20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Fredric March

フレドリック・マーチ

Fredric March

1897-1975 (アメリカ)


starbar

     代表作
 
Jekyll and Hyde
 ジキル博士とハイド氏
 Dr. Jekyll and Mr. Hyde
 (1931年/アメリカ)
Design for Liviing
 生活の設計
 Design for Living
 (1933年/アメリカ)
A_Star_is_Born-2
 スタア誕生
  A Star is Born
 (1937年/アメリカ)
The Best Years of Our Lives
 我等の生涯の最良の年
 The Best Years of Our Lives
  (1946年/アメリカ)
Death of a Salesman
 セールスマンの死
  Death of a Salesman
 (1951年/アメリカ)
The Desperate Hours
 必死の逃亡者
 The Desperate Hours
  (1955年/アメリカ)

    アカデミー賞とトニー賞の主演男優賞を各々2回受賞した唯一の名優

 ・1897年、ウィスコンシン州生れ。子供の頃から芝居が好きで、アマチュア劇団にも入っていた。
 ウィスコンシン州立大学卒業後、銀行員となったが、盲腸の手術を受けた時に銀行を辞め、本格的に俳優を目指すようになった。

 ・ライオネル・バリモア主演の 『浮世を茶にして』 (1921年) など、4本の映画にエキストラで出演したが、その後は舞台での活動に専念し、『ダミー』 (1926年) で本格的な銀幕デビューを果たした。
The_Dummy True_to_the_Navy
『ダミー』 ルース・チャタートン 『アイスクリーム艦隊』 クララ・ボウ
 ・『名門芸術』 (1930年) でアカデミー賞主演男優賞に初めてノミネートされ、『ジキル博士とハイド氏』 (1931/監督:ルーベン・マムーリアンで同賞と第1回ベネチア国際映画祭の主演男優賞を受賞。ハリウッドを代表する名優としての地位を確立した。
The_Royal_Family_of_Broadway Dr._Jekyll_and_Mr._Hyde-2.
『名門芸術』 メアリー・ブライアンと 『ジキル博士とハイド氏』

 ・アカデミー賞は、『チャンプ』 のウォーレス・ビアリーと史上初のダブル受賞だったが、得票数はマーチの方が1票多かった。
  (右の写真) アカデミー賞授賞式。フレドリック・マーチ (一番右)と
   ウォーレス・ビアリー(一番左)
Academy Awards 1932

The_Sign_of_the_Cross
The_Eagle_and_the_Hawk
『暴君ネロ』(1932年/監督:セシル・B・デミル
『鷲と鷹』 (1933年)
Design_for_Living-2 The_Barretts_of_Wimpole_Street
『生活の設計』 (1933年/監督:エルンスト・ルビッチ
ゲーリー・クーパー(左)、ミリアム・ホプキンス
『白い蘭』 (1934年)
ノーマ・シアラー
Anna_Karenina
Mary of Scotland
『アンナ・カレニナ』 (1935年/監督:クラレンス・ブラウン
『メアリー・オブ・スコットランド』 (1936年/監督:ジョン・フォード
キャサリン・ヘップバーン 

 ・『スタア誕生』 (1937年/監督:ウィリアム・A・ウェルマンで、アカデミー賞主演男優賞に3度目のノミネート。
A_Star_is_Born
I_Married_a_Witch
『スタア誕生』
ジャネット・ゲイナー

『奥様は魔女』 (1942年/監督:ルネ・クレール
ヴェロニカ・レイク

 ・『我等の生涯の最良の年』 (1948年/監督:ウィリアム・ワイラーで、2度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞。
 『セールスマンの死』 (1951年) で、5度目のアカデミー賞主演男優賞ノミネート。受賞は逃したが、ゴールデン・グローブ賞と2度目のベネチア国際映画祭主演男優賞を受賞。
The_Best_Years_of_Our_Lives-2
Death_of_a_Salesman-2
『我等の生涯の最良の年』 マーナ・ロイ
『セールスマンの死』

 ・舞台でも活躍し、「Years Ago(1946-7年) で、第1回トニー賞の主演男優賞を受賞し、 「Long Days Journey into Night(1956-58年) で、2度目のトニー賞主演男優賞を受賞。
 アカデミー賞とトニー賞の主演男優賞を各々2回受賞した俳優はフレドリック・マーチだけである。(2014年現在) 
 更に、『風の遺産』 (1960年/監督:スタンリー・クレイマーで、ベルリン国際映画祭主演男優賞を受賞。
The_Desperate_Hours-2
Inherit the Wind
『必死の逃亡者』 (1955年/監督:ウィリアム・ワイラー)
ハンフリー・ボガート(右)と

『風の遺産』
スペンサー・トレイシー(右)と


 ・『氷人来たる』 (1973年) が最後の映画となった。

 ・私生活では2度結婚をしており、1927年に再婚した女優のフローレンス・エルドリッジとは映画や舞台でも共演し、彼が亡くなるまで連れ添った。
  (右の写真) フローレンス・エルドリッジと

 ・1975年77歳で他界。
with_Florence_Eldridge

Fredric March-2
Fredric March-3

HOME