20世紀・シネマ・パラダ イス

Megaphonebar
George Cukor

ジョージ・ キューカー

George Cukor

 
1899-1983 (アメリカ)

Megaphonrbar

   代表作

Little_Women
 若草物語
 Little Women
  
(1933年/アメリカ)
Romeo_and_Juliet
 ロミオとジュリエット
  Romeo and Juliet
  (1936年/アメリカ)
Camille  椿姫
  Camille
  (1937年/アメリカ)
The_Philadelphia_Story
 フィラデルフィア物語
 The Philadelphia Story
  (1940年/アメリカ)
Gaslight  ガス燈
 Gaslight
 (1944年/アメリカ)
Adam's_Rib
 アダム氏とマダム
 Adam's Rib
  (1949年/アメリカ)
A_Star_Is_Born
 スタア誕生
 A Star Is Born
 (1954年/アメリカ)
My Fair Lady  マイ・フェア・レディ
 My Fair Lady
  (1964年/アメリカ)

    女性映画の第一人者

 ・1899年、ニューヨーク生まれ。両親はユダヤ人。地方検事であった父親 の後を継ぐことを期待され、法律を学ぶためにニューヨーク市立大学シティカレッジに入学したが、自身はもともと乗り気でなく 数ヶ月で退学。興味のあった演劇の世界に入り、1919年に役者としてブロードウェイ・デビュー。その後、舞台監督として活躍した。

 ・1929年、パラマウント社と台詞監修者として契約。トーキーの時代に入ったハリウッドでは、役者に台詞を指導できる人材が求められていたのだった。初仕 事はチャールズ・ロジャース主演の 『ロマンスの河』 (1929年) の台詞監修。ユニバーサル社に貸し出され、『西部戦線 異状なし』 (1930年)の台詞監修も行った。

 ・3本の映画で共同監督を務めた後、『心を汚されし女』 (1931年) で一人立ち。3作目の 『君とひととき』 (1932年) を撮影 中、主演のモーリス・シュバリエと衝突し、残りはエルンスト・ルビッチ監督が撮った。完成したフィlルムに監督としてクレジットされた のはルビッチだけで、キューカーはパラマウント社と袂を分かち、同社からRKO社へ移っていたデビッド・O・セルズニックの招きに応じた。
  (右の写真) 『君とひととき』 撮影中。手前から3人目がキューカー。その奥はルビッチ 
One_Hour_with_You

Little Women-2  ・RKO社での2作目、ジョン・ バリモア主演の 『愛の嗚咽』 (1932年/製作:デビッド・O・セルズニックでは、キャサリン・ヘップバーンが 銀幕デビューをした。
 ヘップバーンとの2作目 『若草物語』 (1933年) は、RKO社でのキューカー監督最大の ヒット作となった。
   (左の写真) 『若草物語』 撮影時のキューカー監督

 ・その後、セルズニックの後を追うようにMGM社へ移籍。ノーマ・シアラー主演の 『ロミオとジュリエット』 (1936年)グレタ・ガルボ主演の 『椿姫』 (1937年)など、同社の人気女優の作品をヒットさせ、女性映画の第一人者と称されるようになった。出演者が女 優だけの 『ザ・ウィメン』 (1939年) といった作品も撮っている。 (右の写真) 『椿姫』 撮影時。手前左から、キューカー監督、グレタ・ガルボ、
 ロバート・テイラー

Camille-2

Romeo_and_Juliet-2
Camille-3
『ロミオとジュリエット』 撮影時。ノーマ・シアラーと
『椿姫』 撮影時。グレタ・ガルボと
The Women
(左の写真) 『ザ・ウィメン』 出演女優たちと。
  ロザリンド・ラッセル (左から3番目)
 ジョーン・クロフォード(左から4番目)
 ノーマ・シアラー (右から4番目)
 ポーレット・ゴダート (右から3番目)
 ジョーン・フォンテイン (一番右)

