20世紀・シネマ・パラダイス

heartbar
marypickford

メアリー・ピックフォード

Mary Pickford

1892-1979 (カナダ/アメリカ)


heartbar

     代表作

Tess_of_the_Storm_Country_1914
 嵐の国のテス
 Tess of the Storm Country
  (1914年/アメリカ)
The_Poor_Little_Rich_Girl

 The Poor Little Rich Girl
 (1917年/アメリカ)
thelittleprincess
 小公女
  The Little Princess
  (1917年/アメリカ)
Tess of the Storm Country
 嵐の国のテス
 Tess of the Storm Country
  (1922年/アメリカ)
Sparrows
 雀
 Sparrows
 (1926年/アメリカ)
coquette  コケット
 Coquette
  (1929年/アメリカ)

    「アメリカの恋人」 ハリウッド最初のスーパースター

 ・1892年、カナダのトロント生れ。本名はGladys Louise Smith 。6歳の時に父親が亡くなり、母親が舞台マネージャーをしていた関係で、7歳から舞台に出演していた。
 家族で渡米し、1905年にブロードウェイ・デビュー。1907年から芸名をメアリー・ピックフォードとした。

 ・1909年、バイオグラフ社のD・W・グリフィス監督作品で銀幕デビュー。当時、同社は出演者名をクレジットしていなかったが、バイオグラフ・ガールの1人、「金髪の巻毛の女の子」 として人気者に。
 1911年、カール・レムリのIMP社へ移籍したが、翌年、バイオグラフ社に復帰した。
  (右の写真) 『ニューヨーク・ハット』 (1912年/監督:D・W・グリフィス) 
The_New_York_Hat

Tess_of_the_Storm_Country_1914
 ・1913年、一旦ブロードウェイに復帰した後、アドルフ・ズーカーのフェーマス・プレーヤーズ社と契約。
 『嵐の国のテス』 (1914年/監督:エドウィン・S・ポーター) 等が大ヒットし、この頃にはアメリカで最も人気のある女優となっていた。
  (左の写真) 『嵐の国のテス』
 

 ・デビュー当時は1日10ドル、IMP社移籍時には週175ドルであった給料は、フェーマス・プレーヤーズ社で週500ドル、1,000ドル、4,000ドルと跳ね上がり、
16年の契約更改時には週10,000ドルに達し、更に、作品の興行収益を歩合で受け取る最初のスターともなった。
 年に100万ドルを稼いだ最初の女性とも言われている。
  (右の写真) 『The Poor Little Rich Girl
The_Poor_Little_Rich_Girl-2

unitedartists  ・1919年、グリフィス監督、チャップリンダグラス・フェアバンクスと共同で、ユナイテッド・アーチスツ社を設立。
 自身の 「メアリー・ピックフォード・カンパニー」 で製作した作品をユナイテッド・アーチスツ社から配給した。
 (左の写真) ユナイテッド・アーチスツ社設立時の様子。
  身長は152cmと小柄であった。
 ・私生活では、1911年に俳優のオーエン・ムーアと結婚したが、20年に離婚。同年、ダグラス・フェアバンクスと再婚。
 「アメリカの恋人 (American Sweet Heart ) 」 ピックフォードと、「ハリウッドのキング」 フェアバンクス。スーパースター同士の結婚第1号で、世界中から祝福された。
  (右の写真) 夫婦で共演した 『じゃじゃ馬ならし』 (1929年) 撮影時
Taming of the Shrew
pickford-oscar-1  ・自身初のトーキー作品 『コケット』 (1929年) で、第2回アカデミー賞の主演女優賞を受賞。
 トレード・マークであった巻毛のロング・ヘアを短く切り、イメージチェンジをして臨んだ作品であったが、評判は今ひとつで、夫のフェアバンクスがアカデミー協会の会長だったから受賞できたとの陰口もあったという。
 ピックフォードもアカデミー協会創設会員36名の中の1人である。
  (左の写真) オスカー像と一緒に

 ・『秘密』 (1933年/監督:フランク・ボゼージを最後に女優業から引退。
 その後、映画製作者として、クローデット・コルベール主演の 『眠りの館』 (1948年)マルクス兄弟の 『ラヴ・ハッピー』 (1949年) 等を手掛けた他、実業家としても活躍した。
  (右の写真) 『秘密』  レスリー・ハワード
Secrets

pickford-rogers  ・1936年、フェアバンクスと離婚。翌年、12歳年下の俳優チャールズ・‘バディ’・ロジャースと再婚。2人は 『デパート娘大学』 (1927年) で共演もしていた。
 ロジャースとは、彼女が亡くなるまで連れ添った。
   * チャールズ・ロジャース … 第1回アカデミー賞作品賞の 『つばさ』 (1927年) 等
      に出演した。 
  
  (左の写真) チャールズ・ロジャースと

 ・1975年、アカデミー賞名誉賞を受賞。
 
Youtube-logo
 アカデミー賞名誉賞受賞時。紹介者はジーン・ケリー。大豪邸 「ピックフェア」 の中で、オスカー像を手渡したのは映画製作者のウォルター・ミリッシュ



 ・1979年87歳で他界。
  (右の写真) アカデミー賞名誉賞のオスカー像を手に

 ・AFI  (アメリカ映画協会) が1999年に選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第24位に。
Pickford oscar-2

pickford-2
pickford-3

HOME