20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Greta Garbo

グレタ・ガ ルボ

Greta Garbo

1905-1990 (スウェーデン/アメリカ)


heartbar

     代表作

Flesh and the Devil
 肉体と悪魔
  Flesh and the Devil
  (1926年/アメリカ)
Anna Christie
 アンナ・クリスティ
 Anna Christie
  (1930年/アメリカ)
Grand Hotel
 グラ ンド・ホテル
 Grand Hotel
 (1932年/アメリカ)
Anna Karenina-2
 アンナ・カレニナ
 Anna Karenina
 (1935年/アメリカ)
Camille-2
 椿姫
 Camille
  (1936年/アメリカ)
Ninotchka  ニノチカ
 Ninotchka
 (1939年/アメリカ)

    “ 神聖ガルボ帝国 ” 伝説のスーパースター

 ・1905年、スウェーデンの首都ストックホルムにて、3人兄妹の末っ子と して生まれた。
 本名は Greta Lovisa Gustafsson 。家庭が貧しく、6歳の時には新聞販売員をして小遣いを稼いでいた。
 13歳で公立学校を卒業し、理髪店で働きだした。14歳の時に父親をスペイン風邪で亡くし、その後、知人の紹介でPUBデパートに採用され、帽 子、次に婦人服の販売員となった。
  (右の写真) 子供の頃のガルボ
Greta_Garbo-8
 ・1920年、PUBデパートの創立40周年を記念して製作された宣伝映画に婦人服のモ デルの1人として出演。(ガルボの初出演映画)

Our Daily Bread  ・1921年、PUBデパートの宣伝映画と同じ監督が撮ったスウェーデンのパン菓子の宣 伝映画に出演。
 この作品は平和記念東京博覧会 (1922年)でも上映された。
 同年、エキストラとして2〜3本の映画に出演。姉と一緒に出演した作品もある。
  (左の写真) パン菓子の宣伝映画より。16歳のガルボ。

 ・1922年、喜劇役者エーリック・ペチュレルにスカウトされ、彼が監督・主演の 『放浪者ペッテル』 に出演。
 ガルボの初の商業用映画であり、プロの役者としてのデビュー作品。
  マック・セネット率いるキーストン社の 「水着美人」 さながら、水着姿を披露した。
  (右の写真) 『放浪者ペッテル』 より
Luffar Petter

 ・『放浪者ペッテル』 出演に際し、PUBデパートを辞めていたガルボは、ペチュレルのアドバイスにより王立演劇アカデミーのオーディションを受け、合格。奨学金を得て、2年 間演技を学んだ。

Gosta Berlings saga  ・新人女優を探しに王立演劇アカデミーを訪ねたモーリス・スティルレル監督にスカウトさ れ、『イエスタ・ベルリングの伝説』 (1924年) に出演。
 当作品から本名のグレタ・グスタフソン改め、グレタ・ガルボの芸名を名乗るようになった。
  (左の写真) 『イエスタ・ベルリングの伝説』 より
 
 ・『イエスタ・ベルリングの伝説』 のPRで、スティルレル監督と一緒にドイツへ。
 スティルレル監督は、ベルリンへ来ていたMGM社のルイス・B・メイヤーと面談し、ハリウッドへ招かれ た。その時にガルボを売り込んだが、メイヤーがガルボに対して抱いた最初の印象は、「太っていてハリウッドでは売れない 」 だったとの伝説が残っている。

 ・ドイツでG・W・パブスト監督の 『喜びなき街』 (1925年)に出演。ガルボが出演した唯一のドイツ映画。
  * G・W・パブスト監督 … ルイーズ・ブルック ス主演の 『パンドラの箱』 (1929年)、
   『三文オペラ』 (1931年)等を撮ったドイツの巨匠。

  (右の写真) 『喜びなき街』 より
 
Die freudlose Gasse

Mauritz_Stiller
 ・1925年、スティルレル監督と一緒に渡米。9月18日、20歳の誕生日にMGM社と の最終的な契約を締結した。
 * モーリス・スティルレル監督 … 『吹雪の夜』 (1919 年) などで世界的
  な名声を得ていたスウェーデン映画界の巨匠。ガルボを映画女優とし
  て磨き上げた人物と言われている。
  (左の写真)
モーリス・スティルレル監督と

