20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Spencer Tracy

スペン サー・トレイシー

Spencer Tracy

   
1900-1967(アメリカ)


starbar

     代表作
 
Captains Courageous
 我は海の子
 Captains Courageous
 (1937年/アメリカ)
Boys Town
 少年の町
 Boys town
 (1938年/アメリカ)
Father of the Bride
 花嫁の父
  Father of the Bride
 (1950年/アメリカ)
The_Old_Man_and_the_Sea-3
  老人と海
 The Old Man and
   the Sea
 
(1958年/アメリカ)
Judgement at Nuremberg
 ニュールンベルグ裁判
  Judgement at Nuremberg
 (1961年/アメリカ)
Guess Who"s Coming to Dinner
 招かれざる客
 Guess Who's Coming to
  Dinner
  (1967年/アメリカ)

    2年連続でオスカーを獲得したハリウッド黄金 期の名優

 ・1900年、ウィスコンシン州生れ。子供の頃は喧嘩っ早く、何度も放校処 分を喰らっていた。
 1917年、アメリカが第一次世界大戦に参戦すると、カトリック・イエズス会系のマーケット大学付属高校を中退して海軍に入隊したが、前線に派遣される ことなく終戦を迎えた。

 ・1921年、医師を目指してウィスコンシン州のリボン大学へ入学したが、演劇に興味を抱き、翌年、ニューヨークのアメリカン演劇アカデミーのオーディ ションを受け合格。奨学金を得て、同アカデミーで演技を学んだ。

  ・1923年、「ロボット」 という言葉を生み出したことで有名な劇 「R.U.R. 」 に台詞の無いロボット役の1人としてブロードウェイの舞台に立った後、エセル・バリモア主演の 「A Royal Fandango 」 で本格的なブロードウェイ・デビューを果たした。
 しかし、「A Royal Fandango 」 は大して評判にならず、その後、ドサ回りを余儀なくされた。
  (右の写真) 銀幕デビュー前のスペンサー・トレイシー
Spencer_Tracy-4

Louise_Treadwell
 ・1923年に女優のルイーズ・トレッドウェルと結婚。
 長男、長女を授かったが、長男のジョンは障害 (耳が聴こえない) を持っており、ルイーズは女優を辞めて育児に専念することとなった。
  (左の写真) 妻のルイーズと

 ・1926年、3年ぶりにブロードウェイの舞台に立つチャンスが到来。後に 「ブロードウェイの父」 と呼ばれたジョージ・M・コーハン製作の 「Yellow 」 である。トレーシーの演技はコーハンに激賞され、コーハン製作の 「Baby Cyclone (1927年) にも出演。トレーシーは後年、コーハンとの出会いが無ければ役者を辞めていただろうと述べている。

 ・1930年、死刑囚を演じたブロードウェイでの初主演作 「The Last Mile 」 が8ヶ月のロングランとなる大ヒット。役者として漸く大きな成功を収めた。
  * 「The Last Mile 」 … ロスでの公演ではクラーク・ゲーブルが主演。
   1932年、59年 (ミッキー・ルーニー主演) と2度映画化された。
  (右の写真) 舞台 「The Last Mile
The_Last_Mile

 ・「The Last Mile 」 を観たジョン・フォード監督に スカウトされ、同監督の 『河上の別荘』 (1930年) の主役で本格的な銀幕デビュー。
Up the River  フォード監督はアイルランド系を好んで起用したが、トレーシーも父親がアイリッシュ。
 生涯の親友となったハンフリー・ボガートも同作品で長編映画デビュー。
  (左の写真)
『河上の別荘』
   ハンフリー・ボガート(手前左)とスペンサー・トレイシー(手前右)
 ・『河上の別荘』 の前に3本の短編映画に出演している。彼自身は舞台俳優で満足していたが、家族を養うためにギャラの高い映画俳優になったという。各社のスクリーン・テス トを受けていたが、決してハンサムとは言えないマスクでもあり不合格 ばかりだったが、 『河上の別荘』 での演技が評価され、FOX社と契約を交わした。

