20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Otto_Preminger

オットー・プレミンジャー

Otto Preminger

1905-1986 (オーストリア)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Laura
 ローラ殺人事件
  Laura
 (1944年/アメリカ)
The_Moon_Is_Blue
 月蒼くして
 The Moon Is Blue
 (1953年/アメリカ)
The_Man_with_the_Golden_Arm
 黄金の腕
  The Man with the Golden Arm
 (1955年/アメリカ)
Bonjour_tristesse
 悲しみよこんにちは
 Bonjour Tristesse
 (1958年/米・英)

Anatomy_of_a_Murder
 或る殺人
 Anatomy off a Murder
 (1959年/アメリカ)
Exodus  栄光への脱出
  Exodus
   (1960年/アメリカ)
   
     ◆
 多様なジャンルで意欲的な作品を撮る

 ・1905年、オーストリア=ハンガリー帝国生れ。両親ともユダヤ人。弟は 『MASH マッシュ』 (1970年) の製作者インゴ・プレミンジャー。

 ・舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、その後、舞台監督として活躍していたところ、20世紀FOX社にスカウトされハリウッドへ。ところが、3作目の 『Kidnapped (1938年) の撮影中、ダリル・F・ザナックと喧嘩し、社から追放されてしまった。

 ・約5年間、ブロードウェイで活動していたが、彼が舞台監督を務めた 「Margin for Error 」 が20世紀FOX社で映画化 (1943年) されることになり、監督兼主要キャストの1人として同社に復帰。この時期、ダリル・F・ザナックは軍務に就いていて不在だった。
 (右の写真) 『Margin for Errorジョーン・ベネット
  プレミンジャーはナチスの高官でもあるドイツ総領事に扮した。

Margin_for_Error

 ・復帰後の3作目、『ローラ殺人事件』 (1944年) の製作準備中にダリル・F・ザナックが社に復帰。監督はルーベン・マムーリアンに交代させられてしまった。
Laura
 しかし、撮影が始まって2週間後、ラッシュを観て不満を抱いたザナックに、製作者として携わっていたプレミンジャーが自説をアピールして監督に就任。
 作品は大ヒットし、プレミンジャーはアカデミー賞監督賞にノミネートもされ、出世作となった。
 (左の写真) 『ローラ殺人事件』 撮影時。左から、プレミンジャー監督、
  ダナ・アンドリュース、クリフトン・ウェッブ


 ・20世紀社FOX社在籍中、リンダ・ダーネル主演の大ヒット作 『永遠のアンバー』 (1947年) 等を監督した。

 ・フリーとなってから、ブロードウェイで演出したロマンチック・コメディ劇 「The Monn Is Blue 」 が大ヒット。同作を自ら製作・監督した映画 『月蒼くして』 (1953年) が、映倫規定に抵触すると判断されると、映倫マークなしで公開する手段に打って出て、大ヒットさせた。(詳細はこちら
 (右の写真) 『月蒼くして』 撮影時。ウィリアム・ホールデン(右)と
The_Moon_Is_Blue-2

River_of_No_Return
 (左の写真) 『帰らざる河』 (1954年) 撮影時。
  マリリン・モンロー(左)、ロバート・ミッチャム(右)と


 ・『黄金の腕』 (1955年) は、麻薬中毒を題材とした最初の映画。『月蒼くして』 の騒動がきっかけとなり、映倫規定が緩和されたことにより、映画化が実現した。また、タイトル・デザインを手掛けたソール・バスの出世作にもなった。
 (右の写真) 『黄金の腕』 撮影時。フランク・シナトラ(左)と
The_Man_with_the_Golden_Arm

The_Court-Martial_of_Bill_Mitchell
 (左の写真) 『軍法会議』 (1955年) 撮影時。
  ゲーリー・クーパー(右)と


 ・『聖女ジャンヌ・ダーク』 (1957年/英・米) では、映画初出演のジーン・セバーグをヒロインに抜擢。次作の 『悲しみよこんにちは』 (1957年/英・米) でもヒロインに起用し、人気スターに育て上げた。
 (右の写真) 『悲しみよこんにちは』 撮影時。ジーン・セバーグと
Bonjour_Tristesse

Anatomy_of_a_Murder
 ・オール黒人キャストのミュージカル 『ポギーとベス』 (1959年 … 本作も解任されたルーベン・マムーリアンの後任として監督) を撮った後、レイプ事件を題材とした法廷劇 『或る殺人』 (1959年) を監督。
 (左の写真) 『或る殺人』 撮影時。ジェームズ・ステュアート (手前) と
  中列中央がプレミンジャー監督


 ・ユダヤ人国家イスラエルの建国を描いた 『栄光への脱出』 (1960年) では、‟赤狩り” によりハリウッドから追放されていた脚本家ダルトン・トランボを本名で起用。作品は大ヒットした。
 (右の写真) 『栄光への脱出』 撮影時。
  エヴァ・マリー・セイントポール・ニューマン(右)と

Exodus-2

In_Harm's_Way
 ・その後、政界の裏側をオールスター・キャストで描いた 『野望の系列』 (1962年)、カトリック神父の苦悩を描いた 『枢機卿』 (1963年)、オールスター・キャストの戦争映画 『危険な道』 (1965年) 等、多様なジャンルで意欲的な作品を撮り、『枢機卿』 では2度目のアカデミー賞監督賞候補にもなった。
 (左の写真) 『危険な道』 撮影時。ジョン・ウェイン(右)と

 ・『栄光への脱出』 のヒットを最後に興行的には苦戦を強いられたが、最後の作品 『ヒューマン・ファクター』 (1979年) まで映画を撮り続けた。
 (右の写真) 『ローズバッド』 (1975年) 撮影時。ピーター・オトゥール(右)と
Rosebud

Stalag_17
 ・前述の通り、『Margin for Error (1943年) では主要キャストを演じたが、その後も自作にエキストラとして出演した他、『第十七捕虜収容所』 (1953年/監督:ビリー・ワイルダーでは、ナチス・ドイツ軍の捕虜収容所長を演じた。
 
(左の写真) 『第十七捕虜収容所』 ウィリアム・ホールデン(左) と

 ・著名なストリッパー、ジプシー・ローズ・リーが愛人だった時期があり、プレミンジャーの子供を産んでいる。

 ・1986年79歳で他界。

 ・2008年、AFI (アメリカ映画協会) が選定した 「ジャンル別ベスト10・ミステリー映画」 で、『ローラ殺人事件』 が第4位にランクイン。

HOME