20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Frank_Sinatra

フランク・シナトラ

Frank Sinatra

 
1915-1998 (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Anchors_Aweigh
 錨を上げて
 Anchors Aweigh
 (1945年/アメリカ)
On_the_Town
 踊る大紐育
 On the Town
   (1949年/アメリカ)
From_Here_to_Eternity
 地上より永遠に
 From Here to Eternity
 (1953年/アメリカ)
The_Man_with_the_Golden_Arm
 黄金の腕
  The Man with the Golden Arm
 (1955年/アメリカ)
Ocean's_Eleven
 オーシャンと十一人の仲間
 Ocean's Eleven
 (1960年/アメリカ)
The_Manchurian_Candidate
 影なき狙撃者
  The Manchurian Candidate
 (1962年/アメリカ)
 

     俳優としても活躍した超大物歌手

 ・1915年、ニュージャージー州生れ。両親ともイタリアからの移民。
 20歳の時に、地元のボーカル・カルテット 「ホーボーケン・フォー」 の一員としてデビュー。その後、当時人気のビッグ・バンド 「ハリー・ジェイムズ楽団」 (1939年〜)、「トミー・ドーシー楽団」 (1940年〜) の一員としてキャリアを積み、1942年にソロ・デビューした時には、全米でトップ・クラスの人気歌手となっていた。 (右の写真) 「ホーボーケン・フォー」 時代のシナトラ (後)
Hoboken_Four

Step_Lively
 ・「トミー・ドーシー楽団として映画に出演したことがあったが、ソロ歌手となってから、本格的に映画界にも進出した。
 ‟シナトラマニア” と呼ばれた熱狂的な若い女性ファンたちを持つ彼の人気に目をつけたRKO社で、『どんどん高く』 (1943年)、『芸人ホテル』 (1944年) に出演したが、演技がぎこちなく、批評家から酷評された。
  (左の写真) 『芸人ホテル』 アン・ジェフリーズと

 ・MGM社で、売り出し中のジーン・ケリーと共演した 『錨を上げて』 (1945年) が大ヒット。シナトラの出演作で初めて成功した作品で、同作の姉妹的な作品 『踊る大紐育』 (1949年) も大ヒットした。
 しかし、シナトラの人気は、1940年代後半から、下降の一途を辿っていた。
 (右の写真) 『錨を上げて』 ジーン・ケリー (左) と
Anchors_Aweigh

Ava_Gardner
 ・私生活では、1939年に結婚して、3人の子供を授かっていたが、51年に離婚。同年、女優のエヴァ・ガードナーと再婚 したが、彼の浮気癖がたたって、57年に離婚した。
 (左の写真) エヴァ・ガードナーと

 ・落ち目となっていたシナトラは、乾坤一擲、非ミュージカル作品 『地上より永遠に』 (1953年/監督:フレッド・ジンネマンで、助演クラスながらも、観客に訴える役どころに挑んだ。前年、主役を務めたミュージカル映画 『ダニー・ウィルソンに会ってくれ』 (1952年) の出演料は25,000ドルだったが、『地上より永遠に』 には、8,000ドルで出演した。
  (右の写真) 『地上より永遠に』 モンゴメリー・クリフト(左) と
From_Here_to_Eternity-2

 ・『地上より永遠に』 で、アカデミー賞助演男優賞を受賞。
Sinatra_Oscar
 シナトラがこの役を得るためにマフィアの手を借りたという話は、後に、『ゴッドファーザー』 (1972年/監督:フランシス・フォード・コッポラ) で描かれ、彼のキャリアを語る上で欠かせないエピソードとなった。
 シナトラは、当時のマフィアの資金源のひとつだった 「カジノの都」 ラスベガスでのショーにも度々出演するなど、マフィアとは蜜月関係にあったが、業界内では公然の秘密であり、世間一般にはあまり知られていなかった。
  (左の写真) 助演女優賞を受賞したドナ・リード

 ・『地上より永遠に』 への出演が起死回生となったシナトラは、数々のヒット曲を飛ばし、アメリカを代表する歌手の一人となった。
 麻薬中毒に苦しむ賭博トランプの天才ディーラーを演じた 『黄金の腕』 (1955年/監督:オットー・プレミンジャー で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、俳優としての活躍も続いた。
 (右の写真) 『黄金の腕』 キム・ノヴァク
The_Man_with_the_Golden_Arm-2

Guys_and_Dolls
High_Society
『野郎どもと女たち』 (1955年/監督:ジョゼフ・L・マンキーウィッツ
左から、マーロン・ブランドジーン・シモンズ
シナトラ、ヴィヴィアン・ブレイン
『上流社会』 (1956年)
ビング・クロスビー(左)、グレース・ケリー


