20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Joseph_L._Mankiewicz

ジョゼフ・L・マンキーウィッツ

Joseph L. Mankiewicz

  1909-1993 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

A_Letter_to_Three_Wives
 三人の妻への手紙
 A Letter to Three Wives
  
(1949年/アメリカ)
All_About_Eve-16
 イヴの総て
  All About Eve
  (1950年/アメリカ)
The_Barefoot_Contessa
 裸足の伯爵夫人
  The Barefoot Contessa
  (1954年/アメリカ)
Guys_and_Dolls  野郎どもと女たち
 
Guys and Dolls 
 (1955年/アメリカ)
Suddenly_Last_Summer
 去年の夏 突然に
  Suddenly, Last Summer
 (1959年/アメリカ)
 
Sleuth
 探偵スルース
 Sleuth
 (1972年/米・英)

    2年間で4つのオスカーを獲得

 ・1909年、ペンシルベニア州生れ。ドイツからの移民である両親の次男で、兄は脚本家のハーマン・J・マンキーウィッツ。コロンビア大学卒業後、ベルリン大学へ留学して演劇を学んだが、その間、ウーファ社の映画の字幕翻訳に携わった。
  * ハーマン・J・マンキーウィッツ … 『市民ケーン』 (1941年) でアカデミー賞脚本賞を受賞。 『打撃王』 (1942年) 等の脚本を執筆した。
  * シカゴ・トリビューンの特派員記者としてベルリンへ赴いたとする文献があるが、それは兄のハーマンの事である。

 ・帰国後、兄のいたパラマウント社と契約。サイレント映画の字幕作者となったが、役者として1本だけ 『女性の罠』 (1929年) に出演した。トーキーの時代に入ると脚本家になり、『スキピイ』 (1931年) で、アカデミー賞脚色賞にノミネートされた。

 ・MGM社に移り、『男の世界』 (1934年) 等の脚本を執筆。監督になることを希望したが、ルイス・B・メイヤーの助言により製作者となり、『フィラデルフィア物語』 (1940年) はアカデミー賞作品賞にノミネートされた。MGM社ではその他に、『激怒』 (1936年)、『女性No.1』 (1942年)等を製作した。

 ・20世紀FOX社に移り、『王国の鍵』 (1944年) を製作・脚本。 『呪われた城』 (1946年) の脚本を執筆し、病気で降板したエルンスト・ルビッチ監督に代わり監督としてデビュー 。その後、『幽霊と未亡人』 (1947年)、『他人の家』 (1949年) 等の秀作を撮り、監督としての地位を築いた。
 (右の写真) 『呪われた城』 ヴィンセント・プライスとジーン・ティアニー
/Dragonwyck

 ・『三人の妻への手紙』 (1949年) で、アカデミー賞監督賞と脚本賞をダブル受賞。
Jeanne_Crain
Linda_Darnell
Ann_Sothern
        (上の写真) 『三人の妻への手紙』 主演女優たちと。左から、ジーン・クレイン、リンダ・ダーネル、アン・サザーンと

Mankiewicz_Oscar
 (左の写真) オスカー像を手にするマンキーウィッツ監督。
 隣は当時の妻で、『王国の鍵』 等に出演した女優のローズ・ストラドナー。


 ・『イヴの総て』 (1950年)は、アカデミー賞歴代最多の14部門でノミネートされ、作品賞等6部門で受賞。マンキーウィッツは監督賞と脚色賞をダブル受賞し、2年間で4つのオスカーを獲得した唯一の人物という偉業を成し遂げた。尚、この年の彼は、『復讐鬼』 で脚本賞にもノミネートされていた。
  (右の写真) 『イヴの総て』 主演のベティ・デイビス
Bette_Davis

 ・3度目のアカデミー賞監督賞候補となったスパイ映画 『五本の指』 (1952年) を撮った後、20世紀FOX社を離れ、ブロードウェイ劇の演出を目指したが断念。MGM社で史劇 『ジュリアス・シーザー』 (1953年)、UA社でハリウッドの内幕を描いた 『裸足の伯爵夫人』 (1954年)、サミュエル・ゴールドウィン社でミュージカル 『野郎どもと女たち』 (1955年) を監督・脚本した。
Ava_Gardner-2
Jean_Simmons
『裸足の伯爵夫人』 主演のエヴァ・ガードナー
『野郎どもと女たち』 主演のジーン・シモンズ

 ・古巣の20世紀FOX社で、『静かなアメリカ人』 (1958年)、『去年の夏 突然に』 (1959年) を監督。
Katharine_Hepburn
Elizabeth_Taylor
『去年の夏 突然に』 主演のキャサリン・ヘップバーン
『去年の夏 突然に』 主演のエリザベス・テイラー

/Cleopatra
 ・『クレオパトラ』 (1963年) を監督・脚本。
 撮影途中で解任されたルーベン・マムーリアンに代って監督を務めたが、主演のエリザベス・テイラーの病気療養など様々なトラブルに見舞われ、史上空前の巨費を投じた歴史的な失敗作となってしまった。
 (左の写真) 『クレオパトラ』 主演のエリザベス・テイラー、リチャード・バートン(右)と

 ・『クレオパトラ』 の失敗で、厳しい立場に追い込まれた。4年ぶりの新作 『三人の女性への招待状』 (1967年) を独立プロで監督・脚本 (配給はUA社)。その後、ワーナーブラザーズ社で 『大脱獄』 (1970年) を製作・監督し、『探偵スルース』 (1972年) で、20年ぶり4度目のアカデミー賞監督賞候補となったが、これが最後の作品となった。
 
 ・政治的にはリベラル派として知られ、ハリウッドが ‟赤狩り” に揺れていた1950年に映画監督組合の理事長に就任。保守派の重鎮セシル・B・デミルと対立し、解任させられそうになった事も。
  (右の写真) 『クレオパトラ』 撮影時。

 ・1993年83歳で他界。 
Joseph_L._Mankiewicz-2

HOME