20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Richard_Burton

リチャード・バートン

Richard Burton

 
1925-1984 (イギリス)

 

starbar

     代表作
 
The_Robe
 聖衣
  The Robe
  (1953年/アメリカ)
Becket
 ベケット
 Becket
 (1964年/イギリス)
The_Spy_Who_Came_in_from_the_Cold-2
 寒い国から帰ったスパイ
 The Spy Who Came in
   from the Cold
 (1965年/イギリス)
Who's_Afraid_of_Virginia_Woolf
 バージニア・ウルフなんか
  こわくない 
Who's Afraid of
  Virginia  Woolf ?
 
(1966年/アメリカ)

     名優なれどエリザベス・テイラーとの結婚・離婚の話題が先行

 ・1925年、ウェールズにて、炭坑夫の父親とパブのホステスの母親の12人目の子供として生まれた。本名は Richard Walter Jenkins Jr.。2年後、母親が13人目の子供を産んで間もなく亡くなり、姉夫婦に育てられた。
 18歳の時に学校の教師の養子となり、以後、リチャード・バートンと名乗るようになった。

 ・空軍の士官を目指したが、パイロット試験に不合格となり、3年間、地上での軍務に従 事した後、1947年に除隊。以前からアマチュア劇団などで活躍していたが、本格的に役者の道を歩むこととなった。

 ・ロンドンでの舞台 「The Lady's Not for Burning (1949年) が好評で、同作のブロードウェイ公演 (1950年) でアメリカへ進出。

 ・オリヴィア・デ・ハヴィランド主演のミステリー 『謎の佳人レイチェル』 (1952年) でハリウッド・デビュー。
 アカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、ゴールデン・グローブ賞の新人賞を受賞。以後、英・米の舞台、映画で活躍し、以下の6作品でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。
 (右の写真) 『謎の佳人レイチェル』 オリヴィア・デ・ハヴィランドと
My_Cousin_Rachel

  『聖衣』 (1953年) … 初のシネマスコープによる大作歴史劇。
  『ベケット』 (1964年/イギリス) … 大司教トマス・ベケットとイングランド国王ヘンリー2世の関係を描いた歴史劇。
The_Robe
Becket-2
『聖衣』  ジーン・シモンズ
『ベケット』  ピーター・オトゥール(右)と
  『寒い国から帰ったスパイ』 (1965年/イギリス) … 東独へ派遣された英諜報部員の運命を描いたサスペンス。
  『バージニア・ウルフなんかこわくない』 (1966年/監督:マイク・ニコルズ) … 中年夫婦の偽善的な関係を描いた作品。
The_Spy_Who_Came_in_from_the_Cold
Who's_Afraid_of_Virginia_Woolf-2
『寒い国から帰ったスパイ』 クレア・ブルーム 『バージニア・ウルフなんかこわくない』 エリザベス・テイラー
      * 上の2作品の演技で、英アカデミー賞最優秀英国男優賞を受賞。
  『1000日のアン』 (1969年/イギリス) … イングランド国王ヘンリー8世の妃アン・ブーリンを描いた歴史劇。
  『エクウス』 (1977年/イギリス/監督:シドニー・ルメット… 馬に異常な行動をとる少年と精神科医の苦悩を描いた作品。
Anne_of_the_Thousand_Days
Equus
『1000日のアン』 『エクウス』
       * 『エクウス』 でゴールデン・グローブ賞の主演男優賞 (ドラマ部門) を受賞。

The_Longest_Day
 ・アカデミー賞は全てノミネートにとどまった。7回の残念はピーター・オトゥールに次いで多い記録である (2018年現在)
 ピーター・オトゥールとは 『ベケット』 でダブル・ノミネートされ、共に落選した。私生活では酒飲み友達だったという。
 (左の写真) 『史上最大の作戦』 (1962年) リチャード・ベイマー(右)と
 

The_Night_of_the_Iguana
The_Assassination_of_Trotsky
『イグアナの夜』 (1964年) エヴァ・ガードナー
『暗殺者のメロディ』 (1972年) アラン・ドロン(右)と

 ・舞台俳優としても活躍。イギリスでは、ジョン・ギールグッドやローレンス・オリヴィエの後継者と目され、シェークス
ピア劇の本拠地オールド・ヴィック・シアターで、「ハムレット」 (1953年)や 「オセロ」 (1955年)等を演じた。
 ブロードウェイでは、伝説のアーサー王に扮した 「キャメロット」 (1960年〜)が2年以上のロングラン公演となり、トニー賞のミュージカル主演男優賞を受賞した。
 (右の写真) 舞台 「キャメロット」 ジュリー・アンドリュースと
Camelot

Cleopatra
 ・輝かしいキャリアの名優だったが、近年、彼の話題が出る場合、ほとんどがエリザベス・テイラーとの2度の結婚・離婚の事。
 最初の結婚相手は、銀幕デビュー作 『The Last Days of Dolwyn(1949年) で共演したシビル・ウィリアムズ (1949〜63)。その次に、エリザベス・テイラーと2度 (1964〜74)(1975〜76) に渡って結婚・離婚した。
 (左の写真) 『クレオパトラ』 (1963年) エリザベス・テイラーと
 エリザベス・テイラーとは多くの作品で共演したが、離婚後もブロードウェイ劇 「Private Lives (1983年) で共演した。
 テイラーと離婚した後、モデルのスージー・ミラー (1976〜82)、メイクアップ・アーチストのサリー・ヘイ (1983〜) と結婚した。
 (右の写真) 『いそしぎ』 エリザベス・テイラーと
The_Sandpiper

 ・ジョージ・オーウェルの反ユートピア小説の映画化作品 『1984』 (1984年/イギリス) が遺作となった。

 ・1984年58歳で他界。

Richard_Burton-2
Richard_Burton-3

HOME