20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Lauren Bacall

ローレン・ バコール

Lauren Bacall

 1924-2014 (アメリカ)


heartbar

   代表作

To_Have_and_Have_Not  脱出
  To Have and Have Not
  (1944年/アメリカ)
The Big Sleep  三つ数えろ
  The Big Sleep
  (1946年/アメリカ)
Key Largo  キー・ラーゴ
  Key Largo
  (1948年/アメリカ)
How_to_Marry_a_Millionaire  百万長者と結婚する方法
 How to Marry a Millionaire
  (1953年/アメリカ)
The_Shootist
 ラスト・シューティスト
 The Shootist
 (1976年/アメリカ)
The_Mirror_Has_Two_Faces
 マンハッタン・ラプソディ
 The Mirror Has Two Faces
 
(1996年/アメリカ)

    眼差し (ザ・ルック) とハスキー・ボイスで人気スターに

 ・1924年、ニューヨーク州生れ。本名は Betty Joan Perske 。5歳の時に両親が離婚し、母親に育てられた。
 幼い頃からバレエを習い、高校卒業後、アメリカン演劇アカデミーで演技を習った。 

 ・1942年、舞台 「Johnny 2×4 」 でブロードウェイ・デビュー。当時の芸名は Betty Bacall  (母親の旧姓が Bacal  )。
 雑誌 「ハーパーズ・バザー」 (1943年)の表紙のモデルを務め、これを見た社交界の花形ナン シー゜スリム’キースが、当時の夫ハワード・ホークス監督に推薦したことが、映画出演 のきっかけとなった。
  (右の写真) 雑誌 「ハーパーズ・バザー」
Harper's_BAZAAR
To_Have_and_Have_Not-2
 ・ホークス監督は低音で深みのある発声の訓練方法を指南。彼女はビバリーヒルズのマルホラ ンド・ドライブの頂上で、キリストを題材とした小説 「聖衣 The Robe 」 を大声で朗読してハスキー・ボイスをものにしたという。
 そして、ホークス監督から 「ローレン」 の芸名を授けられた。
  (左の写真) 『脱出』 撮影時のローレン・バコール
 ・ハンフリー・ボガート主 演の 『脱出』 (1944年/監督:ハワード・ホークス) で銀幕デビュー。当時19歳の彼女は、 緊張からくる身震いを抑えるため、顎を引いて上目づかいで相手を見る演技をした。その為、「The Look = 眼差し 」 という愛称を与えられることとなった。
  (右の写真) 『脱出』 ハンフリー・ボガートと
To_Have_and_Have_Not-2

The_Big_Sleep-2
 ・ボギーとは25歳年の差があったがお互いに惹かれ合った。楽屋に訪ねて来たボギーはポ ケットからマッチ箱を取り出し、「電話番号を書いてくれないか 」 とアプローチしたという。
 ボギーは3人目の妻メイヨ・メソットと離婚。ボギーとバコールは再共演作 『三つ数えろ』 (1946年/監督:ハ ワード・ホークス) の撮影後に結婚した。
  (左の写真) 『三つ数えろ』 ハンフリー・ボガートと 

 ・ボギーとはその後、『潜行者』 (1947年)、 『キー・ラーゴ』 (1948年/監督:ジョン・ヒュースト ンでも共演した。
Dark_Passage
Key_Largo
『潜行者』 ハンフリー・ボガートと
『キー・ラーゴ』 ハンフリー・ボガートと

 ・1949年、長男を出産。『脱出』 でのボギーの役柄の愛称 「Steve 」 にちなんで、「Stephen 」 と名付けられた。
Stephen_H._Bogart

Young_Man_With_a_Horn
Bright_Leaf
『情熱の狂想曲』 (1950年/監督:マイケル・カーティス
カーク・ダグラス

『燃えつきた欲望』 (1950年/監督:マイケル・カーティス)
ゲーリー・クーパー

Lauren_Bacall-4
 ・ボギーの主演映画 『アフリカの女王』 (1951 年) の撮影にも同行した。
  (左の写真) キャサリン・ヘップバーン (右)と
 ・1952年、長女を出産。ボギーの恩人、レスリー・ハワードにちなんで、レスリー・ハワード・ボガートと名付けられた。 Leslie_Howard_Bogart

