20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Judy Garland

ジュディ・ ガーランド

Judy Garland

 
1922-1969 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Love_Finds_Andy_Hardy  初恋合戦 
  Love Finds Andy Hardy
  (1938年/アメリカ)
The_Wizard_of_Oz.
 オズの魔法使 
  The Wizard of Oz
  (1939年/アメリカ)
Meet Me in St. Louis  若草の頃
 Meet Me in St. Louis
  (1944年/アメリカ)
Easter_Parade
 イースター・パレード
 Easter Parade
 (1948年/アメリカ))
A Star Is Born  スタア誕生
  A Star Is Born
  (1954年/アメリカ)
Judgment at Nuremberg   ニュールンベルグ裁判
 Judgment at Nuremberg
 
(1961年/アメリカ)
 
    ハリウッドで一時代を築いた伝説のミュージカル・スター

 ・1922年、ミネソタ州生まれ。本名は Frances Ethel Gumm
 父親は舞台芸人、母親はピアニストという芸能一家で、2歳の時から、父親が経営していた映画館で、2人の姉と一緒に歌を披露していた。
 7歳の時に、姉妹が所属していた歌劇団のクリスマス・ショーに 「Gumm Sisters 」 として出演。そのステージが 『The Big Revue (1929年) という短編映画で残っている。
  (右の写真) 「Gumm Sisters 」 中央が末っ子のジュディ・ガーランド
Gumm Sisiters

La_Fiesta_de_Santa_Barbara  ・姉妹トリオは 「Garland  Sisiters 」 と名称を変更。 *Garland = 花輪、花飾り
 
バスター・キートンゲーリー・クーパーロバー ト・テイラー等がカメオ出演しているMGM社の短編映画 『La Fiesta de Santa Barbara (1935年) にも出演したが、長女の結婚を機にトリオは解散。ジュディは歌唱力を認められ、MGM社と契約 した。
    (左の写真) 『La Fiesta de Santa Barbara 』  一番左がジュディ・ガーランド

 ・MGM社の短編映画 『Every Sunday (1936年) で、1歳年上のディア ナ・ダービンと共演。
 同社の大ボス、ルイス・B・メイヤーが、同じ年頃の少女スターは2人も必要ないとし、「太った方  ( ジュディのこと)をクビにしろ 」 と命じたが、部下のアーサー・フリードが間違って (間違ったふりをしたとの説もある) ダービンをクビにしたとの伝説が残っている。 
  (右の写真) ディアナ・ダービン (左) と
With Deanna Durbin

Broadway_Melody_of_1938  ・MGM社の大スター、クラー ク・ゲーブルの36歳の誕生日パーティーで、「You Made Me Love You (1913年) の替歌を披露。これが好評で、映画 『踊る不夜城』 (1937年) の 中でも歌い、「Dear Mr. Gable 」 として親しまれることとなった。
  (左の写真) 『踊る不夜城』 で、クラーク・ゲーブルの写真を前に歌うジュディ・ガーランド

 ・『Thoroughbreds Don't Cry (1937年) で、2歳年上のミッキー・ルーニーと 初共演。以後、『初恋合戦』 (1938年)、『青春一座』 (1939年) など、合計10本の映画で共演。少年少女カップルとして絶大な人気を誇った。
 ミッキーは後年、ジュディとの関係を、「恋愛関係ではなかったが、兄妹以上の特別な間柄であった 」 と語っている。
  (右の写真) 『Thoroughbreds Don't Cry 』 ミッキー・ルーニーと
Thoroughbreds_Don't_Cry

The Wizard of Oz-2  ・1939年、17歳の時に、代表作となるミュージカル・ファンタジー 『オズの魔法使』 (監督:ヴィクター・フレミング に出演。
 アメリカでは、1950年代後半以降TVで繰り返し放映され、史上最も鑑賞された映画とも言われている。
  (左の写真) 『オズの魔法使』
  映画の中でジュディが素晴らしい歌声を披露した主題歌 「虹の彼方に」 は、全米レコード協会等が2001年に主催した 「20世紀の名曲」 投票で第1位に選出されるなど、ハリウッド・ミュージカルが生んだスタンダード・ナンバーとして、今なお広く愛されている。
  (右の写真) 『オズの魔法使』 撮影時。ヴィクター・フレミング監督(左)、
   案山子役のレイ・ボルジャー(右)と
The_Wizard_of_Oz-3
Judy Garland Oscar
 ・1940年、アカデミー賞特別賞を受賞。
 『オズの魔法使』 でのパフォーマンスに対して贈られた賞であった。
  (左の写真) 子供用の小さいオスカー像 を手にするジュディ。ミッキー・ルーニーと。
   ミッキー・ルーニーも前年、ディアナ・ダービンと共に特別賞を受賞している。


