20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Grace_Kelly

グレース・ケリー

Grace Kelly

 1929-1982 (アメリカ)


heartbar

   代表作

High Noon
 真昼の決闘
  High Noon
  (1952年/アメリカ)
Mogambo
 モガンボ
  Mogambo
 (1953年/アメリカ)
Dial_M_for_Murder
 ダイヤルMを廻せ!
 Dial M for Murder
 (1954年/アメリカ)
Rear_Window  裏窓
 Rear Window
 (1954年/アメリカ)
The_Country_Girl
 喝采
 The Country Girl
 (1954年/アメリカ)
To_Catch_a_Thief  泥棒成金
 To Catch a Thief
 (1955年/アメリカ)

    ハリウッドのシンデレラ

 ・1929年、ペンシルベニア州生れ。裕福な家庭で、子供の頃からダンスやピアノ、声楽などを習っていた。
  ・父親のジョン … ボート競技の選手として、2度のオリンピックで3個の金メダルを獲得。煉瓦会社の経営で財を成した。
   ・母親のマーガレット … ペンシルベニア大学で、女性アスリートを指導した最初の女性
   指導者。若い頃はモデルだった。

  ・兄妹 … オリンピックのボート競技で銅メダルを獲得した兄の他、姉と妹がいた。
  ・伯父のウォルター … ボードビルの芸人として人気を博し、何本か映画にも出演した。
  ・伯父のジョージ … 劇作家。ピューリッツアー賞受賞作 「クレイグの妻」 (1925年) は、
   何度か映画化もされた。
 (右の写真) 子供の頃の家族写真。左上がグレース・ケリー
Grace_Kelly_Family

The_Father_1949
 ・12歳からアマチュア劇団に参加。好きな俳優はイングリッド・バーグマンジョゼフ・コットンで、高校の卒業アルバムに、女優になるのが夢と書いた。

 ・1947年、当時は女子大だったベニントン大学を不合格となると、父親の反対を押し切って、ニューヨークのアメリカン演劇アカデミーに入 学。
 モデルなどで生活費を稼ぎながら演技を学び、舞台劇 「父」 (1949年) でブロードウェイ・デビュー。翌50年にはTVにも初出演した。
 (左の写真) 舞台 「父」 出演時

 ・TV出演がきっかけとなり、20世紀FOX社の 『Fourteen Hours (1951年/監督:ヘンリー・ハサウェイで銀幕デビュー。ホテルの15階から飛び降り自殺を図る男と、それを止めさせようとする警官を主人公としたサスペンス映画。グレースは、その騒動を見て、離婚を思い止まる人妻を演じたが、あまり大きな役ではなく、この作品ではブレイクしなかった。
  (右の写真) 『Fourteen Hours
Fourteen_Hours

High_Noon
 ・オフ・ブロードウェイの舞台に出演しているところを、映画製作者のスタンリー・クレイマーにスカウトされ、『真昼の決闘』 (1952年/監督:フレッド・ジンネマン のヒロイン役に大抜擢された。主演のゲーリー・クーパーからは、カメラの前で演技をする際のコツを教わったという。クーパーはグレースの事を 「これまでのハリウッドの女優とは異なる魅力がある 」 と評した。
  (左の写真) 『真昼の決闘』 ゲーリー・クーパーと

 ・MGM社と専属契約し、クラーク・ゲーブル主演の 『モガンボ』 (1953年/監督:ジョン・フォードに 出演。クーパーの次がゲーブル。ハリウッドの2大レジェンドと立て続けに共演する幸運を得た。彼女は運を生かし、寄せられた期待に応えた。同作でアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされ、オスカーは逃したが、ゴールデン・グローブ賞の助演女優賞を受賞した。
  (右の写真) 『モガンボ』 クラーク・ゲーブルと
Mogambo

Dial_M_for_Murder-2
 ・共演者だけでなく、監督にも恵まれたが、彼女の魅力を最も引き出したのがアルフレッド・ヒッチコック監督。同監督との最初の作品は、ワーナー・ブラザース社に貸し出されて出演した 『ダイヤルMを廻せ!』 (1954年)。
 
ブロードウェイの舞台劇を映画化した作品だが、ヒッチコック監督にとって久々の大ヒット作品となった。
  (左の写真) 『ダイヤルを廻せ!』

 ・ヒッチコック監督のお気に入りとなり、次作 『裏窓』 (1954年) でもヒロインに起用された。こちらはMGM社の作品だが、前作から数ヶ月後、異例とも言える早さで公開された。グレース・ケリーというヒロインを得て、ヒッチコック監督の創作意欲が溢れたのかも?
 ヒッチコック監督とグレース・ケリーのキャリアで最大のヒット作となった。
 (右の写真) 『裏窓』 ジェームズ・ステュアートと 
Rear_Window

