20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
All About Eve

     イヴの総て
     All About Eve
     監督:ジョゼフ・L・マン キーウィッツ
     (1950年/アメリカ)
filmbar

 
 アカデ ミー賞の最多ノミネーション記録を樹立

 演劇界最高の栄誉であるサラ・シドンズ賞が、新進女優のイヴ・ハリントンに贈られた。史上最年少の受賞者となったイヴは、今や演劇界の寵児であり、会場は盛大な 拍手に包まれた。
 だが、イヴの総てを知る人々は、複雑な心境で彼女の受賞を見守っていた…。
All_About_Eve-1

 8ヶ月前。カレン・リチャーズは、 劇作家の夫ロイドを迎えにブロードウェイの劇場へ行き、楽屋口への通路で、毎晩この場所に立っ て いる女性から声を掛けられた。聞けばイヴ・ハリントンという名前で、主演女優マーゴ・チャニングの 大ファンだと言う。カレンはイヴをマーゴに紹介してやった。
All_About_Eve-2
All_About_Eve-3
All_About_Eve-4
 マーゴの楽屋へ通されたイヴは、皆に促され、身上話をした。その話は、マーゴやリチャーズ 夫妻の同情を引くのに十分な内容であった。
All_About_Eve-5
All_About_Eve-6
All_About_Eve-7
 イヴはマーゴの付き人として雇わられた。イヴの仕事ぶりは申し分なかったが、あまりの如才 のなさに、マーゴは一抹の不安を覚え始めていた…。
All_About_Eve-8
All_About_Eve-9
About_Eve-10-2

  

youtube
 『イヴの総て』 予告編動画


  主な出演者など 

All_About_Eve-29
マーゴ・チャニング役 … ベティ・デイビス Bette Davis
イヴ・ハリントン役 … アン・バ クスター Anne Baxter
ドゥイット役 … ジョージ・サンダース George Sanders
ビル・サンプソン役 … ゲーリー・メリル Gary Merrill
カレン・リチャーズ役 … セレステ・ホルム Celeste Holm
ロイド・リチャーズ役 … ヒュー・マーロウ Hugh Marlowe

 ・原作は、メアリー・オルが1946年に雑誌に発表した短編小説 「The Wisdom of Eve 」。オーストリア出身の舞台女優エリザベート・ベルクナーの体験談をもとに書かれた小説であり、主役のマーゴ・チャニングはタルラー・バンクヘッドがモデ ルという説が広まったが、エリザベート・ベルクナーがモデルというのが真説らしい。
  * エリザベート・ベルクナー … アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた 『逃げちゃ嫌よ』
    (1935年) 等、映画にも出演した。

All_About_Eve-30
All_About_Eve-31
 ・小説の映画化権を取得したジョゼフ・L・マンキーウィッツが、自らのアイデアも盛り込んで脚本を執 筆し、20世紀FOX社のダリル・F・ザナックに映画化を打診。
 ザナックは脚本を気に入り、自ら脚本の手直しも行った。また、当初のタイトル 「Best Performance 」 を、「All About Eve 」 に変えたのもザナックである。
 ・マンキーウィッツは、マーゴ役にスーザン・ヘイワードをイメージして脚本を執筆していた が、ザナックから若過ぎると却下され、ザナックが提案したマレーネ・ディートリッヒは、 マンキーウィッツが反対したという。その後、クローデット・コルベールが マーゴ役に決定したが、彼女が怪我で降板し、ベティ・デイビスの起用となった。その他、バー バラ・スタンウィックジョーン・クロフォードも候補として挙がっていたと いう。
All_About_Eve-32
All_About_Eve-33
 ・イヴ役は、マンキーウィッツ監督の 『三人の妻への手紙』 (1949年) に も出演したジーン・クレインが候補だったが、彼女が妊娠したため、アン・バクスターの起用となった。
 彼女は、当初のマーゴ役であったクロー デット・コルベールに似ている(?)ために起用されたとも言われている。尚、マンキーウィッツ監督の次作 『うわさの名医』 (1951年) のヒロイン役は、候補であったアン・バクスターが妊娠したため、ジーン・クレインが起用されてい る。

 ・アカデミー賞では、史上最多の14部門でノミネートされ、『タイタニック』 (1997年)に並ばれるまで、単独第1位の記録を保持し続けた。
 この年は、ブロードウェイの内幕を描いた 『イヴの総て』 と、ハリウッドの内幕を描いた 『サンセット大通り』 の対決、更に、共に脚本家から監督になったマンキーウィッツとビリー・ワイルダーの対 決ということで、オスカー・レースも大いに盛り上がった。
All_About_Eve-34
All_About_Eve-35
 『イヴの総て』 が、作品賞、監督賞、助演男優賞 (ジョー ジ・サンダース)、脚色賞 (マンキーウィッツ)、衣装デザイン賞 (白黒部門/イーディス・ヘッド、録音賞の6部門 で受賞。圧勝であった。
  (左の写真) オスカー像を手にするジョージ・サンダース。隣は当時の妻ザ・ザ・ガポール
 
