20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Gene Kelly

ジーン・ケリー

Gene Kelly

 
1912-1996 (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Anchors_Aweigh
 錨を上げて
 Anchors Aweigh
 (1945年/アメリカ)
On_the_Town
 踊る大紐育
 On the Town
   (1949年/アメリカ)
An_American_in_Paris
 巴里のアメリカ人
 An American in Paris
 (1951年/アメリカ)
Singin'_in_the_Rain
 雨に唄えば
  Singin' in the Rain
 (1952年/アメリカ)
Les_Demoiselles_de_Rochefort
 ロシュフォールの恋人たち
 Les Demoiselles de Rochefort
 (1967年/フランス)
That's_Entertainment,_Part_II
  ザッツ・エンターテインメン ト
  That's Entertainment
 (1974年/アメリカ)
 *写真は Part2(1976年) より

     伝説のミュージカル・スター

 ・1912年、ペンシルベニア州生れ。8歳の時に、母親の薦めでダンス教室に通い始めたが、好きになれずに辞めてしまった。その頃は、野球選手となって地元のピッツバーグ・パイレーツに入団することを夢みていた。
 15歳の時にダンスを再開。ダンスが上手いと女の子にもてるからだった。
 ペンシルベニア州立大学に入学したが、世界大恐慌の煽りで家計が苦しくなり、自宅から通えるピッツバーグ大学に編入。卒業後は、家計を支える為に母親が開設していたダンス・スタジオで教師を務めていた。 (右の写真) 子供の頃のジーン・ケリー
Gene_Kelly-4

Pal_Joey
 ・1937年、ニューヨークへ渡り、舞台 「Leave It to Me (1938年) でブロードウェイ・デビュー。ダンサー、俳優、振付師として活動を続け、主役を務めた舞台 「Pal Joey(1940年) がヒット。
 (左の写真) 舞台 「Pal Joey 」 ビビエン・シーガルと
 * Pal Joey 」 … フランク・シナトラ主演 『夜の豹』 (1957年) として映画化された。
 
 映画製作者デビッド・O・セルズニックと契約を交わし、ハリウッドへ。ミュージカル映画の革命児として、大輪の花を咲かせることとなる。

 ・1941年、女優のベッツィ・ブレアと結婚。翌42年に長女を授かったが、57年に離婚した。
 * ベッツィ・ブレア … アーネスト・ボーグナイン主演の 『マーティ』
  (1955年)等に出演した。
 (右の写真) 最初の妻ベッツィ・ブレア、長女と
Betsy_Blair

For_Me_and_My_Gal
 ・1942年、MGM社に貸し出され、ジュディ・ガーランド主演の 『For Me and My Gal 』 で銀幕復帰デビューを果たした。
 ケリーの契約はMGM社によって買い取られたが、彼の才能はそれ程見出されておらず、その後の4作品はB級ミュージカルへの出演が続いた。
  (左の写真) 『For Me and My Gal 』 ジュディ・ガーランドと

 ・コロンビア社に貸し出され、リタ・ヘイワースと共演した 『カバーガール』 (1944年) が大ヒット。
 フィルムを重ね焼きして、2人のケリーが踊るシーンが評判となったが、これは本人のアイディアであり、MGM社に彼の才能を認めさせるきっかけにもなったという。
  (右の写真) 『カバーガール』 2人のケリーが踊るシーン
Cover_Girl

 ・『カバーガール』出演後、海軍航空隊の映画班で、兵士の教育映画 『Combat Fatigue Imitability(1945年) に出演。同作では監督も務め、監督業に関心を持つきっかけとなった。
 
Anchors_Aweigh-2
 ・フランク・シナトラと共演した 『錨を上げて』 (1945年) は、その年のMGM社最大のヒット作となり、ケリーはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
 アニメ ‟トムとジェリー”  のジェリーとダンスをするシーンは、ミッキーマウスを希望していたが、ディズニー社から許可を得ることが出来なかった。
 (左の写真) 『錨を上げて』 ジェリーと

Ziegfeld_Follies
The_Pirate
『ジーグフェルド・フォ リーズ』 (1946年) フレッド・アステア(右)と 『踊る海賊』 (1948年) ジュディ・ガーランドと

 ・『踊る大紐育』 (1949年) では、スタンリー・ドーネンと共同で監督デビューを果たし、フィルム・ノワール作品 『Black Hand(1950年/日本未公開) では、純粋な演技だけに初挑戦した。
Take_Me_Out_to_the_Ball_Game
On_the_Town-2
『私を野球につれてって』 (1949年) フランク・シナトラ(左)と
『踊る大紐育』 フランク・シナトラ(左)、ジュールス・マンシン(中央)と

 ・『巴里のアメリカ人』 (1951年/監督:ヴィンセント・ミネリ は、アカデミー賞で作品賞を含む6部門で受賞。
 同年、ケリーはアカデミー賞名誉賞を受賞。「俳優、歌手、監督、ダンサーという多芸さ、特に振付師としての輝かし功績」 に対して贈られた。授賞式では、スタンリー・ドーネンが代理人としてオスカー像を受け取った。
 (右の写真) 『巴里のアメリカ人』 レスリー・キャロンと
An_American_in_Paris

