20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Frankenstein

     フランケンシュタイン
     Frankenstein
     監督:ジュームズ・ホエール
     (1931年/アメリカ)
filmbar

 
 怪奇映画 の大ヒット作品

 一人の男が観客に語りかける。
  「自らの手で人間を創造しようとした、神を忘れた科学者フランケンシュタイン。… どうか心臓の弱い方はご退場を 」。
Frankenstein-1

Frankenstein-2  科学者のヘンリー・フランケンシュタインと 助手のせむし男フリッツは、墓地に忍び込み、埋葬されたばかりの新鮮な死体を盗み出した。
 次に、新鮮な脳を入手するため医科大学に忍び込んだフリッツは、正常者の脳の標本を床に落としてしまい、その代わりに犯罪者の脳の標本を持ち去った…。  

  

  主な出演者など

Colin Clive
ヘ ンリー・フランケンシュタイン役
コリン・クライヴ
Colin Clive
Boris Karloff
モンスター役 
ボリス・カーロフ
Boris Karloff
Mae Clarke
 エリザベス役
メイ・クラーク
Mae Clarke



 ・『魔人ドラキュラ』 (1931年) を大ヒットさせたユニヴァーサル社が、怪奇映画の第2弾として製作。
 ドラキュラを演じたベラ・ルゴシは、モンスター役をオファーされたが辞退。
 映画はドラキュラを上回る大ヒットとなり、ルゴシはボリス・カーロフに対してライバル心を抱くこととなったと言われている。
   (右の写真) 『魔人ドラキュラ』 のベラ・ルゴシ
Bela_Lugosi-2

Frankenstein-18
 ・ドラキュラと並び、怪奇映画の2大ヒーローとなったフランケンシュタインのモンスター。 ちなみに、 フランケンシュタインはモンスターの名前ではなく、生みの親の科学者の名前。
  (左の写真) 『フランケンシュタイン』 のボリス・カーロフ

  ピック・アップ … ボリス・カーロフ

Boris Karloff
 Boris Karloff   1887-1969  (イギリス)

 ・1919年に映画界入り。『フランケンシュタイン』 (1931年) により、世界的な名声を得る ま でに、約70本もの映画に端役・脇役として出演。

 ・『フランケンシュタインの花嫁』 (1935年)、『フランケンシュタインの復活』 (1939年)でも、モンスターを演じた。

 ・演技力には定評があり、ブロードウェイの舞台で も活躍。ブラック・コメディ 「毒薬と老嬢」 (1941年〜) は、3年以上のロングランとなり、 カーロフの代表作となった。
  * 映画 『毒薬と老嬢』 (1944年/監督:フラン ク・キャプラ)では、レイモンド・マッセーが演じた役柄。 
Boris Karloff-3
Arsenic_and_Old_Lace.
『フ ランケンシュタイン』 のメイク中
舞 台 「毒薬と老嬢」
Unconquered
The_Secret_Life_of_Walter_Mitty
『征服されざる人々』 (1947年) ゲーリー・クーパー(左)と
『虹を掴む男』 (1947年) ダニー・ケイ(手前)と
 ・晩年まで怪奇映画の大スターとして活躍した。

 ・1969年81歳で他界。

HOME