 ・ワーナー・ブラザーズ社に貸し出されて出演した 『春なき2万年』 (1932年)や、鉄道王に扮 した 『力と栄光』 (1933年) などの演技は高い評価を得たが、スターの座を掴む程の成功では なかった。
 『青空天国』 (1933年) で共演したロレッタ・ヤングとは不倫の関係になったと言われてい る。
Me_And_My_Gal
20000_Years_in_Sing_Sing
『金髪乱れて』 (1932年/監督:ラオール・ウォルシュ
ジョーン・ベネット
『春なき2万年』 (1932年/監督:マイケル・カーティス
ベティ・デイビス
The_Power_and_the_Glory
A_Man's_Castle
『力と栄光』 (1933年)
コリーン・ムーアと
『青空天国』 (1933年/監督:フランク・ボーゼージ
ロレッタ・ヤングと

 ・FOX社の5年間で20本以上の映画に出演したが、役柄を巡って監督や会社の首脳陣と衝 突し、更には、酒に酔って警察沙汰になることもあって、同社からお払い箱にされてしまった。

 ・1935年、MGM社と契約。周囲の反対を押し切って、トラブル・メーカーであったトレーシーとの契約を決定したアービング・G・タルバーグは、「スペンサーは、MGMで最も貴重なスターの1人になるだろう 」 と語ったと伝えられている。
The_Murder_Man
Whipsaw
MGM社での最初の作品 『舗道の殺人』 (1935年)
ヴァージニア・ブルースと
『諾?否?』 (1935年/監督:サム・ウッド
マーナ・ロイ

 ・フリッツ・ラング監督の ハリウッドでの最初の作品 『激怒』 (1936年) が、トレーシーにとって初のヒット作に。
 クラーク・ゲーブルと共演した 『桑港 -サンフランシスコ (1936年) は、その年最大のヒット作品となり、トレーシーはアカデミー賞主演男優賞に初のノミーネート。映画スターとしての地位を確立した。
Fury
San Francisco
『激怒』 シルヴィア・シドニー 『桑港 -サンフランシスコ 』 クラーク・ゲーブル(左)と

 ・『我は海の子』 (1937年/監督:ヴィクター・フレミング で、アカデミー賞主演男優賞 を受賞。
Captains Courageous-2 Mannequin
『我は海の子』
フレディ-・バーソロミュー
Mannequin 』 (1937年/監督:フランク・ボーゼージ)
ジョーン・クロフォード

 ・実在の人物フラナガン神父を演じた 『少年の町』 (1938 年) で、2年連続アカデミー賞主演男優賞受賞という快挙を達成。作品は大ヒットし、続編 『感激の町』 (1941年) も製作された。
   * 女優では、ルイーゼ・ライナーが 『巨星ジーグフェルド』 (1936年)、『大地』 (1937年)で2年連続受賞している。
Test Pilot Boys_Town-2
『テスト・パイロット』 (1938年/監督:ヴィクター・フレミング)
クラーク・ゲーブル(左)、マーナ・ロイ(中央)と
『少年の町』
ミッキー・ルーニー


『少年の 町』 で獲得したオスカー像には、何故か人気コミックの主人公の名前 「ディック・トレーシー(Dick Tracy )」 が彫られているとか
 
 (右の写真) 主演女優賞を受賞したベティ・デイビスと
Spencer_Tracy_Oscar-2

 ・ ハリウッドきっての名優としての地位を確立したトレーシー。人気の方でも、ドル箱(マネー・メイキング)ス ター・ベストテンの常連となった。1938年 (5位)、39年(3位)、40年(2位)、41年(5位)、42年(10位)、44年(5位)、45年(5位)、48年(9位)、50年(9位)、51 年(10位)と合計10回ランクイン。
Boom_Town
Jekyll and Hyde
『ブーム・タウン』 (1940年) ヘディ・ラマー(左)
クラーク・ゲーブル、クローデット・コルベール(右)と
ジキル博士とハイド氏』 (1941年/監督:ヴィクター・フレミング)
イングリッド・バーグマン(左)、ラナ・ターナー(右) と

Woman_of_the_Year  ・キャサリン・ヘッ プバーンからの熱烈なオファーを受けて、 『女性No.1』 (1942年/監督:ジョージ・スティーヴンス で初共演。以後、『火の女』 (1942年)、『Without Love(1945 年)、『大草原』 (1947年)、『愛の立候補宣言』 (1948年)、『アダム氏とマダム』 (1949年)、『パットとマイク』 (1952年)、『Desk Set(1957年)、 『招かれざる客』 (1967年)の合計9作で共演。
 ハリウッド史に残る黄金コンビとなり、私生活でもパートナーとなった。
  (左の写真) キャサリン・ヘップバーンと