Singin'_in_the_Rain-2
 ・スタンリー・ドーネンとの共同監督による2作目 『雨に唄えば』 (1952年) は、AFI (アメリカ映画協会) が2006年に発表した 「ミュージカル映画ベスト25」で第1位に選定されるなど、ハリウッドのミュージカルを代表する作品となり、雨の中で踊り、唄うシーンは、ケリーのキャリアのハイライトとなった。
 (左の写真) 『雨に唄えば』 デビー・レイノルズ(中央)、ドナルド・オコナー(右)と

 ・欧州へ渡り、3作品に出演。その中の1作 『舞踏への招待』(1954年) は、台詞がなく、全編バレエの野心作で、ベルリン国際映画祭のグランプリ (金熊賞) を受賞したが、興行的には惨敗だった。
 * 欧州に凍結されていたMGM社の資金を利用するためであり、ケリーにとっては税金
  対策でもあったと言われている。

 (右の写真) 『舞踏への招待』
Invitation_to_the_Dance

 ・米国に戻り、『ブリガドーン』 (1954年) 等に出演したが、TVの普及などもあり、ミュージカル映画の人気は下降の一途を辿っており、『魅惑の巴里』 (1957年) を最後に、16年間在籍していたMGM社と決別した。

Flower_Drum_Song
 ・古巣のブロードウェイへ戻り、日本人のミヨシ梅木、日系アメリカ人のパット鈴木をヒロインとした舞台 「フラワー・ドラム・ソング」 (1958年) を監督。
 1年以上のロングラン・ヒット作となり、映画化 (1961年/監督:ヘンリー・コスター) もされた。
 (左の写真) 舞台 「フラワー・ドラム・ソング」 のリハーサル中。
  パット鈴木(左)、ミヨシ梅木(右)と。

 * ミヨシ梅木 … ナンシー梅木の芸名で出演した 『サヨナラ』 (1957年) で、日本人俳優では初のアカデミー賞(助演女優賞) を受賞。
  映画版 「フラワー・ドラム・ソング」 にも出演した。

 ・1960年、振付師で、元スタンリー・ドーネン夫人(1948-51年) のジーン・コインと再婚。
 2児を授かり、73年に彼女が亡くなるまで連れ添った。
 (左の写真) 2番目の妻ジーン・コインと
Jeanne_Coyne

 ・MGM社退社後、ダンシング・スターである彼のファンを満足させる作品は、フランスのミュージカル 『ロシュフォールの恋人たち』 (1967年) くらいに留まった。
The_Cheyenne_Social_Club
 本人は監督業の方に意欲を持っていたのか、バーブラ・ストライサンド主演の 『ハロー・ドーリー!』 (1969年)ジェームズ・ステュアートヘンリー・フォンダ主演の 『テキサス魂』 (1970年) 等を監督した。
 (左の写真) 『テキサス魂』 撮影時。ジェームズ・ステュアート(左)、
  ヘンリー・フォンダ(右)と


 ・MGM社の創立50周年を記念して製作されたミュージカルのアンソロジー 『ザッツ・エンターテインメント』 (1974年) が大ヒット 『ザッツ・エンターテインメント パート2』 (1976年) では、フレッド・アステアとのダンスも披露。ハリウッド・ミュージカルの2大レジェンドの共演は、ファンを歓喜させた。このシーンはケリーが振付と監督をした。
 (右の写真) 『ザッツ・エンターテインメント パート2』 フレッド・アステア(右)と
That's_Entertainment,_Part_II-2

Xanadu
 ・人気歌手オリヴィア・ニュートン・ジョン主演の 『ザナドゥ』 (1980年) では、
ローラー・スケートで優雅に滑るシーンも披露。ケリーは当時67歳。
 『ザッツ・エンターテインメント パート3』 (1994年) が、最後に出演した劇場用映画となった。
 (左の写真) 『ザナドュ』 オリヴィア・ニュートン・ジョンと

 ・1990年、著述家のパトリシア・ウォードと3度目の結婚。ケリーの回想録の作家として契約したのがきっかけだったという。ケリーが亡くなるまで連れ添った。
 (右の写真) 3番目の妻パトリシア・ウォードと
Patricia_Ward

Gene_Kelly-5
 ・ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞(1981年)、AFI (アメリカ映画協会) の生涯功労賞(1985年)、国家芸術メダル(1994年)、フランスのセザール賞の名誉賞(1996年)等、数多くの賞や名誉を授かった。

 ・1996年83歳で他界。

 ・1999年、AFI が選定した 「伝 説のスター・ベスト50」 で、男優部門の第15位に選出。 (右の写真) 『雨に唄えば』 出演時

Gene_Kelly-2
Gene_Kelly-3

HOME