20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Katharine Hepburn

キャサリン・ヘップバーン

Katharine Hepburn

1907-2003 (アメリカ)


heartbar

     代表作

Morning Glory
 勝利の朝 
  Morning Glory
  (1933年/アメリカ)
Little Women
 若草物語
 Little Women
  (1933年/アメリカ)
Philadelphia Story
 フィラデルフィア物語
  Philadelphia Story
 
(1940年/アメリカ)
The African Queen
 アフリカの女王
 The African Queen
  (1951年/アメリカ)
Summertime
 旅情
 Summertime
  (1955年/イギリス・アメリカ)
Guess Who's Coming to Dinner
 招かれざる客
 Guess Who's Coming to
  Dinner
  (1967年/アメリカ)
The Lion in Winter
 冬のライオン
 The Lion in Winter
  (1968年/イギリス)

On Golden Pond
 黄昏
 On Golden Pond
  (1981年/アメリカ)
 
    アカデミー賞を4度受賞。「伝説のスター」 女優部門で第1位に選出された大女優

 ・1907年、コネチカット州にて、6人兄妹の長女として生れた。父親は著名な医師、母親は婦人参政権や産児制限運動に携わったていた (6人の子供は多いと思うが…) 。リベラルで進歩的な家庭環境で育った。
 子供の頃はお転婆で、髪を短く切り、水泳やテニス、ゴルフに励んでいた。ゴルフは16歳の時に州のジュニア大会で準決勝まで進んだ腕前であった。

 ・13歳の時に、大の仲良しだった2歳年上の長男トムが亡くなる不幸に見舞われた。
 キャサリンが遺体の第一発見者で、朝、兄を起こしに部屋へ入ると、首を吊り、既に亡くなっていたという。数日前 に、芸人が首に縄を巻くトリック・シーンを観劇しており、それを真似ての事故とも言われている。
 キャサリンは女優になってから、トムの生まれた月日を自分の誕生日にしていたこ とを自伝  (1991年出版)で明らかにしている。
  (右の写真) 母親と6人兄妹の集合写真。一番左がキャサリン。
with Family

ryn_Mawr_College_Katherine_Hepburn
 ・12歳の時にアマチュア劇団に入るなど、芝居好きであったキャサリンは、大学に入ってからも芝居に熱中した。
 1928年、心理学の学位を取得して大学を卒業。両親を説得して演劇の道へ進んだ。
 ボルチモアのストック劇団に入り、夏季公演でプロの役者としてデビュー。9月にはブロードウェイ・デビューも果たした。
  (左の写真) Bryn Mawr College 時代のキャサリン。煙草を吸って停学処分となったこともある。
 ・1928年12月、大学時代からの恋人であった Ludlow Ogden Smith  (ボルチモアの名家の息子) と結婚。結婚後も女優を続け、発声とバレエをそれぞれ一流の指導者のもとで習い、役者としての基礎固めにも励んだ。

 ・ブロードウェイの舞台劇 「A Worrior's Husband(1932年) での女戦士役で脚光を浴び、ハリウッドからオファーを受けた。映画に興味のなかったキャサリンは、断るつもりで舞台の1.5倍のギャラを要求。それをRKO社が承諾したため、図らずも映画デビューとなったという。
  (右の写真) ブロードウェイの 「A Worrior's Husband 」 出演時
The_Warrior's_Husband

 ・ジョン・バリモア主演の 『愛の嗚咽』 (1932年) で銀幕デビュー。監督のジョージ・キューカーとは、その後も9作品 (内2作はTV映画) で組み、私生活でも生涯に渡る友人となった。
A Bill of Divorcement with George Cukor
『愛の嗚咽』 ジョン・バリモアと ジョージ・キューカー監督と (1940年)

 ・『愛の嗚咽』 の製作者は、後に 『風と共に去りぬ』(1939年)を製作したデビッド・O・セルズニック。キャサリンはスカーレット・オハラ役を熱望したとも言われているが、セルズニック曰はく、 「レット・バトラーが10年以上も彼女(キャサリン)を追いかけるとは思えない…」 。 

with_Leslie_Howard
 ・『風と共に去りぬ』 でアシュレー役を演じたレスリー・ハワードとも因縁がある。
 キャサリンが銀幕デビューする前、レ スリー・ハワード主演の舞台 「The Animal Kingdom (1932年) のヒロイン役に抜擢されたが、稽古の段階でそりが合わず、キャサリンは降板させられている。
  (左の写真) レスリー・ハワードと

