20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Sylvia Sidney

シルヴィア・シドニー

Sylvia Sidney

 1910-1999 (アメリカ)


heartbar

   代表作

City_Streets  市街 
  City Streets
  (1931年/アメリカ)
Fury
 激怒 
  Fury
  (1936年/アメリカ)
You_Only_Live_Once  暗黒街の弾痕
  You Only Live Once
  (1937年/アメリカ)
Dead_End
 デッド・エンド
 Dead End
  (1937年/アメリカ)

    犯罪映画のヒロイン役で人気スターに

 ・1910年、ニューヨーク生れ。15歳の時に演劇学校に入り、女優となった。
 ブロードウェイの舞台に出演しているところをスカウトされ、FOX社の 『疑惑晴れて』 (1929年) の端役で銀幕デビューしたが、活動の中心は舞台であり、翌年は短編映画に1本出演しただけだった。

 ・1931年、パラマウント社と契約し、ゲーリー・クーパー主演のギャング映画 『市街』 (1931年/監督:ルーベン・マムーリアンのヒロインに抜擢され、以後、『アメリカの悲劇』 (1931年/監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ、『お蝶夫人』 (1932年) 等でヒロインを演じ、同社初のテクニカラー作品 『丘の一本松』 (1936年/監督:ヘンリー・ハザウェイ では主役を務めた。
City_Streets-2
The_Trail_of_the_Lonesome_Pine
『市街』 ゲーリー・クーパーと 『丘の一本松』
 
 ・MGM社でフリッツ・ラング監督の『激怒』 (1936年) に出演し、イギリスでアルフレッド・ヒッチコック監督の 『サボタージュ』(1936年) に出演。帰国後、ラング監督の 『暗黒街の弾痕』 (1937年)、『真人間』 (1938年)ウィリアム・ワイラー監督の 『デッド・エンド』 (1937年) と、名監督たちの犯罪映画の傑作に立て続けに出演した。
You_Only_Live_Once-2
Dead_End-2
『暗黒街の弾痕』 ヘンリー・フォンダ 『デッド・エンド』 ジョエル・マクリー

 ・1940年代は5本、50年代は3本の映画に出演しただけで、50年代以降はTVを中心に活動していたが、17年ぶりに出演した劇場用映画 『Summer Wishes, Winter Dreams (1973年) でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、TVドラマ 「An Early Frost (1985年) でゴールデン・グローブ賞の助演女優賞を受賞。更に、彼女のファンであるティム・バートン監督の大ヒット作 『ビートルジュース』 (1988年) の演技でサターン賞の助演女優賞を受賞した。
 バートン監督の 『マーズ・アタック!』 (1996年) でも元気な姿を見せていたが、同作が最後の劇場用映画となった。
Summer_Wishes,_Winter_Dreams Beetlejuice
Summer Wishes, Winter Dreams 』 ジョアン・ウッドワード(右)と 『ビートルジュース』

 ・1999年88歳で他界。

Sylvia_Sidney-2
Sylvia_Sidney-3

HOME