 ・MGM社で 『オ ズの魔法使』 (1939年) を撮影中に、『風と共に去りぬ』 (1939年)の 監督として引き抜かれたが、演出に関して製作者のセルズニックと意見が対立した。
  (右の写真) 『風と共に去りぬ』 のメンバーと。前列左から、ヴィヴィアン・リー
   オリヴィア・デ・ハヴィランド、キューカー監督

   後列左から、デビッド・O・セルズニック、レス リー・ハワード
Gone with the Wind
Cukor and Gable
 更に、女優陣にばかり気を使うキューカーに対してクラーク・ゲーブルが不満を持ち、キューカーは撮影開始から20日間程で解任された。
 解任後も、ヴィヴィアン・リーやオリヴィア・デ・ハヴィランドなどの女優陣はキューカーの元を訪ね、演技指導を仰いでいたとも言われている。
  (左の写真) キューカー監督とクラーク・ゲーブル(右)

 ・演技指導に定評のあったキューカー監督は20名もの俳優をアカデミー賞候補とし、内5 名にオスカーをもたらした。『フィラデルフィア物語』 (1940年)ジェームズ・ステュアート、『ガス燈』 (1944 年)イングリッド・バーグマン、『二重生活』 (1947年)ロナルド・コールマン、 『Born Yesterday (1950年) のジュディ・ホリデイ、そして、 『マイ・フェア・レディ』 (1964年) のレックス・ハリソン。
The Philadelphia Story-2
Gaslight-2
『フィラデルフィア物語』 撮影時。左から、キャサリン・ヘップバーン、
ジェームズ・ステュアート、キューカー監督
『ガ ス燈』 撮影時。左から、シャルル・ボワイエ
イングリッド・バーグマン、キューカー監督
A Double Life Born Yesterday
『二重生活』 撮影時。左から、ロナルド・コールマン、
キューカー監督、ウォルター・ハンプデン
Born Yesterday 』 撮影時。左から、ウィリアム・ホールデン
ジュディ・ホリデイ、キューカー監督
A_Star_Is_Born-2
Let's_Make_Love
『スタア誕生』 (1954年) 撮影時。
ジュディ・ガーランド

『恋をしましょう』 (1960年) 撮影時。
マリリン・モンロー

My Fair Lady-2 The_Blue_Bird
『マイ・フェア・レディ』 撮影時。左から、レックス・ハリソン、
オードリー・ヘップバーン、キューカー監督
『青い鳥』 (1976年) 撮影時。
エリザベス・テイラー


 ・キューカー監督自身は、『若草物語』、『フィラデルフィア物語』、『二重生活』、『Born Yesterday 』 でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、5度目のノミネート作 『マイ・フェア・レディ』 で念願の監督賞を受賞した。

youtube-logo
 アカデミー賞授賞式。プレゼンターはジョーン・クロフォード。


 ・多くの大女優の作品を撮ったキューカー監督だが、特筆すべき存在がキャサリン・ヘップ バーン。
 2人は8本の劇場用映画と2本のTVドラマでコンビを組み、私生活でも生涯に渡り、信頼と友情で結ばれていたという。
  (右の写真) 最後のコンビ作品となったTV 『The Corn is Green 』 (1979年) の撮影時。
Hepburn Cukor

Rich and Famous
 ・『ベスト・フレンド』 (1981年) が 遺作となった。当初、『アラバマ物語』 (1962年) 等のロバート・マリガン監督でスタートしたが、俳優組合のストライキで撮影が休止。マリガンのスケジュールが合わなくなり、主演で共同製作者でも あったジャクリーン・ビセットが、当時82歳のキューカーに監督を依頼して撮った作品。 
  (左の写真) 左から、キャンディス・バーゲン、キューカー監督、ジャクリーン・ビセット

 ・1983年83歳で他界。同性愛者であったそうで結婚は していない。

HOME