 ・ハリウッドでの最初の映画 『イバニエスの激流』 (1926年) に出演。
  (右の写真) 『イバニエスの激流』 リカルド・コルテスと

 ・2作目 『明眸罪あり』 はスティルレル監督で撮影がスタートしたが、彼はスタッフと揉めて途中降板。MGM社との契約を破棄された。
Torrent

Greta Garbo-10  (左の写真) 左からビクトル・シェストレム、ガルボ、モーリス・スティルレル

 ・
スティルレルは、その後パラマウント社でポー ラ・ネグリ主演の 『帝国ホテル』 (1926年) 等を撮ったが、帰国して1928年に他界。
 ・
ビクトル・シェストレム … 『霊魂の不滅』 (1921年)などを撮り、「スウェーデン映画の父」 と称された名監督。ガルボ達よりも先にハリウッドへ招かれており、ルイス・B・メイヤーとスティルレル監督を引き合わせた人物。ハリウッドでは、ガルボ主演の 『崇高なる女性』 (1928年)、リリアン・ギッシュ主演の 『風』 (1928年) 等、名作を撮った。1930年にスウェーデンに帰国。

Garbo USC
Garbo MGM
南カリフォルニア大学陸上 部とのフォト・セッション (1926年)
MGM社のシンボル、ライ オンとのフォト・セッション (1926年)

 ・3作目 『肉体と悪魔』 (1926年/監督:クラレンス・ブラウンで、当時MGM社のトップスターだったジョン・ギルバートと共演。
 熱烈なラブ・シーンが話題となり、大ヒット。ガルボは一躍人気スターとなった。
 撮影前に姉が病死しており、ガルボは一度出演を断っていた。
  (右の写真) 『肉体と悪魔』 ジョン・ギルバートと
Flesh and the Devil-2

 ・ジョン・ギルバートと再共演した 『アンナ・カレニナ』 (1927年) も大ヒット。『接吻』 (1929年/監督:ジャック・フェデー まで、合計10本のサイレント映画に出演。ハリウッドを代表する大女優となった。
Love
A_Woman_of_Affairs
『アンナ・カレニナ』 (1927年) ジョン・ギルバートと
『恋多き女』 (1928年) ジョン・ギルバートと

Anna Christie-2  ・ガルボ初のトーキー作品 『アンナ・クリスティ』 (1930年) に出演。
 映画の宣伝コピーは 「Garbo talks! 」 (ガルボが喋る)。
 前年、人気コンビであったジョン・ギルバートが、自身初のトーキー作品 『彼の栄光の夜』 でイメージとかけ離れたキンキン声で人気を失墜させていた。
  (左の写真) 『アンナ・クリスティ』 より 
 果たしてガルボはどんな声なのか?。観客は固唾を飲んでその第一声を見守った、というエピ ソードが語り継がれている。
 ガルボの第一声は、「Gimme a whiskey, ginger ale on the side. And don't be stingy, baby! 」  ( ウィスキーちょうだい、ジンジャーエールもね。ケチケチしないでよ!  ).。
 クールな美貌にマッチしたハスキーボイスとして人気は更に上昇した。
 同作は、英語版 (監督:クラレンス・ブラウン) と独語版 (監 督:ジャック・フェデー) が製作された。特に欧州では、ガルボの人気は圧倒的だった。
  (右の写真) 『アンナ・クリスティ』 撮影時。クラレンス・ブラウン監督(右)と
  
Anna Christie-3
 ・『アンナ・クリスティ』 と『ロマンス』 (監督: クラレンス・ブラウン) の2作の演技により、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたが受賞は逃した。

Susan Lenox  ・『スザン・レノックス』 (1931年) でMGM社の若手のホープ、クラーク・ゲーブルと共演。2人は気が合わなかったそうで唯 一の共演作となった。
 ガルボはゲーリー・クーパーのファンで、共演を望んでいたとも言われているが 実現はしなかった。
  (左の写真) 『スザン・レノックス』 クラーク・ゲーブルと

