20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

伝説の映画製作者たち

Scandalbar

 1930〜40年代のハリウッドの映画スタジオ
  ビッグ5 … パラマウント、MGM、20世紀FOX、ワーナー・ブラザース、RKO
  リトル3 … ユニヴァーサル、コロンビア、ユナイテッド・アーチスツ
  更に小規模なリパブリックや、独立系の製作会社があった。

MGM
 MGM社
 
1924年、「Metro Pictures 」、「Goldwyn Pictures 」、「Louis B. Mayer Pictures 」 の3社が合併して成立。
 夜空の 星の数よりも多くのスターを抱えていると謳われ、黄金時代のハリウッドに君臨した。

Louis_B._Mayer
 ルイス・B・メイヤー (1884-1957年)

 ・ミンスク (当時はロシア帝国領) で生まれ、幼い頃にカナダに移住した。家庭が貧しく、12歳で学校を辞め、父親の鉄屑回収業を手伝うようになった。

 ・1904年、単身でボストン (米マサチューセッツ州) へ引っ越し、鉄屑回収業を始めた。
 ・1907年、廃屋となっていた寄席小屋を買い取り、映画館としてリニューアル・オープンして成功を収め、周辺の劇場を次々と買収していった。

 ・1914年、映画配給会社を設立。『スコウ・マン』 (1914年/監督:セシル・B・デミル や、『國民の創生』 (1915年/監督:D・W・グリフィスのニューイングランド (マサチューセッツ、コネチカット、ニューハンプシャー、バーモント、メイン、ロードアイランドの6州) での独占配給権を取得して財を築いた。

 ・1918年、ロスアンゼルスに移り、映画製作会社ルイス・B・メイヤー・ピクチャーズを設 立。24年にメトロ社、ゴールドウィン社と合併しMGM社が成立すると、副社長で映画製作部門の最高責任者に就任。製作現場を若き天才プロデューサー、 アービング・G・タルバーグに統括させ、ハリウッドNO.1スタジオの地位を確固たるものにした。
  (右の写真) 左から、ノーマ・シアラー、アービング・G・タルバーグ、メイヤー
/Louis_B._Mayer-3
Louis_B._Mayer-2 ・1927年、アカデミー協会 (映画芸術科学アカデミー) 創設の際には、中心的な役割を果たした。その目的の1つは労働組合対策でもあった。
  (左の写真) 左から、クラーク・ゲーブルデビッド・O・セルズニック、メイヤー
   * セルズニックは、一時期 (1930〜48年)、メイヤーの娘婿でもあった。
 ・1937年には、全米で初めて年収が100万ドルに達し、以後9年間、全米トップの年収であったという。ちなみに、39年に俳優でトップのゲーリー・クーパーの年収が約50万ドルだった。

 ・1950年度のアカデミー賞で名誉賞を受賞。

 ・テレビの普及や 「パラマウント訴訟」 (1948年) の影響で経営が失速すると、社内の権力闘争に敗れ、1951年に更迭された。

 ・権力者として剛腕を振るったことから良からぬ評判も多いが、MGM社と最長の24年間契約を継続したロバート・テーラーや、子役の時から契約していたミッキー・ルーニーなどは、メイヤーのことを父親のように慕っていたという。ミッキー・ルーニーは、アカデミー賞名誉賞を受賞 (1983年) した時のスピーチで、「ルイス・B・メイヤーにキスをしたい 」 と、感謝の気持ちを述べた。
  (右の写真) 左から、ミッキー・ルーニー、ジュディ・ガーランド、メイヤー
Louis_B._Mayer-4


Irving_G._Thalberg
 アービング・G・タルバーグ (1899-1936年)

 ・ニューヨークのブルックリン生れ。先天性心疾患で、高校時代も大病を患い、大学進学を断念。アルバイトをしながら夜間学校に通い、速記タイプやスペイン語を習った。

 ・ユニヴァーサル社に創業者カール・レムリの秘書として採用され、その後、21歳の若さで製作部門の責任者に。「神童」 (The Boy Wonder ) と謳われた。
 奇才エリッヒ・フォン・シュトロハイム監督との対立が語り継がれている。

 ・1924年、ルイス・B・メイヤー・ピクチャーズ社のNo.2として引き抜かれ、同社が合併によりMGM社となると、製作部門の統括プロデューサーに就任。『ビッグ・パレード』 (1925年/監督:キング・ヴィダー、『肉体と悪魔』 (1926年/監督:クラレンス・ブラウンといった大ヒット作品を手掛けた。

 ・1927年、女優のノーマ・シアラーと結婚。彼女もタルバーグが手掛けた良質の作品に出演し、‟MGM社のファースト・レディー” と称される看板女優の1人となった。
  (右の写真) ノーマ・シアラーと

 ・アカデミー賞作品賞を受賞した 『ブロードウェイ・メロディー』 (1929年)『グランド・ホテル』 (1932年)、『戦艦バウンティ号の叛乱 (南海征服)』 (1935年) 等、数多くの作品を手掛けたが、1936年37歳で他界。
Irving_G._Thalberg-2

Irving_G._Thalberg-3
 ・第10回 (1937年度) アカデミー賞より、彼の名を冠した 「アービング・G・タルバーグ賞」 が創設され、良質な作品を製作したプロデューサーに贈られることとなった。 (左の写真) マルクス兄弟

 ・彼をモデルとした、作家F・スコット・フィッツジェラルドの未完の小説 「ラスト・タイクーン」 は、エリア・カザン監督によって映画化 (1976年) もされた。 


HOME