画ファンに愛され続ける役柄を演じた。
The_Pink_Panther-2
Casino_Royale-2
『ピンクの豹』  ピーター・セラーズ(右)、
クラウディア・カルディナーレ(中央)と

『007 カジノ・ロワイヤル』

 ・1971年に自伝を出版。75年には、ハリウッドでのエピソードを綴った 「Bring on the empty horses 」 を出版。
 『進め龍騎兵』 (1936年) の撮影時に、ハンガリー人で英語に不慣れなマイケル・カーティス監督が、「乗 り手のいない馬  (Riderless horses ) を連れて来い 」 と言うところを、「空 (から) の馬  (Empty horese ) を連れて来い 」 と言い、皆が大爆笑したとのこと。その時の発言を本のタイトルとしている。
 51年と81年には小説も出版した。
  (右の写真) 『ナイル殺人事件』 (1978年)
Death_on_the_Nile

Curse_of_the_Pink_Panther
 ・1981年、ルー・ゲーリッグ病と診断されたが映画に出演し続けた。没後に公開された遺 作 『ピンクパンサー5 クルーゾーは二度死ぬ』 (1983年) は、病の影響で声が聞き取りにくくなっていたため、撮影後に吹き替えられた。
 (左の写真) 『ピンクパンサー5 クルーゾーは二度死ぬ』
 
 ・1983年73歳で他界。

Davis_Niven-2
Davis_Niven-3

HOME