 ・3作目の『勝利の朝』 (1933年)で、アカデミー賞主演女優賞を受賞。4作目の『若草物語』 (1933年/監督:ジョージ・キューカー) も大ヒットし、ベネチア国際映画祭女優賞を受賞。
  * 『勝利の朝』 … スーザン・ストラスバーグ、ヘンリー・フォンダ主演 『女優志願』 (1958年/監督:シドニー・ルメット) として再映画化。
Morning_Glory
Little Women-2
『勝利の朝』
 アドルフ・マンジュー

『若草物語』 後がキャサリン(次女ジョー役)。
前列左から、フランシス・ディー、ジョーン・ベネット、ジーン・パーカー

 ・映画女優として国際的な名声を獲得したが、順風満帆とは行かなかった。以後の出演作は興行的な失敗が続き、私生活では34年に Ludlow Ogden Smith と離婚。その後、ジョン・フォード監督やタレント・エージェントのリーランド・ヘイワードと浮名を流したこともあった。
 また、インタビュー嫌いなためマスコミとの関係も悪化。「ブロードウェイから来た痩せて小生意気な女 」 と陰口を叩かれるようにもなった。
Alice Adams Sylvia_Scarlett
『乙女よ嘆くな』 (1935年/監督:ジョージ・スティーヴンス
フレッド・マクマレー
* アカデミー賞主演女優賞にノミネート(2度目)
『男装』 (1936年/監督:ジョージ・キューカー)
ケーリー・グラント

Mary_of_Scotland
Stage_Door
『スコットランドのメアリー』 (1936年/監督:ジョン・フォード)
フレドリック・マーチ
『ステージ・ドア』 (1937年)
ジンジャー・ロジャース(左)と


 ・『赤ちゃん教育』 (1938年/監督:ハワード・ホークスが赤字となると、全米の映画館主協会から 「Box Office Poison = 入場券売り場の毒 = 客の取れないスター」 の1人として名前を挙げられてしまった。
 キャサリンはRKO社との契約を自ら破棄し、コロンビア社で 『素晴らしき休日』 1938年/(監督:ジョージ・キューカー) に出演したが、これも興行的に失敗作となった。
Bringing up Baby Holiday
『赤ちゃん教育』 ケーリー・グラントと 『素晴らしき休日』 ケーリー・グラントと

The_philadelphia_Story_Stage  ・ 女優として窮地に立たされていたキャサリンにラブ・コールを送ったのが大富豪のハワード・ヒューズ。ヒューズはキャサリンとの結婚を望んでいたが、彼女は キャリア挽回を優先したという。
 1939年、ヒューズから資金援助を受け、舞台 「フィラデルフィア物語」 の自主興行に打って出た。
  (左の写真) 舞台 「フィラデルフィア物語」。ジョゼフ・コットン(左)、ヴァン・ヘフリン(右)と
 舞台は大成功を収め、映画化のオファーが殺到。映画化の権利を保持していたキャサリンはMGM社と契約し、共演相手にはクラーク・ゲーブルスペンサー・トレイシーを希望したが、最終的にジェームズ・ステュアートとケーリー・グラントが起用された。
 映画 『フィラデルフィア物語』 (1940年/監督:ジョージ・キューカー) は大ヒット。
 キャサリンはアカデミー賞主演女優賞にノミネート(3度目)もされ、映画女優として復活を成し遂げた。
  * 『フィラデルフィア物語』 … グレース・ケリービング・クロスビーフランク・シナトラ出演
    『上流社会』 (1956年) として再映画化。

  (右の写真) 『フィラデルフィア物語』 ケーリー・グラント(左)、ジェームズ・ステュアートと
The_philadelphia_Story-2

Woman of the Year  ・4度目のアカデミー賞主演女優賞候補となった 『女性No.1』 (1942年/監督:ジョージ・スティーヴンス) で、スペンサー・トレイシーと初共演。
 スペンサーの大ファンだったキャサリンが奔走し、共演を実現させたと言われている。
  (左の写真) 『女性No.1』 スペンサー・トレイシーと

 ・スペンサー・トレイシーとは合計9作品で共演。
 ハリウッド史に残る名コンビとなっただけでなく、私生活においても彼が亡くなるまでパートナーとしての関係を築いた。
 スペンサーには障害を持った子供がいて、その子を育てている妻と別れることができず、キャサリンもそのことを承知の上での関係だったという。
  (右の写真) スペンサー・トレイシーと
with Spencer Tracy

< 次ページ >

HOME