 ・実在の女スパイに扮した 『マタ・ハリ』 (1931 年) が大ヒット。ガルボの主演映画で最も収益をあげた作品。
 トーキーの時代になっても不動の人気を保った。
   (右の写真) 『マタ・ハリ』 ラモン・ノヴァロと
Mata Hari

Grand Hotel-2  ・MGM社のオールスターキャスト作品 『グランド・ホテル』 (1932年)で も主役はガルボ。彼女の台詞 「 I Want to be  alone 」 (一人になりたい ) は、AFI (アメリカ映画協会) が2005年に選定した 「アメリカ映画名セリフ・ベスト100」 の第30位にランクイン。私生活において孤独を愛したとも言われているガルボが発した台詞ならでは。 
  (左の写真) 『グランド・ホテル』 ジョン・バリモアと

 ・『クリスチナ女王』 (1933年/(監督:ルーベン・マムーリアン では、母国スウェーデンの17世紀の女王を演じた。相手役には、人気が凋落していたジョン・ギルバートを指名。
 全米でその年最大のヒット作品となったが、ギルバートの人気復活とはならず、最後の共演作となった。
  (右の写真) 『クリスチナ女王』 ジョン・ギルバートと
Queen Christina

Anna Karenina  ・『アンナ・カレニナ』 (1935年/監督:クラレ ンス・ブラウン) で、第1回ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞。
 美貌だけでなく、演技にも定評があった。
  (左の写真) 『アンナ・カレニナ』 フレドリッ ク・マーチ

 ・『椿姫』 (1936年/監督:ジョージ・キューカー で、再びニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞を受賞。
 アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされ、本命視されていたが、MGM社の大ボス、ルイス・B・メイヤーのお気に入りであったルイーゼ・ライナーが2 年連続で受賞。メイヤーはガルボを嫌っていたとも。
  (右の写真) 『椿姫』 ロバート・テイラー
Camille
 『椿姫』 は、ガルボ本人のお気に入りの作品だったと言われている。

Conquest  ・ナポレオン皇帝の愛人マリア・ヴァレフスカを演じた 『征服』 (1937年/監督:クラレンス・ブラウン) は、興行的に失敗作となった。
 合計7本で組んだクラレンス・ブラウン監督との最後の作品。
  (左の写真) 『征服』 シャルル・ボワイエ

 ・ソフィスティケイテッド・コメディの名匠エルンスト・ルビッチ監督『ニ ノチカ』 (1939年) に出演。
  クール・ビューティー、ガルボがイメージ・チェンジをしてコメディに初挑戦。
 映画の宣伝コピーは 「Garbo Laughs 」(ガルボが笑う)。
  (右の写真) 『ニノチカ』 の予告編より
Ninotchka-2
 『ニノチカ』 で3度目のアカデミー賞主演女優賞候補となったが、この年は 『風と共に去りぬ』ヴィヴィアン・リーが受賞。

Two-Faced Woman  ・コメディに再挑戦した 『奥様は顔が二つ』 (1941 年/監督:ジョージ・キューカー) に出演。
 トーキー15本目の同作を最後に引退。時にガルボ36歳。
  (左の写真) 『奥様は顔が二つ』 メルヴィン・ダグラスと

 ・その後も出演オファーは後を断たず、ガルボも乗り気であった企画もあったようだが実 現されることはなかった。

 ・1954年度のアカデミー賞で名誉賞が贈呈されたが、授賞式は欠席。

 ・私生活では、ジョン・ギルバートや、指揮者レオポルド・ストコフスキー ( 『オーケストラの少女』 等、映画にも出演) などと恋愛の噂もあったが、生涯独身を通した。
Greta Garbo-7

 ・引退後はニューヨークに住み、マスコミを遠ざけ、神秘のベールに包まれたまま、その生涯 を送った。

 ・1990年84歳で他界。
 
Youtube-Logo
 グ レタ・ガルボ トリビュート動画


 ・圧倒的な美貌から“スウェーデンの美のスフィン クス”、“神聖ガルボ帝国” などと称せられた。
 その美貌によりハリウッドのトップスターとなった最初の女優であったと言える。

 ・AFI (アメリカ映画協会)が1999年に選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第5位に選出。

Greta Garbo-2
Greta Garbo-3