20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
From_Here_to_Eternity

     地上より永遠に
     From Here to Eternity
     監督:フレッド・ジンネマン
     (1953年/アメリカ)
filmbar

 
 軍隊の腐 敗した一面を描いたアカデミー賞受賞作品

 1941年、ハワイのスコフィールド米軍基地。前の部隊で首席ラッパ手だったプルーイットが、伍長から上等兵に格下げされて転属して来た。優秀なボクサーでもあった彼は、中隊長のホームズ大尉から、ボクシング部に入れば下士官 (伍長以上)に昇進させると誘われた。しかし、練習相手を失明させてから、ボクシングをやらないと誓っていたプ ルーイットは誘いを断り、大尉の機嫌を損ねてしまった。見かねたウォーデン曹長がプルーイット を説得したが、彼は意見を曲げなかった。
From_Here_to_Eternity-1 From_Here_to_Eternity-2
 ホームズ大尉夫人のカレンは評 判の美人だが、夫婦の関係は冷えきっていた。
From_Here_to_Eternity-3 From_Here_to_Eternity-4
 中隊のボクシング部は、ミドル級のプルーイットが加われば優勝を狙えるチームだった。優勝 すれば、大尉は少佐に昇進し、部員には10日間の特別休暇が付与される。ボクシング狂の大尉のおかげで下士官となっていた部員たちが、プルーイットを不当 にしごき始めた。
From_Here_to_Eternity-5 From_Here_to_Eternity-6
 ウォーデン曹長は、大尉が不在の時間を見計らって大尉の自宅を訪ね、カレンと愛し合う間柄 となった。
From_Here_to_Eternity-7
From_Here_to_Eternity-8

  
youtube
 『地上より永遠に』 予告編


  主な出演者など

  ウォーデン曹長役
   … バート・ランカスター Burt Lancaster
  カレン役
   … デボラ・カー Deborah Kerr
  アンジェロ・マジオ役
   … フランク・シナトラ Frank Sinatra
 プルーイット役
   … モンゴメリー・クリフト Montgomery Clift
 ロリーン役
   … ドナ・リード Donna Reed
Burt_Lancaster
Montgomery_Clift
Deborah_Kerr
Donna_Reed
Frank_Sinatra

 ・1951年に出版され、大ベストセラーとなった小説 「地上より永遠に」 (ジェームズ・ジョーンズ著) の映画化作品。それまで聖域とされていた軍隊内部の腐敗した一面を初めて描き、ハリウッドの良心を示したとされる社会派作品で、大ヒットを記録した。
 (右の写真) 左から、フランク・シナトラ、モンゴメリー・クリフト、デボラ・カー、
  バート・ランカスター、ジェームズ・ジョーンズ、フレッド・ジンネマン

From_Here_to_Eternity-35

From_Here_to_Eternity-36
 ・第二次世界大戦中、陸軍通信隊の中尉として活躍した映画製作者のバディ・アドラーが交渉 し、必要不可欠だった米軍の協力を得ることが出来たが、米軍からの要請と映画倫理規定により、小説の内容を変更せざるを得ない箇所があった。原作者の ジェームズ・ジョーンズは、映画が清潔過ぎると不満だったとも言われている。
 (左の写真) 左から、モンゴメリー・クリフト、フレッド・ジンネマン監督、フランク・シナトラ
 * バディ・アドラー … 1955年、20世紀FOX社に製作部長として招かれ、『慕情』 (1955年)、『バス停留所』 (1956年)等を製作。
  アービング・G・タルバーグ賞(1957年)、セシル・B・デミル賞(1958年) を受賞した。


 ・小説では、ロリーンは売春婦であり、カレンはホームズ大尉から性病を感染させられて不妊 者となっている。軍隊内での同性愛の描写は全てカットされ、マジオが営倉内で虐待されるシーンは映像化されなかった上、トラックの荷台から落ちたことが致 命傷となったとも思われる台詞が用意された。
 (右の写真) フレッド・ジンネマン監督(左) と アーネスト・ボーグナイン(ジャドソン軍曹役)
From_Here_to_Eternity-37

From_Here_to_Eternity-38
 ・バート・ランカスターとデボラ・カーの浜辺でのキス・シーンは、映画史に残る名ラブ・ シーンとなった。撮影場所は人気の観光スポットとなり、『七年目の浮気』 (1955年) 等、多くの作品でパロディー化された。このシーンも映倫によって短くカットされたらしい。
 (左の写真) バート・ランカスターとデボラ・カーのキス・シーンの撮影時

 ・アカデミー賞では、12部門で13のノミネーション。作品賞、監督賞、助演男優賞、助演 女優賞、脚色賞、撮影賞(白黒部門)、編集賞、録音賞の8部門で受賞。『風と共に去りぬ』 (1939年) に並ぶ最多受賞記録(当時) を打ち立てた。
 (左の写真) アカデミー賞授賞式にて。左から、フレッド・ジンネマン、
  ドナ・リード、バディ・アドラー、ダニエル・タラダッシュ(脚本家)

From_Here_to_Eternity-39

From_Here_to_Eternity-40
 ・演技賞部門では、主演男優賞 (バート・ランカスターとモンゴメリー・クリフト)、主演女優賞(デボラ・カー)、助演男 優賞(フランク・シナトラ)、助演女優賞(ドナ・リード) と4部門で5人がノミネート。4部門全てで候補者を出したのは 『ミニヴァー夫人』 (1942年)以来の快挙だった。
 (左の写真) 左から、モンゴメリー・クリフト、バート・ランカスター、フランク・シナトラ。

 ・ダブル・ノミネートとなった主演男優賞は、米軍基地で長時間の訓練を受け、ボクシングや トランペットも習うなど役作りに励んだモンゴメリー・クリフトが本命視されていたが、コロンビア社はバート・ランカスターの方をプッシュし、共倒れとなっ た。受賞したのは 『第十七捕虜収容』 のウィリアム・ホールデンだった。
 (右の写真) モンゴメリー・クリフト
From_Here_to_Eternity-41

From_Here_to_Eternity-42
 ・人気が落ち目だったフランク・シナトラが、マフィアの手を借りてマジオの役を得たという 有名なエピソードがある。実際は、当時の妻エヴァ・ガードナーがコロンビア社の社長ハリー・コーンに猛プッシュをした結果とも言われている。シナトラは 「他の誰よりもモンゴ メリー・クリフトから演技について多くのことを学んだ 」 と語っている。
 (左の写真) アカデミー賞授賞式にて。フランク・シナトラとドナ・リード

 ・AFI (アメリカ映画協会) が、1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で第52位。2002年に選定した 「愛と情熱のアメリカ映画ベスト100」 で第20位にランクイン。
 (右の写真) デボラ・カー(左) とドナ・リード
From_Here_to_Eternity-43

From_Here_to_Eternity-44
From_Here_to_Eternity-45
From_Here_to_Eternity-46
From_Here_to_Eternity-47
 
HOME