20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Rosalind_Russell

ロザリン ド・ラッセル

Rosalind Russell

 1907-1976 (アメリカ)


heartbar

   代表作

The_Citadel  城砦
  The Citadel
  (1938年/アメリカ)
His_Girl_Friday  ヒズ・ガール・フライデー
  His Girl Friday
  (1940年/アメリカ)
Picnic
 ピクニック
 Picnic
 (1955年/アメリカ)
Auntie_Mame
 メイム叔母さん
 Auntie Mame
 (1958年/アメリカ)

    ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を5度受賞

 ・1907年、コネチカット州生れ。7人兄妹の4人目で、両親が旅行した際 に乗った客船の名を命名された。
 ニューヨークのアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで演技を学び、地方劇団での活動を経て、1930年にブロードウェイ・デビュー。

 ・30年代初頭、ユニヴァーサル社と契約したが、スタジオの雰囲気に馴染めず、MGM社に 移った。
 ウィリアム・パウエルマー ナ・ロイ主演の 『悪夢』 (1934年) で、銀幕デビューをした。
  (右の写真) 『悪夢』 ウィリアム・パウエルと
Evelyn_Prentice
 ・当時のMGM社は、「夜空の星よりも多くのスターを抱えている 」 と謳われていた全盛期。彼女は主にマーナ・ロイのスケジュールやギャラが合わなかった時の代替要員であったという。

 ・MGM社がイギリスで製作した 『城砦』 (1938年/監督:キング・ヴィダー、キャストが全て女性のコメディ 『ザ・ウィメン』 (1939年/監督:ジョージ・キュー カーといった傑作に出演し、知名度を上げていった。
The_Citadel-2
The_Women
『城砦』 ロバート・ドーナット
『ザ・ウィメン』 ジョーン・クロフォード(左)、ノーマ・シアラー(中央)と

His_Girl_Friday-2
 ・コロンビア社に貸し出されて、スクリューボール・コメディ 『ヒズ・ガール・フライデー』 (1940年/監督:ハワー ド・ホークスに出演。『犯罪都市』 (1931年) のリメイク作であるが、彼女の出演が決まる前に、実に10名以上の人気女優たちが候補となり、本人やスタジオの都合で出演を見合わせていた。
  (左の写真) 『ヒズ・ガール・フライデー』 ケー リー・グラント
 同作への出演は彼女に幸運をもたらした。コメディエンヌとしての資質を発揮し、代表作と なっただけでなく、撮影中、ケーリー・グラントがキューピットの役割を果たして、未来の夫フレデリック・ブリソンと出会った。
 翌41年、フレデリックと結婚。結婚式での花婿付添人 (Best Man) はケーリー・グラントだった。フレデリックとは、彼女が亡くなるまで連れ添った。
 (右の写真) 夫の演劇・映画製作者フレデリック・ブリソンと
Rosalind_Russell-4

 ・コメディ 『My Sister Eileen (1942年) で、アカデミー賞主演女優賞にノミネート。
 小児麻痺の治療に尽力した実在の看護師を演じた 『世界の母』 (1946年) で、アカデミー賞主 演女優賞にノミネート (2回目)。オスカーは逃したが、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を受賞した。
My_Sister_Eileen
Sister_Kenny
My Sister Eileen 』 ブライアン・エイハーンと
『世界の母』

 ・ユージン・オニールの戯曲を映画化した『喪服の似合うエレクトラ』 (1947年) で、アカデミー賞主演女優賞にノミネート (3回目)。ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞を受賞(2回目)。
 ブロードウェイで、『My Sister Eileen 』 のミュージカル版 「Wonderful Town(1953〜54年) に出演。トニー賞の主演女優賞を受賞。
 ピューリッツァー賞受賞の戯曲を映画化した『ピクニック』 (1955年) では、オールド・ミスの女教師を好演したが、本人が助演女優にカテゴリーされるのを嫌い、有力視されていたアカデミー賞にノミネートされなかった。
Mourning_Becomes_Electra
Picnic-2
『喪服の似合うエレクト ラ』 カーク・ダグラス
『ピクニック』  ウィリアム・ホールデン

 ・ブロードウェイで主役を務めた 『メイム叔母さん』 はロングラン・ヒット(1956〜58年)となり、映画化作品 (1958年) で も主役を務めた。映画も大ヒットし、アカデミー賞主演女優賞にノミネート (4回目)。ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞(3回目)。
 和服姿も披露したコメディ 『A Majority of One(1961年) で、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞(4回目)。
Auntie_Mame-2
A_Majority_of_One
『メイム叔母さん』 A Majority of Oneアレック・ギネス

 ・ストリッパーの女王ジプシー・ローズ・リーの母親を演じた 『ジプシー』 (1962年)で、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞(5回目)。
 女優のアイダ・ルピノが監督したコメディ 『青春がいっぱい』 (1966年) には、ジプシー・ローズ・リーがゲスト出演した。同作は好評で、続編 『青春ダイナマイト』 (1968年) も製作された。
 * アイダ・ルピノ … ハンフリー・ボガートの 出世作 『ハイ・シェラ』 (1941年) 等に出演。女性監督の先駆けとしても活躍した。
Gypsy
The_Trouble_with_Angels
『ジプシー』  ナタリー・ウッド(左)と
『青春がいっぱい』 出演時。ジプシー・ローズ・リー(左)と

 ・『危険な国から愛を込めて』 (1970年) が、 最後の劇場用映画となった。

 ・1973年、アカデミー賞のジーン・ハーショルト友愛賞を受賞。
 長年の慈善活動に対しての賞であったが、主演女優賞に4度もノミネートされながら、何れも受賞を逃したことに対する残念賞的な意味合いもあったのかもし れない。
  (右の写真) オスカー像を手にするロザリンド・ラッセル
Rosalind_Russell-Oscar

youtube
 アカデミー賞の授賞式。プレゼンターはフランク・シナトラ


 ・1976年69歳で他界。

 ・晩年は慢性関節リウマチを患い、その治療の研究に多大な貢献をした。彼女の死後、カリフォルニア大学サンフランシスコ校に設立された研究所は、彼女の 名前を冠している。

Rosalind_Russell-2
Rosalind_Russell-3

HOME