 ・1941年、18歳の時に音楽家のデビッド・ローズと結婚したが、44年に離婚。
 この間、彼女は妊娠したが、イメージを損なうとの理由で中絶を余儀なくさた。
  (右の写真) 最初の夫デビッド・ローズと
David Rose
  * デビッド・ローズ … 後に、TVの人気大河ドラマ 「大草原の小さな家」 のテーマ曲等を作曲。

 ・1940年代、ハリウッドを代表する女性ミュージカル・スターとして大活 躍。
 ことダンスに関しては手厳しいフレッド・アステアをして、「彼女は史上最高の エンターテイナー 」 と言わしめている。
Ziegfeld_Girl /Meet_Me_in_St._Louis-2
『美人劇場』 (1941年) ヘディ・ラマー(左)、 ラナ・ターナー(右)と 『若草の頃』 (1944年)
The Pirate Easter_Parade-2
『踊る海賊』 (1948年) ジーン・ケリー 『イースター・パレード』 (1949年) フレッド・アステアと

Vincente Minnell
 ・1945年、ジュディ主演の大ヒット作 『若草の頃』 (1944年) を手掛けたヴィンセント・ミネリ監督と再婚。
 夫婦となってからも、『踊る海賊』 (1948年) 等で組んだ。
  (左の写真) 2番目の夫ヴィンセント・ミネリと
 ・1946年、後に女優となり、『キャバレー』 (1971 年) でアカデミー賞主演女優賞を受賞した長女のライザ・ミネリを出産。
  (右の写真) 長女のライザ・ミネリと
 
Liza Minnelli

Liza_Minnelli-2
 ・ミュージカル・スターとして一時代を築いたが、周りの大人たちの勧めで、ティーンエイジ からドラッグ類を常用。当時は副作用について無知だったため、出番が無い時は睡眠薬を、撮影が押している時には覚醒剤の類いを与えられていたという。

 ・1940年代後半からドラッグの副作用による神経症が現れ始め、遅刻や欠勤の常習犯に。自殺未遂まで起こし、問題児扱いされるようになってしまっ た。
  (左の写真) 長女のライザ・ミネリと
 『ブロードウェイのバークレー夫妻』 (1949年)、 『アニーよ銃をとれ』 (1950年) といった作品を途中降板させられ、『Summer Stock (1950年) への出演を最後にMGM社から解雇されてしまった。

 ・ハリウッドから離れ、コンサート活動をスタート。
 1951年から52年にかけて、ニューヨークのパレス劇場で行われたショーは記録的な大成功を収め、トニー賞特別賞を受賞。
  (右の写真) パレス劇場で
On Stage

Sidney Luft
 ・1951年、ヴィンセント・ミネリと離婚。翌年、彼女のショーをプロデュースしたシド ニー・ラフトと3度目の結婚。
 52年に次女、55年に長男を授かった。
 次女のローナ・ラフトも後に女優となった。

 ・夫のシドニー・ラフトが製作した 『スタア誕生』 (1954 年/監督:ジョージ・キューカー で、4年ぶりに銀幕復帰。
 アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、最有力候補と噂された。
 授賞式前日に長男を出産したばかりの彼女の病室には、マスコミも詰めかけていたが、オスカーは 『喝采』 のグレース・ケリーに。
 得票差6票は 当時の最小記録であった。
  (右の写真) 『スタア誕生』 ジェームズ・メーソン
A Star Is Born-3
 ジュディには、同作品を配給したワーナー・ブラザーズ社の後方支援も無かった。というの も、映画は大ヒットしたが、彼女の欠勤により撮影が長引き、製作費が膨らんだため赤字となったから。その結果、ジュディはワーナー・ブラザーズ社からも 見離された。
A Star Is Born-2  素晴らしいパフォーマンスを披露したジュディがアカデミー賞で敗れたことに憤った人も多 く、グルーチョ・マルクスは授賞式後、「ブリンクス以来、最大 の略奪だ 」 と、ジュディに慰めの電報を送ったという。 
  * ブリンクス … 1950年、ボストンで起こった強盗事件を指す。
 
ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞 (コメディ・ミュージカル部門) は受賞した。
  (左の写真) 『スタア誕生』

 ・その後、神経症が悪化し、再び自殺未遂を起こした。銀幕からは遠ざかり、舞台を中心に活 動。
 1955年には、CBS初の本格的なカラー番組 「Ford Star Jubilee 」 の第1回放映で、TVに初出演。

 ・『ニュールンベルグ裁判』 (1961年/監督:ス タンリー・クレイマーで、7年ぶりに銀幕復帰。
 ミュージカルから一転、シリアスな演技を披露し、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたが、オスカーには手が届かなかった。
  (右の写真) 『ニュールンベルグ裁判』
Judgment_at_Nuremberg-2

Judy_at_Carnegie_Hall  ・1961年に、ニューヨークのカーネギー・ホールで行ったコンサートを収録したライヴ・ アルバム 「Judy at Carnegie Hall 」 が、ビルボードのアルバム・チャートで13週連続No.1となる大ヒットを記録。
 翌年のグラミー賞で、最優秀女性歌唱賞最優秀アルバム賞を受賞。
  (左の写真) 「Judy at Carnegie Hall  」 のレコード・ジャケット

 ・1962年、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞を受賞。39歳での受賞は 同賞の最年少記録。

 ・1962年2月、TV 番組 「ジュディ・ガーランド・ショー」 放映。
 フランク・シナトラディーン・マーティンをゲストに迎えた同番組は大好評となり、ジュディは同年12月に、CBSと当時のTV史上最高額のギャラでレ ギュラー番組としての契約を締結。
  (右の写真) 左から、ディーン・マーティン、ジュディ、フランク・シナトラ
The Judy Garland Show
 「ジュディ・ガーランド・ショー」 は、1963年9月から翌年の3月まで計26回、毎週日曜日に放映された。
 最初の収録時のゲストには、ジュディの要望でミッキー・ルーニーが招かれ、他の回では、ドナルド・オコナー、バーブラ・ストライサンド、娘のライザ・ミ ネリ、ローナ・ラフトなどがゲスト出演した。
The Judy Garland Show-2 The_Judy_Garland_Show-3
ミッキー・ルーニーと バーブラ・ストライサンド と

 ・『愛と歌の日々』 (1963年) が最後の劇場用映画となった。『哀愁の花びら』 (1967年) にもキャストされたが、欠勤を繰り 返し、降板させらている。

 ・1965年、シドニー・ラフトと離婚後、俳優のマーク・ハーロンと4度目の結婚をした が、67年に離婚。1969年、音楽家のミッキー・ディーンズと5度目の結婚。
Mark Herron Mickey Deans
ライザ・ミネリ(左)、 マーク・ハーロン(右)と ミッキー・ディーンズと

 ・1969年、5度目の結婚の僅か3カ月後にロンドンで他界。享年47 歳
 誤って睡眠薬を多量に飲んだことが死因とされている。
 彼女が亡くなった日、『オズの魔法使』 の舞台となったカンザスでは、映画同様に竜巻が発生したと伝えられている。

 ・葬儀はニューヨークで執り行われた。ライザ・ミネリは弔辞をミッキー・ルーニーに頼みたかったが、彼は大変なショックを受けていてその役を務める ことができず、代わりに 『スタア誕生』 で共演したジェームズ・メーソンが弔辞を読んだ。

Judy and Liza  ・1973年、ライザ・ミネリが 『キャバレー』 (1972年) でアカデミー賞主演女優賞を受賞。
 「母が果たせなかった生涯の夢を果たすことができた。このオスカーは母のものです 」 と涙ながらにスピーチ。
 きっと天国のジュディも自分のこと以上に喜んだに違いない。
  (左の写真) 長女のライザ・ミネリと

youtube-logo
 コンサートで 「虹の彼方に」 を唄うジュディ・ガーランド。ライザ・ミネリも登場。

 
 ・1997年、グラミー賞の特別功労賞 (生涯業績賞) を受賞。

 ・1998年、アルバム 「Judy at Carnegie Hall 」 がグラミーの殿堂入り。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会) が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第8位に選出。

Judy Garland-2
Judy Garland-3

HOME