20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
John Huston

ジョン・ヒューストン

John Huston

1906-1987 (アメリカ)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

The Maltese Falcon
 マルタの鷹
 The Maltese Falcon
  
(1941年/アメリカ)
The_Treasure_of_the_Sierra_Madre
 黄金
  The Treasure of the
  Sierra
Madre
  (1948年/アメリカ)
The_African_Queen-2
 アフリカの女王
  The African Queen
  (1951年/アメリカ)
Moulin Rouge  赤い風車
 Moulin Rouge
  (1952年/イギリス)
Moby Dick  白鯨
  Moby Dick
  (1956年/アメリカ)
The Misfits  荒馬と女
 The Misfits
  (1961年/アメリカ)
The Man Who Would Be King  王になろうとした男
  The Man Who Would
  Be King
  (1975年/アメリカ・イギリス)
Prizzi's Honor  女と男の名誉
 Prizzi's Honor
  (1985年/アメリカ)

    骨太な男性映画の傑作を数多く撮った名監督

 ・1906年、ミズーリ州生まれ。父親は名優ウォルター・ヒューストン
 15歳の時にカリフォルニア州のアマチュア・ボクシングのライト級チャンピオンになり、高校を中退してプロを目指したが断念。映画が大好きで、チャップリンがヒーローだった。

 ・19歳の時にブロードウェイの舞台に立ち、高校時代のガールフレンドと結婚したが1年で離婚。メキシコへ放浪の旅に出て、一時期、騎兵隊に 入隊していた。メキシコ滞在中から小説や戯曲を執筆しており、ニューヨークへ戻ってからは雑誌や新聞のライターをしていた。

 ・1929年、父親を頼りハリウッドへ。ウィリアム・ワイラー監督の 『砂漠の生霊』 (1929年)、『嵐』 (1930年) 等にエキストラで出演した後、同監督が父親のウォルター主演で撮った 『北海の漁火』 (1931年) で脚本家(共同)としてデビュー。その後、『モルグ街の殺人事件』 (1932年)、父親が主演の 『死の拳銃狩』 (1932年) 等の脚本に携わった。
  (右の写真) 父親のウォルター・ヒューストン(左)と
Walter and John

 ・1933年、サンセット大通りで車を運転中に事故で人を殺めてしまい、ロンドン、パリへ放浪の旅に出た.。パリでは路上の肖像画家として生計を立てていた時期もあった。
  *  事故で亡くなったのは、「空中レビュー時代」 (1933年) 等に出演したブラジル人俳優ラウル・ローリンの妻でダンサーの
    トスカ・イザベル


 ・放浪の旅から帰国し、1937年に再婚。ウィリアム・ワイラー監督の『黒蘭の女』 (1938年)の脚本家 (共同) として映画界に復帰。『偉人エーリッヒ博士』 (1940年) の脚本 (原案) で、初めてアカデミー賞にノミネートされた。
  また、1940年には、父親のウォルター主演のブロードウェイ劇の演出も手掛けた。

 ・ダシール・ハメットのハードボイルド小説を映画化した 『マルタの鷹』 (1941年)で監督デビュー。
The Maltese Falcon-2  主演はハンフリー・ボガート。ボギー主演の 『ハイ・シェラ』 (1941年/監督:ラオール・ウォルシュ の脚本を手掛けたのがジョン・ヒューストンであったことが、ボギー出演のきっかけとなった。父親のウォルターも特別出演した。
  (左の写真) 『マルタの鷹』 撮影時。左から、ヒューストン監督、ピーター・ローレ
  メアリー・アスター、ハンフリー・ボガート

 ・『マルタの鷹』 は、アカデミー賞で作品賞、助演男優賞(シドニー・グリーンストリート)、脚色賞(ジョン・ヒューストン)の3部門でノミネートされるなど、監督デビュー作として大成功を収めた。
 同年公開の 『ヨーク軍曹』 (監督:ハワード・ホークスの脚本家としてもアカデミー賞にノミネートさた。 (右の写真) 監督2作目 『追憶の女』(1942年) 撮影時。
 オリヴィア・デ・ハヴィランド(左)、ベティ・デイビス(右)と

In_This_Our_Life

Across_the_Pacific  ・『マ ルタの鷹』 の出演者ハンフリー・ボガート、メアリー・アスター、シドニー・グリーンストリートが再集結した反日プロパガンタ映画 『パナマの死角』 (1942年)を撮影中、第二次世界大戦 が激化し、陸軍通信隊に入隊。
  『パナマの死角』 の残りはヴィンセント・シャーマン監督が撮った。
 (左の写真) 『パナマの死角』 撮影時。左から、ハンフリー・ボガート、ヒューストン監督、
  メアリー・アスター

 ・1942年から46年まで陸軍通信隊でドキュメンタリー映画を4本監督。その中の1本 『Let There Be Light 』 は、兵士の戦争後遺症を描いた最初の映画とされている。

 ・45年に2人目の妻と離婚。46年に女優のイヴリン・キースと3度目の結婚。
   * イヴリン・キース … 『風と共に去りぬ』 で、スカーレット・
      オハラの妹役を演じた。
  