ハリウッドは長い間、ブロードウェイの演劇界と比較され、低俗であると軽蔑されていた。1950年頃には、そのような比較もなくなってい たとは思うが、アカ
デミー会員の中には、演劇の本場ブロードウェイにコンプレックスを抱いている者も多かったよ うで、身内の内幕を描いた 『サンセット大通り』 よりも、ブロードウェイへの痛烈なしっぺ返しとも言える 『イヴの総て』 の方に票が集まったのも当然の結果であったのかもしれない。

 ・主演女優賞にベティ・デイビスとアン・バクスター、助演女優賞にセレステ・
All_About_Eve-42
All_About_Eve-36 ホルムとセルマ・リッターがノミネートされた。4人の女優がオスカー候補となったのは、後に も先にも 『イヴの総て』 だけであるが、全員が受賞を逃してしまった。
 当初、アン・バクスターは助演賞の候補と見なされていたが、会社にプッシュして主演賞の候補となったものの、票が割れて、有力視されていたベティ・デイ ビスも共倒れした、という映画の内容さながらの逸話が残っている。

 ・恋人役を演じたベティ・デイビスとゲーリー・メリルは、実生活でも恋に落ち、撮影終了後 に結婚した。
 デイビスは、マーゴのその後を描いた続編の執筆をマンキーウィッツに依頼していたが、10年後にメリルと離婚。続編を執筆する必要はなくなったと告げ た、とのエピソードも。
All_About_Eve-37
All_About_Eve-38  ・1970年、『イヴの総て』 をミュージカル風にアレンジしたブロードウェイ劇 「Applause 」 が公演され、ローレン・バコールがマーゴ役を演じたが、翌年、バコールから引き 継いでマーゴ役を演じたのがアン・バクスターだった。
 ・映画の中で、‟サラ・シドンズ賞” という演劇賞が描かれているが、サラ・シドンズとは、18世紀のイギリスで大活躍した実在の舞台女優。
 架空の賞であったが、『イヴの総て』 公開後の1953年に、シカゴ劇場の関係者が ‟サラ・シドンズ賞”を創設。毎年、舞台で活躍した女優に贈呈されており、セレステ・ホルム (68年)、 ベティ・デイビス (73年) も受賞している。
All_About_Eve-39
All_About_Eve-40  ・AFI (アメリカ映画協会) が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で、第16位に選出された。

 ・AFI が2003年に選定した 「アメリカ映画ヒーロー&悪役ベスト100」 で、イヴハリントンが悪役の第23位に選出された。
 ・AFI が2005年に選定した 「アメリカ映画名セリフ・ベスト100」 で、マーゴが発した 「今夜は大荒れだから、シートベルトを着用しなさい。 -  Fasten your seatbelts. It's going to be a bumpy night 」 が、第9位に選出された。 All_About_Eve-41

    ピック・アップ … セレステ・ホルム

Celeste_Hollm-2
 Celeste Holm  1917-2012年  (アメリカ)

 ・「Gloriana(1938年) でブロードウェイ・デビューし、ジーン・ケリーの出世作ともなった 「The Time of Your Life(1939年〜) で注目を集めた。そして、ロジャース&ハマースタインの 「オクラホマ!」 (1943年〜) に出演。ブロードウェイ・ミュージカルのロングラン記録 (当 時)を樹立する大ヒットとなり、彼女も一躍人気スターとなった。
 ・1946年、20世紀FOX社と契約。3作目の 『紳士協定』 (1947年/ 監督:エリア・カザン で、アカデミー賞の助演女優賞を受賞。『三人の妻への手紙』 (1949年/監督:ジョゼフ・L・マンキーウィッツ) では、「あなた方のご主人の内の一人と駆け落ちします 」 という手紙の差出人役で、声のみの出演をした。
Oklahoma!
Gentleman's_Agreement
舞台 「オクラホマ!」
『紳士協定』 グレゴリー・ペック
 ・『星は輝く』 (1949年)、『イ ヴの総て』 (1950年) でもアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた。
 『イヴの総て』 に出演後は舞台とTVでの活動が中心となり、映画への出演は、ほぼ5年に1本のペースとめっきり少なくなった。
Come_to_the_Stable
High_Society-2
『星は輝く』 ロレッタ・ヤング(右)と
『上流社会』 フランク・シナトラと
 ・長男のテッド・ネルソンは、「ハイパーテキスト」 という用語を生み出した情報技術の革新者として知られている。

 ・2012年95歳で他界。

HOME