20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Ernest_Borgnine

アーネスト・ボーグナイン

Ernest Borgnine

 
1917-2012 (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Marty
 マーティ
  Marty
  (1955年/アメリカ)
The_Dirty_Dozen
 特攻大作戦
 The Dirty Dozen
 (1967年/アメリカ)
The_Wild_Bunch  ワイルドバンチ
 The Wild Bunch
 (1969年/アメリカ)
The_Poseidon_Adventure  ポセイドン・アドベンチャー
 The Poseidon Adventure
 (1972年/アメリカ)

     初主演の 『マーティ』 でアカデミー賞主演男優賞を受賞

 ・1917年、コネチカット州生れ。両親ともイタリアからの移民。両親が別居していた期間、2歳から6歳までは母親とイタリアで過ごした。

 ・1935年、高校を卒業し、海軍に入隊。1941年10月に除隊したが、日本軍の真珠湾攻撃をきっかけに再入隊し、1945年まで海軍で過ごした。

 ・退役後、母親の勧めでハートフォード (コネチカット州) の演劇学校で学び、1947年にプロの役者として初舞台に立った。
 『China Corsair (1951年) で銀幕デビューし、『地上より永遠に』 (1953年) で憎まれ役の営倉係を演じ、出世作となった。
 (右の写真) 『地上より永遠に』 モンゴメリー・クリフト(右)と
From_Here_to_Eternity

Vera_Cruz
Bad_Day_at_Black_Rock
『ヴェラクルス』 (1954年) ゲーリー・クーパー(右)と
『日本人の勲章』 (1955年)  スペンサー・トレイシー(左)と

Marty
 ・初の主演作はTVドラマのリメイク作 『マーティ』 (1955年)。容姿にコンプレックスを抱き、結婚もあきらめていた30代半ばの男と女のラブ・ストーリーを描き、アカデミー賞の作品賞、カンヌ国際映画祭の大賞 (パルム・ドール) を受賞した作品。アーネスト・ボーグナインは初の主演作でアカデミー賞主演男優賞を受賞した。
  (左の写真) 『マーティ』 ベッツィ・ブレアと 
 * TVドラマ (1953年) では、ロッド・スタイガーが主演を務めた。

 ・非二枚目の個性派俳優が主役を務める機会は多くはないが、ボーグナインは千載一遇のチャンスを見事に生かした。
 授賞式のスピーチでは、俳優になるようアドバイスをした母親に感謝した。
 (右の写真) アカデミー賞授賞式にて。プレゼンターのグレース・ケリー
Ernest_Borgnine_Oscar

The_Wild_Bunch
 ・その後も個性派俳優として息長く活躍。『ワイルドバンチ』 (1969年)、『ポセイドン・アドベンチャー』 (1972年) といった人気作品で印象に残る演技を披露した。イタリア系ということもあり、『ゴッドファーザー』 (1972年) のドン役の候補でもあった。
 (左の写真) 『ワイルドバンチ』 ウィリアム・ホールデン(右)と

 ・最晩年まで第一線で活躍。TVの人気番組 「ER 緊急救命室」 の最終回 (2009年) にゲスト出演し、エミー賞にノミネートされた時は92歳だった。

 ・2010年、全米映画俳優組合の生涯功労賞を受賞。
  (右の写真) 『ポセイドン・アドベンチャー』 ジーン・ハックマン(左)と
The_Poseidon_Adventure-2

 ・2012年95歳で他界。

Ernest_Borgnine-2
Ernest_Borgnine-3

HOME