The_Country_Girl-2
 ・MGM社を説得し、パラマウント社で 『喝采』 (1954年) に出演。
 交通事故で一人息子を亡くして以来、酒に溺れ、落ちこぼれたかつての人気歌手である夫と、彼を檜舞台に復帰させようと尽力する演出家。2人の男性に翻弄されながらも、同時に愛されもし、心揺れる女性を巧みに演じた。
  (左の写真) 『喝采』 ウィリアム・ホールデン(左)、ビング・クロスビー(右)と

 ・1954年には、上記の3作の他、南米のコロンビアを舞台にした冒険ロマンス 『緑の火・エメラルド』朝鮮戦争を題材とした 『トコリの橋』 にも出演。この年、ハリウッドで最も輝いていた女優だった。
Green_Fire The_Bridge_at_Toko-ri
『緑の火・エメラルド』 スチュワート・グレンジャーと 『トコリの橋』 ウィリアム・ホールデンと

 ・1954年度のアカデミー賞主演女優賞は、『スタア誕生』 のジュディ・ガーランドが本命視されていたが、グレース・ケリーが 『喝采』 の演技で受賞。

youtube
 アカデミー賞授賞式。プレゼンンターはウィリアム・ホールデン。


 プレス対応の場で、主演男優賞を受賞したマーロン・ブランドにキスをするよう求められたグレースは、「彼が私にするべきよ 」 と笑顔で応え、ブランドからキスを贈られた。
 グレースは、ブランドの受賞作 『波止場』 への出演オファーを受けたが、『裏窓』 に出演するため辞退していた。
 (右の写真) アカデミー賞授賞式後。マーロン・ブランドと
Grace_Kelly_Oscar

To_Catch_a_Thief
 ・1955年の4月、『喝采』 が出品されたこともあって、カンヌ国際映画祭に参加。モナコ公国の大公レーニエ3世と運命の出会いをした。
 同年8月、ヒッチコック監督との3作目 『泥棒成金』 公開 (撮影は1954年)
 同年12月、フィラデルフィアの実家に訪ねて来たレーニエ3世からプロポーズを受けた。
 (左の写真) 『泥棒成金』 ケーリー・グラント

 ・1956年1月、レーニエ3世との婚約を発表。
 前年の10月に撮影された 『白鳥』 で、グレースは奇しくも王妃に扮していた。1925年、1930年に次ぐ3度目の映画化となる作品であり、1950年にはTVドラマにもなった。そのTV ドラマに出演していたのは、他ならぬグレース・ケリー。MGM社は、この新作をグレースの結婚に会わせて公開した。
 (右の写真) 『白鳥』 (1956年) アレック・ギネス
The_Swan

High_Society
 ・キャサリン・ヘップバーン主演の 『フィラデルフィア物語』 (1940年) をミュージカルにアレンジした 『上流社会』 (1956年) が最後の作品となった。
 婚約発表後に撮影され、グレースはレーニエ3世から贈られた婚約指環をはめて撮影に臨んだ。映画だけでなく、ビング・クロスビーとデュエットした 「True Love 」 も、100万枚を超えるヒット曲となった。
 (左の写真) 『上流社会』 ビング・クロスビー(左)、フランク・シナトラ

 ・1956年4月、レーニエ3世と結婚。結婚式の模様はTV中継され、3,000万人が視聴したとされている。

youtube  ロイヤル・ウェディングのニュース映像


 ・結婚後は3人の子供を授かり、プリンセスとしての公務の他、多くの慈善事業にも尽力した。
 何度か銀幕復帰の噂も立った。ヒッチコック監督が、『マーニー』(1964年) への出演を要望し、彼女も復帰を望んだとも言われているが、実現はしなかった。ただ、麻薬撲滅のため、国連がスポンサーとなり、ユル・ブリンナーマルチェロ・マストロヤンニといった各国のオール・スターが1ドルの報酬で出演した 『悪のシンフォニー』 (1966年) でナレーターを務めた。
  (右の写真) 家族写真
Grace_Kelly-4

Grace_Kelly-5
 ・1981年、神戸ポートアイランド博覧会視察のため、夫妻で来日。
  (左の写真) 来日時。昭和天皇と

 
1982年9月、車を運転中に脳梗塞を発症し、車ごと崖から転落。意識不明のまま、翌日に亡くなった。享年52歳

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第13位に選出。

Grace_Kelly-2
Grace_Kelly-3

< グレース・ケリー写真館 >

HOME