20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
James Cagney

ジェーム ズ・キャグニー

James Cagney

1899-1986 (アメリカ)


starbar

     代表作
 
The Public Enemy
 民衆の敵
 The Public Enemy
 (1931年/アメリカ)
G Men
 Gメン
 'G' Men
 (1935年/アメリカ)
Angels with Dirty Faces
 汚れた顔の天使
 Angels with Dirty Faces
  (1938年/アメリカ)
The_Roaring_Twenties
 彼奴は顔役だ!
 The Roaring Twenties
  (1939年/アメリカ)
Yankee Doodle Dandy
 ヤンキー・ドゥードゥル・ダ ンディ
  Yankee Doodle Dandy
 (1942年/アメリカ)
 
White_Heat
 白熱
 White Heat
 (1949年/アメリカ)

    ハリウッドの伝説のギャング・スター

 ・1899年、ニューヨーク生れ。10代の頃は野球やボクシングをしてお り、ボクシングはプロになることを勧められた程の腕前だった。1918年、コロンビア大学在学中に父親が亡くなり、家計を助けるために大学を中退。様々 な仕事を経て、ショー・ビジネスの世界へ。

 ・舞台デビューは 「Every Sailor (1919年) というコメディ・ミュージカルで、女装をしてのコーラス・ガールの役であった。
 翌20年、ミュージカル 「Pitter Patter 」 でブロードウェイ・デビュー。以後、ブロードウェイや各地のボードビルで活躍。一時期、ケーリー・ グラントとコンビを組んだこともあった。
  (右の写真) 「Every Sailor後 列一番左が女装したキャグニー 
Every Sailor

 ・出演していたブロードウェイの舞台 「Penny Arcade 」 を映画化した 『Sinner's Holiday (1930年) で銀幕デビュー。ワーナー・ブラザーズ社と7年間の契約を締結した。

The_Public_Enemy
 ・ギャングのボスを演じた 『民衆の敵』 (1931 年/監督:ウィリアム・A・ウェルマンが大ヒットし、スターの仲間入り。
 朝食の席で、情婦の顔に半切りのグレープ・フルーツを押しつけるシーンが評判に。当初はオムレツだったが、バターがべとつくためグレープ・フルーツに なったとか。
  (左の写真) 『民衆の敵』 メイ・クラークと

 ・1930年代のギャング映画ブームにおいて、最大のギャング・スターとなった。
Smart_Money Taxi!
『夜の大統領』 (1931年) エドワード・G・ロビンソン(左) と 『タクシー』 (1932年) ロレッタ・ヤング
Winner_Take_All
Jimmy_the_Gent
『拳闘のキャグネイ』 (1932年) 『偽物紳士』 (1934年) ベティ・デイビス
'G'_Men
A_Midsummer_Night's_Dream
『Gメン』 (1935年)
『真夏の夜の夢』 (1935年) ジョー・E・ブラウン(右)と

 ・1935年、ワーナー・ブラザーズ社と待遇面で対立し、独立。弟と映画製作会社を設立し たが失敗した。
 ワーナー社に復帰して出演した 『汚れた顔の天使』 (1938年/監督:マイケル・カーティス が大ヒット。アカデミー賞主演男優賞にノミネートもされた。オスカーは逃したが、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演男優賞を受賞した。
  (右の写真) 『汚れた顔の天使』 ハンフ リー・ボガート(左)と
Angels_with_Dirty_Faces-2

The_Oklahoma_Kid
The_Roaning_Twenties-2
『オクラホマ・キッド』 (1939年)
ハンフリー・ボガート(左)と

『彼奴は顔役だ!』 (1939年/監督:ラオール・ウォルシュ
ハンフリー・ボガート(右)と


The_Strawberry_Blonde-2
 ・1939年には、ゲーリー・ クーパーに次ぐ高額所得俳優となった。
 ドル箱 (マネー・メイキング) スター・トップテンには、1935年に第10位でランクインし、39年に第9位で再びランクイン。以後、40年(第6位)、41年(第9位)、42年(第 6位)、43年(第8位) と、5年連続でトップテン入りした。
 (左の写真) 『いちごブロンド』 (1941年/監督:ラオール・ウォルシュ)
  オリヴィア・デ・ハヴィランド(前)、リタ・ヘイワース(後)と

 ・「ブロードウェイの父」 と呼ばれた俳優・作曲家兼興行師ジョージ・M・コーハンの伝記映画 『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』 (1942年/監督:マイケル・カーティス)に出演。自ら会社を説得して得た役で、見事な歌とダンスも披露。
 映画は大ヒットし、キャグニーはアカデミー賞主演男優賞を受賞した。
  (右の写真) 『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』 ジョーン・レスリー
Yankee_Doodle_Dandy-3.