A_Guy_Named_Joe
Thirty_Seconds_Over_Tokyo
『ジョーという名の男 』 (1943年/監督:ヴィクター・フレミング)
アイリーン・ダン
『東京上空三十秒』 (1944年/監督:マーヴィン・ルロイ
ロバート・ウォーカー(左)、ヴァン・ジョンソン(中央)と

 ・1945年、15年ぶりにブロードウェイの舞台 「The Rugged Path 」 で主演を務めた。

 ・『花嫁の父』 (1950年・監督:ヴィンセント・ミネリが大ヒットし、12年ぶり4度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。
  翌年、続編 『可愛い配当』 が製作された。

 ・『The Actress(1953年/監督:ジョージ・キューカー で、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞。
Father_of_the_Bride-3
The_Actress
『花嫁の父』 エリザベス・テイラー The Actressジーン・シモンズ(左)、テレサ・ライト(右)と

 ・『日本人の勲章』 (1955年/監督:ジョン・スタージェス で、5度目のアカデミー賞主演男優賞候補となり、カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。同作品を最後にMGM社との契約を更新せずに独立。

 ・『老人と海』 (1958年/監督:ジョン・スタージェス) で、6度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。
Bad Day at Black Rock The_Old_Man_and_the_Sea-2
『日本人の勲章』 中央がスペンサー・トレーシー 『老人と海』

 ・『風の遺産』 (1960年/監督:スタンリー・ク レイマーで、7度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。

 ・『ニュールンベルグ裁判』 (1961年/監督:スタンリー・クレイマー) で、8度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。
 ラスト13分の演説シーンを1テイクで撮り終えたトレーシーに、撮影現場の役者やクルーから盛大な拍手が送られたという。
Inherit_the_Wind
/Judgment_at_Nuremberg-2
『風の遺産』 フレドリック・マーチ(左)と 『ニュールンベルグ裁判』 マレーネ・ディートリッヒ(右)と

 ・『おかしなおかしなおかしな世界』 (1963年/監督:スタンリー・クレイマー) の撮影後、体調が悪化してダウン。
 出演予定だった 『シャイアン』 (1964年/監督:ジョン・フォード)、『シンシナティ・キッ ド』 (1965年/監督:ノーマン・ジェイソン) は、2作ともエドワード・G・ロビンソンが代わりに出演した。 
  (右の写真) 『おかしなおかしなおかしな世界』
It's_a_Mad,_Mad,_Mad,_Mad_World

 ・トレーシは、長男の障害は自分の浮気が原因であると責任を感じており、過度の飲酒癖は、 その罪悪感から逃れる為であったとも言われている。
 キャサリン・ヘップバーンとパートナーとなってからも、障害も持つ長男を育 てている妻に負い目を感じて別れることが出来ず、キャサリンもその事を承知の上での関係だった。
 病に倒れてからは、キャサリンと妻のルイーズが交代で看病してい た。

Guess_Who's_Coming_to_Dinner
 ・1967年、奇跡的に回復したトレーシーは、キャサリン・ヘップバーンと 共に 『招かれざる客』 (監督:スタンリー・クレイマー) の撮影に臨み、撮影が終了した17日後に帰らぬ人となった。享年67歳
 最期を看取ったのはキャサリン・ヘップバーンだった。
  (左の写真) 『招かれざる客』 キャサリン・ヘップバーンと
  『招かれざる客』 は彼の死後公開され、キャサリンとのコンビの最大のヒット作品となった。
 アカデミー賞では2人揃って主演賞にノミーネート。キャサリンは史上最多(当時)となる3度目のオス カーを受賞。
 トレーシーは受賞を逃し、黄金コンビでのダブル受賞とはならなかったが、彼の主演男優賞ノミネート9回というのは、ローレンス・オリビエと並び、同賞の最多記録 (2014年現在) となっている。

Toutube
 スペンサー・トレイシー  トリビュート動画。ナレーターはバート・レイノルズ。


 ・AFI (アメリカ映画協会)が1999年に選定した 「伝 説のスター・ベスト50」 で、男優部門の第9位に選出。

Spencer Tracy-2
Spencer Tracy-3

HOME