20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

伝説の映画製作者たち

Scandalbar

   サミュエル・ゴールドウィン

 ・1879年、ポーランドのワルシャワにて、ユダヤ系の貧しい家庭に生れた。本名は Schmuel Gelbfisz 。16歳の時にイギリスへ渡り、サミュエル・ゴールドフィッシュに改名。その後、19歳の時にカナダ経由でアメリカへ渡り、皮手袋のセールスマンとして大きな成功を収めた。

 ・1913年、義理の兄弟であったジェシー・L・ラスキーセシル・B・デミルとジェシー・L・ラスキー・フィーチャー・プレイ・カンパニーを設立。アメリカ初の長編映画 『スコウ・
Samuel_Goldwyn-10
マン』 (1914年/監督:セシル・B・デミル) 等を製作した。その後、同社はアドルフ・ズーカー率いるフェーマス・プレーヤーズ と合併 (1916年) し、フェーマス・プレーヤーズ・ラスキー・スタジオ (後のパラマウント社) となったが、サミュエルは合併後間もなく同社を去った (追われた?)。ズーカー曰く、「彼は他人と協力して事を成すことが出来ない男だった 」。 
 * 15年に離婚し、ラスキーとは義理の兄弟ではなくなってもいた。

 ・1916年、ブロードウェイの製作者セルウィン兄弟と新会社を設立。ゴールドフィッシュとセルウィンを併せて、ゴー
Goldwyn_Pictures
ルドウィン・ピクチャーズと命名された。サミュエルはこれを気に入り、自身もサミュエル・ゴールドウィンと改名した。
 1924年、同社は 「Metro Pictures 」、「Louis B. Mayer Pictures 」 と合併し、MGM社 (Metro-Goldwyn-Mayer ) が成立。ゴールドウィン・ピクチャーズのライオンのトレード・マークがMGM社に引き継がれた。
  (左の写真) 「Goldwyn Pictures 」 時代のトレード・マーク。ライオンの名はレオ。
 サミュエルはやはり一匹狼であったのか、MGM社の成立前に、セルウィン兄弟によって会社を追われている。

 ・1923年、サミュエル・ゴールドウィン社を設立。製作した作品はユナイテッド・アーチスツ社から配給した (41年からはRKO社から配給)
  (右の写真) 左から、サミュエル・ゴールドウィン、チャールズ・チャップリン
   ダグラス・フェアバンクス。手前はメアリー・ピックフォード

 ・設立当初はロナルド・コールマンが看板スターだった。特にヴィルマ・バン
Samuel_Goldwyn-2
キーとのコンビは人気を博した。同社の作品で最初にアカデミー賞作品賞にノミネートされたのも、コールマン主演の 『人類の戦士』 (1931年/監督:ジョン・フォード であった。

Samuel_Goldwyn-3
 ・1935年、ユニヴァーサル社が経営難となり、創業者のカール・レムリの親戚であったために会社を追われたウィリアム・ワイラー監督と契約。
 『孔雀夫人』 (1936年)、『デッド・エンド』 (1937年)、『嵐ケ丘』 (1939年)、『偽りの花園』 (1941年) がアカデミー賞作品賞にノミネートされるなど、サミュエル・ゴールドウィン社の最大の貢献者となった。
  (左の写真) ウィリアム・ワイラー監督(右)と

 ・同社の最大のスターであったのがゲーリー・クーパー。1936年、クーパーとパラマウント社の契約が終了する時を狙って引き抜いた。クーパーの主演作では、『打撃王』 (1942年/監督:サム・ウッド がアカデミー賞作品賞にノミネートされた。
  (右の写真) 左から、サミュエル・ゴールドウィン、ゲーリー・クーパー、レフティ・オドール
       … 『打撃王』 撮影時に、クーパーに野球の手ほどきをした元大リーグのスター選手

Samuel_Goldwyn-4

Samuel_Goldwyn-5
 ・『我等の生涯の最良の年』 (1946年/監督:ウィリアム・ワイラー) は、一番の代表作となった。『風と共に去りぬ』 に次ぐ、歴代第2位 (当時)の記録的大ヒットとなり、アカデミー賞作品賞7度目のノミネーションで念願のオスカーを獲得。アービング・G・タルバーグ賞とのダブル受賞となった。
  (左の写真) 左から、サミュエル・ゴールドウィン、ハロルド・ラッセル、ウィリアム・ワイラー
 アカデミー賞受賞の祝賀パーティーの後、オスカー像を抱きながら涙を流したという。

 ・その後も、自らスカウトしたダニー・ケイヴァージニア・メイヨ主演の 『虹を掴む男』 (1947年)、マーロン・ブランド主演のミュージカル 『野郎どもと女たち』 (1955年) 等のヒット作を製作。『ポーギーとベス』 (1959年)を最後に引退するまで、黄金時代のハリウッドにおいて、最も成功した独立系の製作者として活躍した。
  (右の写真) 左から、チャールズ・チャップリン、サミュエル・ゴールドウィン、ダニー・ケイ
Samuel_Goldwyn-6

Samuel_Goldwyn-7
 ・アカデミー賞のジーン・ハーショルト友愛賞 (1958年)、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞 (1973年) を受賞し、大統領自由勲章 (1971年) を授かった。
  (左の写真) マーロン・ブランド(右)と

 ・1974年94歳で他界。 

HOME