20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Kim_Novak

キム・ノヴァク

Kim Novak

 1933-     (アメリカ)

 

heartbar

   代表作

Picnic
 ピクニック
 Picnic
 (1955年/アメリカ)
The_Man_with_the_Golden_Arm
 黄金の腕
  The Man with the Golden Arm
 (1955年/アメリカ)
The_Eddy_Duchin_Story
 愛情物語
  The Eddy Duchin Story
 (1956年/アメリカ)
Vertigo
 めまい
 Vertigo
  (1958年/アメリカ)

    妖艶な美貌で人気を博す

 ・1933年、イリノイ州シカゴ生れ。本名は Marilyn Pauline Novak 。両親はチェコからの移民。
 シカゴ美術館附属美術大学在学中の夏休みに冷蔵庫会社のモデルとして各地を回っている時にスカウトされ、RKO社の 『四十人の女盗賊』 (1955年)、ジェーン・ラッセル主演の 『フランス航路』 (1954年) にエキストラとして出演。
 その後、コロンビア社にスカウトされ、同社と専属契約を交わした。

 ・当時のコロンビア社には自社の人気スターはリタ・ヘイワースしかおらず、キム・ノヴァクの芸名を授かった彼女は、演技の経験がないにもかかわらず、フィルム・ノワール作品 『殺人者はバッジをつけていた』 (1954年) のヒロインに抜擢され、売り出された。
 (右の写真) 『殺人者はバッジをつけていた』 フレッド・マクマレー
Pushover

Phffft
 ・2作目は、ジュディ・ホリデイ、ジャック・レモンと共演したロマンチック・コメディ作 『Phffft (1954年)。同作の演技でゴールデン・グローブ賞の新人女優賞を受賞した。
 * 新人賞 … 『ハリーの災難』 のシャーリー・マクレーンも同時に受賞。同賞は1983年を
   最後に廃止された。
 (左の写真) 『Phffft 』  ジャック・レモンと

 ・1955年、『ピクニック』、『黄金の腕』 (監督:オットー・プレミンジャーの2作が大ヒットし、世界的な人気スターに。
Picnic-2
The_Man_with_the_Golden_Arm
『ピクニック』 ウィリアム・ホールデン
『黄金の腕』  フランク・シナトラ

 ・『愛情物語』 (1956年)、『夜の豹』 (1957年) もヒット。パラマウント社に貸し出されて出演した 『めまい』 (1958年/監督:アルフレッド・ヒッチコックは一番の代表作となった。
The_Eddy_Duchin_Story-2
Pal_Joey
『愛情物語』 タイロン・パワー
『夜の豹』 フランク・シナトラ、リタ・ヘイワース(右)と
Vertigo-2
Bell_Book_and_Candle
『めまい』 ジェームズ・ステュアート
『媚薬』 ジェームズ・ステュアートと

 ・『悪名高き女』 (1962年) を最後にコロンビア社との契約を終了。その後、『ねえ!キスしてよ』 (1964年/監督:ビリー・ワイルダー 等に出演した。
Strangers_When_We_Meet
Kiss_Me,_Stupid
『逢う時はいつも他人』 (1960年) カーク・ダグラス
『ねえ!キスしてよ』 ディーン・マーティン

 ・『殺人者はバッジをつけていた』、『媚薬』、『逢う時はいつも他人』、『悪名高き女』 で組んだリチャード・クワイン監督と婚約したが、結婚せずに婚約を解消。
 (右の写真) 『悪名高き女』 撮影時。
  ジャック・レモン(左)、リチャード・クワイン監督と

Richard_Quine
The_Amorous_Adventures_of_Moll_Flanders
 ・『モール・フランダースの愛の冒険』 (1965年) で共演したリチャード・ジョンソンと結婚したが、翌66年に離婚。
 (左の写真) 『モール・フランダースの愛の冒険』
  リチャード・ジョンソンと

 ・1976年、獣医師と結婚。彼女の愛馬が病気になった時に診察したのがきっかけだった。
 (右の写真) 夫のロバート・マロイと。
  2014年のアカデミー賞授賞式会場にて。

Robert_Malloy

The_Mirror_Crack'd
 ・1991年、女優業からの引退を発表。

 ・1997年、ベルリン国際映画祭の名誉金熊賞を受賞。

  (左の写真) 『クリスタル殺人事件』 (1980年) エリザベス・テイラー(右)と


Kim_Novak-2
Kim_Novak-3

HOME