(右の写真) イヴリン・キースと
Evelyn Keyes

The Treasure of the Sierra Madre-4  ・戦後の初監督作品 『黄金』(1948年) は、その年のワーナー・ブラザーズ社最大のヒット作となり、批評家からも絶賛された。
 アカデミー賞では、作品賞、助演男優賞(ウォルター・ヒューストン)、監督賞、脚色賞(ジョン・ヒューストン)の4部門でノミネート。 
 (左の写真) 『黄金』 撮影時。左から、父親のウォルター、ティム・ホルト、
  ヒューストン監督、ジャック・ホルト

 ・同じく48年に公開された 『キー・ラーゴ』 では、クレア・トレヴァーがアカデミー賞助演女優賞にノミネート。
  (右の写真) 『キー・ラーゴ』 撮影時。左から、ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール
   ヒューストン監督
Key Largo

Huston_Oscar  ・『黄金』 は、作品賞は逃したが他の3部門で受賞。自らは2つのオスカーを獲得し、父親のウォルターには、4度目のノミネートで初のオスカーをもたらした。同一作品で親子での受賞は史上初の快挙だった。
 更に、『キー・ラーゴ』 のクレア・トレヴァーにもオスカーをもたらした。
  (左の写真) アカデミー賞授賞式にて。左から、父親のウォルター、クレア・トレヴァー、
   ヒューストン監督

 ・『キー・ラーゴ』 を無断で編集され、不満を抱いたヒューストン監督はワーナー・ブラザーズ社と決別。
 独立系のプロデューサー、サム・スピーゲルの下で、ジェニファー・ジョーンズ主演の 『We Were Strangers(1949年) を撮った後、MGM社と契約した。

 ・MGM社で、スターリング・ヘイドン主演の 『アスファルト・ジャングル』 (1950年)  を監督。
 アカデミー賞の助演男優賞(サム・ジャフェ)、監督賞、脚色賞(ジョン・ヒューストン&ベン・マドー)、撮影賞(白黒部門)の4部門でノミネートされた。
  (右の写真) 『アスファルト・ジャングル』 撮影時。ブレイク前のマリリン・モンロー
The Asphalt Jungle

 ・1950年にイヴリン・キースと離婚。同年、23歳年下のバレリーナ、リッキー・ソマと4度目の結婚。結婚時に彼女は妊娠しており、生まれた息子のトニーは、後にヒューストン監督の遺作となった 『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』 (1987年) の脚本を書いた。
 そして、トニーが生まれる9日前に、父親のウォルターが他界した。

The_Red_Badge_of_Courage  ・MGM社での2作目、南北戦争における若い兵士の苦悩を描いた 『勇者の赤いバッジ』 (1951年) は、ヒューストン監督が次作のロケで不在中に約半分の長さにカットされて公開。失敗作となった。
 ヒューストン監督は、同作のオリジナル版は自分の最高傑作であったかもしれないとしている。
  (左の写真) 『勇者の赤いバッジ』 主演のオーディ・マーフィ (右)

 ・『アフリカの女王』 (1951年) は、再びサム・スピーゲルと組んだ作品 (配給はユナイテッド・アーチスツ社)
 アフリカでのロケ中、撮影を放ったらかして狩猟に熱中していたというエピソードが伝わっている。
 作品は大ヒットし、アカデミー賞の主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞(ジョン・ヒューストン&ジェームズ・エイジー)の4部門でノミネートされ、ハンフリー・ボガートに念願のオスカーをもたらした。
  (右の写真) 『アフリカの女王』 撮影時、狩猟用のライフル銃を手にするヒューストン監督
The_African_Queen-3
Katharine_Hepburn  主演女優のキャサリン・ヘップバーンは、同作の撮影時の様子を綴った 『「アフリカの女王」 とわたし』 (1987年) を出版。
 また、撮影時のヒューストンをモデルにした小説を、クリント・イーストウッドが監督・主演した映画 『ホワイトハンター ブラックハート』 (1990年) が製作されている。ちなみに、クリント・イーストウッドの最も好きな映画の1つは 『黄金』。  (左の写真) 『アフリカの女王』 撮影時。キャサリン・ヘップバーンと
 『アフリカの女王』 は、AFI (アメリカ映画協会) が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 において、ヒューストン監督作品では最上位の17位にランクイン。他には、『マルタの鷹』 が23位、『黄金』 が30位に選出された。
 アフリカでのロケ中に、後にオスカー女優となる長女アンジェリカが生まれている。
  (右の写真) 『アフリカの女王』 撮影時。ハンフリー・ボガートと
Humphrey_Bogart

 ・1952年、当時のハリウッドで猛威を奮っていた 「赤狩り」 に嫌気がさし、アイルランドへ移住。64年に市民権を取得した。

Moulin Rouge-2  ・19世紀のフランスの画家ロートレックを描いた 『赤い風車』 (1952年) は、フランスで撮影したイギリス映画。
 アカデミー賞の作品賞 (ジョン・ヒューストン他)、監督賞など7部門でノミネートされ、美術賞と衣装デザイン賞の2部門で受賞。
  (左の写真) 『赤い風車』 でロートレッックを演じたホセ・ファーラー(右)と

 ・英・米・伊合作の 『悪魔をやっつけろ』 (1953年) は、私生活でも親友であった名コンビ、ハンフリー・ボガートと組んだ最後の作品となった。
 ボギーの葬儀 (1957年) で、ヒューストンは弔辞を読んだ。
  (右の写真) 『悪魔をやっつけろ』 撮影時。ジーナ・ロロブリジーダ
Beat the Devil

< 次ページ >

HOME