20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Stalag_17

     第十七捕虜収容所
     Stalag 17
     監督:ビリー・ワイルダー
     (1953年/アメリカ)
filmbar

 
 ウィリア ム・ホールデンがアカデミー賞を受賞

 1944年12月。ドイツ軍の第17捕虜収容所。アメリカ空軍の軍曹ばかりが収容されてい る第4兵舎から2人の捕虜が脱走した。同じ兵舎の仲間たちが成功を信じている中、ただ1人セフトン軍曹だ けが失敗すると言い出し、賭けになった。ほどなくすると銃声が聞こえてきた。
Stalag_17-1
Stalag_17-2
 翌朝。兵舎の前に銃殺された2人の死体が放置されていた。
 「兵舎の中に情報を漏らしたスパイがいるのでは? 」 。脱走が失敗することを予見していたセフトンが疑われ始めた。
 ネズミの賭けレース、密造酒の製造・販売、望遠鏡による覗き (近くにロシア人女性の収容所がある) 等々。セフトンは色々な商売をして稼いでいた。抜け目のない彼は、儲けの1 割をドイツ兵に渡し、商売を黙認させてもいた。 Stalag_17-3
Stalag_17-4
 もうすぐクリスマスというある日、将校のダン バー中尉が仮収容されて来た。彼は捕虜となる前にドイツの軍用列車を爆破しており、皆から歓迎された。しかし、将校試験に落第したことのあ るセフトンは、ダンバーに何かと言いがかりをつけた。

  

youtube
 『第十七捕虜収容所』 予告編



  主な出演者など

Stalag_17-10
 ・セフトン軍曹役 … ウィリアム・ホールデン 
 ・ダンバー中尉役 … ドン・テイラー
 ・シュルバッハ収容所所長役 … オットー・プレミンジャー
 ・シュルツ軍曹役 … シグ・ルーマン

 ・ブロードウェイで1年以上 (1951年5月〜52年6月)のロングラン公演となった舞台劇の映画化作品。原作者の1人が捕虜の役として出演している。
 … 妻から 「ある日、私そっくりの赤ん坊が家の前に捨てられていた 」 という不倫をした事が明かな手紙を受け取りながらも 「信じるよ」 と呟く捕虜の役
 (右の写真) 撮影時。ロバート・ストラウス(左) とビ リー・ワイルダー監督
Stalag_17-11

Stalag_17-12
 ・ストーリーとほぼ同じ時系列で撮影され、出演者たちは、誰が本当のスパイかを知らされず に撮影に臨んでいたという。コメディでもあり、サスペンスとしても一級品である理由は、こうした撮影方法にもあるのかも知れない。
 (左の写真) 左から、ウィリアム・ホールデン、ジル・ストラットン・Jr. (クッキー役)、
  ピーター・グレイブス (プライス役)


 ・セフトン役には、チャールトン・ヘストン、カーク・ダグラスの名前が挙がっていた。
 コメディ色を出すため、道化役として奮闘した2人、ベティ・グレイブルの大ファンで あるアニマル役のロバート・ストラウスと、その相棒ハリー役のハーヴェイ・レンベックは、ブロードウェイでも同じ役で出演していた。
 (右の写真) 左から、ロバート・ストラウス、ウィリアム・ホールデン、ハーヴェイ・レンベック
Stalag_17-13

Stalag_17-14
 ・映画監督としてのキャリアにほぼ専念していたオットー・プレミンジャーの収容所所長役、 ワイルダー監督の師匠エルンスト・ルビッチ監督の 『生きるべきか死ぬべきか』 (1942 年) でもナチス・ドイツの大佐役を演じたシグ・ルーマンの軍曹役など、映画ファンならニヤリとしてしまうキャスティングもビリー・ワイルダー監督ならでは。
 (左の写真) シグ・ルーマン(左) と ウィリアム・ホールデン

 ・アカデミー賞の監督賞、主演男優賞、助演男優賞 (ロバート・ストラウス) の3部門でノミネートされ、ウィリアム・ホールデンが主演男優賞を受賞。
 ホールデンは、この年の同賞は、『地上より永遠に』バート・ランカスターか、モンゴメリー・クリフトが相応しと思っており、自分が受賞したのは 『サンセット大通り』 (1950年) で受賞を逃したことの埋め合わせでもあると 思っていたという。尚、その1950年度の受賞者ホセ・フェラー (『シラノ・ド・ベルジュラック』 )ブロードウェイ劇 「第十七捕虜収容所」 の演出を務めている。
  (右の写真) ウィリアム・ホールデン
/Stalag_17-15

Stalag_17-16

< 主題曲 : 「ジョニーが凱旋する時」 >

  ピック・アップ … ドン・テイラー

Don_Taylor  Don Taylor  1920-1998  (アメリカ)

 ・1920年、ペンシルベニア州生れ。ペンシルベニア州立大学で演劇を学び、1942年にMGM社と契約。端役で数本に出演した後、陸軍 航空隊に入隊し、軍務に就いた。

 ・戦後、『裸の町』 (1948年) で注目を集め、『花嫁の父』 (1950年)、山口淑子のハリウッド・デビュー作 『東は東』 (1951年) 等に出演した。

Father_of_the_Bride
Japanese_War_Bride
『花嫁の父』 (1950年) エリザベス・テイラー
『東は東』 (1951年) 山口淑子と
Stalag_17-17
I'll_Cry_Tomorrow
『第十七捕虜収容所』 ウィリアム・ホールデン(右)と
『明日泣く』 (1955年) スーザン・ヘイワード
 ・1950年代後半からは監督に転身。『新・猿の惑星』 (1971年)バート・ランカスター主演の 『ドクター・モローの島』 (1977年)、ウィリアム・ホールデン主演の 『オーメン2/ダミアン』 (1978年)カーク・ダグラス主演の 『ファイナル・カウントダウン』 (1980年) 等を撮った。
 
HOME