How_to_Marry_a_Millionaire-2
 ・ハードボイルドのイメージから一転、ロマンチック・コメディに挑んだ 『百万長者と結婚する方法』 (1953年) での演技も好評を博した。
  (左の写真) 『百万長者と結婚する方法』 マリリン・モンロー(左)、
   ベティ・グレイブル(右)と

The_Cobweb
Blood_Alley
『蜘蛛の巣』 (1955年/監督:ヴィンセント・ミネリ
リリアン・ギッシュ(右)と

『中共脱出』 (1955年/監督:ウィリアム・A・ウェルマン
ジョン・ウェイン


 ・ボギーの出世作をTVドラマ化した 「化石の森」 (1955年) に出演。夫婦の最後の共演となった。
  (右の写真) 「化石の森」 ハンフリー・ボガート(中央)、ヘンリー・フォンダ(右)と
The_Petrified_Forest_1955

Written_on_the_Wind
Designing_Woman
『風と共に散る』 (1956年) ロック・ハドソン
『バラの肌着』 (1957年) グレゴリー・ペック

Frank_Sinatra
 ・1957年、ハンフリー・ボガートが他界。
 一時期、フランク・シナトラと交際をしていたが、結婚には至らなかった。
  (左の写真) フランク・シナトラと。1957年。
 ・1961年、ジェイソン・ロバーズと再婚。
 後に俳優となった息子のサム・ロバーズを授かったが、69年に離婚した。
  (右の写真) ジェイソン・ロバーズと
Jason_Robards

Harper
Murder_on_the_Orient_Express
『動く標的』 (1966年)
『オリエント急行殺人事 件』 (1974年/監督:シドニー・ルメット

The_Shootist-2
 ・元々寡作な女優だったが、1960年代は3本、70年代は2本の劇場用映画に出演しただ けであった。
  (左の写真) 『ラスト・シューティスト』 (1976年) ジョン・ウェインと

 ・ベティ・デイビス主演 映画 『イヴの総て』 (1950年) をもとにしたブロードウェイのミュージカル劇 「Applause(1970年) と、キャサリン・ヘップバーン主演映画 『女性No.1 』 (1942年) の舞台劇  「Woman of the Year(1981年) で、2度トニー賞のミュージカル主演女優賞を受賞した。
  (右の写真) 「Applause
Applause

 ・1978年、自伝 「私一人」 を出版。全米図書賞の自叙伝部門を受賞。

 ・1960年代から亡くなるまで、ニューヨークのマンハッタン区にあるダコタ・ハウスに住んでいた。1980年12月8日、ジョン・レノンが射殺された 時の銃声も耳にした。

Misery
The_Portrait
『ミザリー』 (1990年/監督:ロブ・ライナー)
TVドラマ 「愛のポートレイト」 (1993年) グレゴリー・ペックと

The_Mirror_Has_Two_Faces-2
 ・バーブラ・ストライサンドが監督・主演した 『マンハッタン・ラプソディ』 (1996年) で、アカデミー賞助演女優賞にノミネート。オスカーは逃したが、ゴールデン・グローブ賞の助演女 優賞を受賞した。
  (左の写真) 『マンハッタン・ラプソディ』

 ・1993年、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞を受賞。

 ・1994年、2冊目の自伝 「いまの私」 を出版。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 の女優部門で、第20位に選出。

 ・スタジオジブリ作品 『ハウルの動く城』 (2004年/監督:宮崎駿) の英語版で荒地の魔女の吹替えをした。
  (右の写真) 『ハウルの動く城』 ソフィー(老婆) の吹替えをしたジーン・シモンズ(右)と
Howl's_Moving_Castle

toutube
 ・2009年、アカデミー賞名誉賞を受賞。プレゼンターはアンジェリカ・ヒュー ストン。


Lauren_Bacall-5
 ・晩年まで女優活動を続け、『The Forger (2012年) が最後に出演した劇場用映画となった。

 ・2014年89歳で他界。

Lauren_Bacall-2
Lauren_Bacall-3

HOME