 ・『夜の豹』 (1957年) で、ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) を受賞。『抱擁』 (1957年) でシナトラが歌った 「オール・ザ・ウェイ 」、『波も涙も暖かい』 (1959年/監督:フランク・キャプラ で、同じくシナトラが歌った 「ハイ・ホープス」 は、アカデミー賞歌曲賞を受賞した (受賞対象者は作詞家、作曲家)
Pal_Joey
The_Joker_Is_Wild
『夜の豹』 キム・ノヴァク(左)、リタ・ヘイワース(右)と
『抱擁』 ミッチー・ゲイナーと

Rat_Pack  「シナトラ一家」 = 「Rat Pack 」 
 
・大ヒットした
『オーシャンと十一人の仲間』 (1960年/監督:ルイス・マイルストーンや、『荒野の3軍曹』 (1962年) に揃って出演した5人、シナトラ、ディーン・マーティン、ピーター・ローフォード、ジョーイ・ビショップ、サミー・デイヴィス・Jr.(左の写真:左から時計回りに) は、日本では 「シナトラ一家」、本国アメリカでは 「Rat Pack 」 と呼ばれた。
 元々は、ハンフリー・ボガートを中心とした遊び仲間だった。ある日、彼等がラスベガスで遊び呆けて帰宅した際、ローレン・バコールが 「You Look Like a Goddamn Rat Pack 」 = 「あなたたちは忌々しいネズミの群れのようだ 」 と言ったのが、Rat Pack の呼称の始まりだとされている。
 ボギーが亡くなった (1957年) 後、シナトラとバコールの交際が報じられたこともあった。 (右の写真) ハンフリー・ボガート(左)、ローレン・バコールの夫妻と
Frank_Sinatra-4

The_Manchurian_Candidate-2
 ・歌手としては、1961年に自身のレーベル 「リプリーズ・レコード」 を設立し、俳優としても数多くの映画に出演。
 第35回(1962年度)アカデミー賞授賞式では司会を務め、日米合作の 『勇者のみ』 (1965年) では監督も務めた。
 (左の写真) 『影なき狙撃者』(1962年) ローレンス・ハーヴェイ(右)と

 ・1966年、29歳年下の女優のミア・ファローと再婚。
 前妻のエヴァ・ガードナーは、「女に飽きて、少年と結婚をするのよ 」 と皮肉った。
 2年後に離婚し、シナトラは1976年に4度目の結婚をした。 (右の写真) ミア・ファローと
Mia_Farrow

 ・1971年、引退を発表。アカデミー賞のジーン・ハーショルト友愛賞、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞を受賞。

 ・1973年に復帰。「ショー・ビジネス界のボス」 として活躍したが、映画出演は僅かであり、『キャノンボール2』 (1983年) にカメオ出演したのが最後となった。
 (右の写真) 『キャノンボール2』 出演時。左から、バート・レイノルズ、ディーン・マーティン、シャーリー・マクレーン、サミー・デイヴィス・Jr.、シナトラ
The_Cannonbal_Run_II

 ・1959年に始まったグラミー賞では、30回以上ノミネートされ、13回受賞 (非コンペ部門を含む)した。日本で最も有名な 「マイ・ウェイ」 は、最優秀コンテンポラリー・ヴォーカル・パフォーマンス賞 (1970年) にノミネートされたが、受賞は逃した。
             フランク・シナトラが受賞した主なグラミー賞
1960年 最優秀アルバム賞  『Come Dance with Me
1966年 最優秀アルバム賞  『September of My Years

生涯功労賞  * ビング・クロスビーに次いで2人目
1967年 最優秀アルバム賞  『A Man and His Music

最優秀レコード賞  「夜のストレンジャー」
1979年 理事会賞
1995年 グラミー殿堂賞

 ・1985年、大統領自由勲章、1997年、合衆国議会名誉黄金勲章を授かる。

 ・1998年82歳で他界。

Frank_Sinatra-6  ・ 「シナトラ一家」 のピーター・ローフォードが、ジョン・F・ケネディの義理の弟だったこともあり、1960年の大統領選では、マフィアとのコネも活用し、大々的に選挙協 力。ケネディ大統領誕生に多大な貢献をした。また、ケネディにマリリン・モンローを紹介したのもシナトラであったという。
 * ピーター・ローフォード … 『イースター・パレード』 (1948年)、『若草物語』 (1949年) 等
 に出演。
 (左の写真) ジョン・F・ケネディ(右)とシナトラ
 ケネディ政権下で司法長官に就任した弟のロバート・ケネディ等が、マフィアとの関係を懸念し、シナトラとの交友関係も断ち切られた。
 シナトラは、マフィアの大幹部たちが一堂に会した 「ハバナ会議」 (19t46年/議長:ラッキー・ルチアーノ) に出席していたことも確認されており、FBI によるシナトラの調査資料は2,400ページにものぼる。
 (右の写真) ロナルド・レーガン大統領(左)より自由勲章を授かるシナトラ
Frank_Sinatra-7

 ・マーティン・スコセッシ監督が、シナトラの生涯を映画化しようと試みたが、遺族の同意が得られず断念したという。スコセッシ監督曰く、「シナトラという人物は複雑すぎる…」。

Frank_Sinatra-2
Frank_Sinatra-3

HOME