Cagney and Cooper  ・アカデミー賞授賞式では、「この業界で優れているかどうかは、仲間たちが決めるも のだ、と思っていた。とても嬉しい 」 とスピーチ。キャグニー自身、この作品が一番のお気に入りであったという。
  (左の写真) アカデミー賞授賞式で、プレゼンター(前年度受賞者) の
   ゲーリー・クーパー(右) と

 ・同作で妹役を演じたのは実の妹ジ−ン・キャグニー。4作で共演をしたが、この作品が初 共演。
 また、映画製作者であった弟のウィリアムも、同作の製作補として名を連ねた。
  (右の写真) 『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』 妹のジーンと
Jeanne&James

  ・『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』 出演後、再び独立したが、またも成功を収めることは出来なかった。
 第二次世界大戦中は兵士慰問活動にも力を入れ、1942年から2年間、全米映画俳優組合の代表を務めた。

White_Heat-2  ・ワーナー社に再復帰して、久々のギャング映画 『白熱』 (1949年/監督:ラオール・ウォルシュ) で、自ら考案したというマザコンの性格異常者を快演。
 ラストの 「やったぜママ!世界一だ!-  Made it, Ma ! Top of the World ! 」 は、AFI (アメリカ映画協会) が2005年に選定した 「アメリカ映画名セリフ・ベスト100」 の第18位にランクインした。
   (左の写真) 『白熱』 のラスト・シーン

 ・実在の歌手ルース・エッティングの伝記映画 『情欲の悪魔』 (1955年) で、彼女を支えたギャングのボスを演じて、3度目のアカデミー賞主演男優賞候補に。 (右の写真) 『情欲の悪魔』 ドリス・デイと 

 ・その後、『ミスタア・ロバーツ』 (1955年)、サイレ ント期の怪奇スター、ロン・チェイニーの伝記映画 『千の顔を持つ男』 (1957年) 等に出演。
Love_Me_or_Leave_Me

Mister_Roberts-2
Man_of_a_Thousand_Faces
『ミスタア・ロバーツ』 ヘンリー・フォンダ(右)と
『千の顔を持つ男』  ジェーン・グリアと

One,_Two,_Three
 ・『地獄への近道』 (1957年)で は最初で最後の監督業に挑戦し、『ワン、ツー、スリー』 (1961年/監督:ビリー・ワイルダーへの出演を最後に引退を宣言した。
  (左の写真) 『ワン、ツー、スリー』
 
  ・引退後も度重なる出演オファーがあったが、『アリゾナの勇者』 (1967年) でナレーターを務めた以外は全て断っている。その中には、『マイ・フェア・レディ』 (1964年) の主人公の父親役、『ゴッド・ファーザーPRAT U』 (1974年)、『ハリーとトント』 (1974年) のハリー役などもあった。

 ・1974年、AFI (アメリカ映画 協会)の生涯功労賞を受賞。
 ジョン・フォード監督に次いで2人目、俳優では最初の受賞者であった。
  (右の写真) AFI の授賞式で。ホスト役のフランク・シナトラ(右)と
Cagney_Sinatra

Ragtime-2.
 ・『ラグタイム』 (1981年/監督:ミロス・フォアマン) で20年ぶりに銀幕に復帰。
 数年前に軽度の脳卒中を患っていたが、医師にも勧められての出演であった。
 『汚れた顔の天使』 の神父役など、キャグニーと多くの作品で共演した親友のパット・オブライエンも出演。2人にとって最後の劇場用映画となった。
  (左の写真) 『ラグタイム』 撮影時 パット・オブライエン (右)と

 ・・TVドラマ 「Terrible Joe Moran (1984年) が遺作となった。
 キャグニーが辞退した 『ハリーとトント』 のハリー役でオスカーを受賞したアート・カーニーと共演した。
  (右の写真) 「Terrble Joe Moran 」 アート・カーニー(後)と

 
・1984年、レーガン大統領より大統領自由勲章 を授けられた。
Terrible_Joe_Moran-2

  1986年86 歳で他界。

Youtube
  ジェームズ・キャグニー  トリビュート動画


 ・AFI (アメリカ映画協会)が1999年に選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、男優部門の第8位に選出。

James Cagney-2
James Cagney-3

HOME