20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Clark Gable

クラーク・ ゲーブル

Clark Gable

1901-1960 (アメリカ)


starbar

     代表作
 
Red Dust
 紅塵
 Red Dust
 (1932年/アメリカ)
t_Hppened_One_Night-3
 或る夜の出来 事
 It Happened One Night
 (1934年/アメリカ)
Mutiny on the Bounty
 戦艦バウンティ号の叛乱
 (南海征服)
 Mutiny on the Bounty
  (1935年/アメリカ)
Gone with the Wind
 風と共に去りぬ
 Gone with the Wind
  (1939年/アメリカ)
Mogambo
 モガンボ
  Mogambo
 (1953年/アメリカ)
The Misfits
 荒馬と女
 The Misfits
 (1961年/アメリカ)
 
    ‟ハリウッドのキング”

 ・1901年、オハイオ州生れ。本名はWilliam Clark Gable 。 
 父親は油田鉱夫。母親はゲーブルを出産してから10ヶ月後に亡くなっている。
 ゲーブ ルの出生証明書には間違いで 「」 と記載されていた。

 ・2歳の時に父親が再婚。義母に音楽を習うなど、愛情を注がれ育てられた。
  16歳の時に高校を中退し、タイヤ工場で働き始めた。
 舞台劇を見てから演劇に興味を抱き、21歳の時に家出。義母は既に亡くなっていた。
  (右の写真) 赤ん坊の頃のゲーブル
Clark Gable-4
 ・ オレゴン州ポートランドで劇団に入り、ネクタイのセールスなどをしながら役者としての生活をスタート。この地で女優のジョセフィー ン・ディロンと出会った。彼女は舞台監督のキャリアもあり、劇場支配人でもあった才女。ゲーブルは彼 女から役者としてのスキルを徹底的に習得させられた。

Josephine Dilon  ・1924年、ジョセフィーン・ディロンの資金援助でハリウッドへ。
 同年、ジョセフィーン・ディロンと結婚。
 彼女はゲーブルより17歳も年上だった。
  (左の写真) 最初の妻ジョセフィーン・ディロンと

 ・『White Man(1924 年) の端役で銀幕デビュー。その後、『禁断の楽園』 (1924年/監督:エルンスト・ルビッチ、『メリー・ウィドウ』 (1925年/監督:エリッヒ・フォン・シュトロハイム、 『大洪水』 (1926年) などに端役・エキストラで出演。
  * 『大洪水』には、後に結婚するキャロル・ロン バードゲーリー・クーパーもエキストラで出演(共演シーンはなし)。

 ・ハリウッドでは端役しか与えられず、舞台に復帰。
 ブロードウェイでのデビュー作 「Machinal (1928年) や、ロス アンゼルスでの舞台 「The Last Mile (1930年) などの演技が好評を博した。
 しかし、1929年の世界大恐慌の影響で舞台の仕事が激減し、再び映画界にチャレンジすることに。
  (右の写真) 殺し屋を演じた舞台 「The Last Mile
The Last Mile

The Painted Desert  ・1931年、RKO社のB級西部劇 『惨劇の砂漠』 (主演:ウィリアム・ボイド) で本格的な銀幕デビュー。この年、実に12本もの作品に出演。
  (左の写真)ゲーブル初のトーキー作品  『惨劇の砂漠』

 ・ワーナー・ブラザーズ社で、『犯罪王リコ』 (1931年/主演:エドワード・G・ロビンソンの主演選考オーディションに臨ん だ際には、プロデューサーのダリル・F・ザナックに、「耳が大きすぎ て、猿のようだ 」 との理由で落とされた、との伝説がある。

 ・ゲーブルと契約したMGM社においても、「主役としては耳が大きすぎる 」 との評価もあったが、「夜空の星の数よりも多くのスターを抱えている 」 と謳われた同社の人気女優たちと共演し、映画スターとしての地位を築いていった。

 グレタ・ガルボとは、 『スザン・レノックス』 (1931年) で共演

 2人は相性が良くなかったようで、共演はこの1作のみ。
Susan Lenox

Strange_Interlude  ノーマ・シアラーと は、『自由の魂』 (1931年)、『Strange Interlude(1932年)、『Idiot's Delight (1939年) の3作で共演。
 『Strange Interlude 』 で、トレード・マークとなる口髭を初めて披露した。
  (左の写真) 『Strange Interlude

 ジョーン・クロフォードと は、最多の8作で共演。

 『暗黒街に踊る』、『笑う罪人』、『蜃気楼の女』 (1931年)、『ダンシング・レディ』 (1933年)、『私のダイナ』、『結婚十分前』 (1934年)、『空駆ける恋』 (1936年)、『Strange Cargo 』 (1940年)
  (右の写真) 『蜃気楼の女』
Possessed
 クロフォードとは不倫の関係になったが、MGM社のボス・ルイス・B・メイヤーに諫められて解消したとされている。

Hold Your Man  ジーン・ハーローとは、 『秘密の6』 (1931年)、『紅塵』 (1932年)、 『春の火遊び』 (1933年)、『支那海』 (1935年)、 『妻と女秘書』 (1936年)、『サラトガ』 (1937年) の6作で共演。
 息のあった名コンビとして人気を博したMGM社のドル箱ペアだった。
  (左の写真) 『春の火遊び』

 ・1930年、ジョセフィーン・ディロンと離婚。翌31年、テキサスの社交界で、‟リア”の愛称で知られていたマリア・ランハムと再婚。
 彼女もゲーブルより17歳年上だった。
  (右の写真) 2度目の妻マリア・ランハムと
Maria Langham

 ・1932年から始まった「ドル箱 (マネー・メイキ ング) スター・ベストテン」 の調査 では、第8位 (32年)、第7位(33年)、第2位(34年)、第3位 (35年)、第2位 (36年)、第2位 (37年)、第2位 (38年)、第4位 (39年)、第3位 (40年)、第2位 (41年)、第2位 (42年)、第10位 (43年)、第7位 (47年)、第7位 (48年)、第10位 (49年)、第10位 (55年) と16回もランクイン。特に、30年代はハリウッドの男優でNo.1の人気を誇った。

It_Hppened_One_Night
 ・MGM社の看板スターとなったゲーブルだが、あまりの天狗ぶりに手を焼いた会社が、 お仕置きとして格下のコロンビア社に貸し出し、出演したとの伝説が残っているのが、『或る夜の出来事』 (1934年/監督:フランク・キャプラ
  (左の写真) 『或る夜の出来事』 クロー デット・コルベール

 ・『或る夜の出来事』 は大ヒットし、ゲーブルはアカデミー賞主演男優賞を受賞。名実ともに ‟ハリウッドのキング” となった。
  (右の写真) オスカー像を手にするクラーク・ゲーブル

 !
ゲーブルのオスカー像は1996年に競売にかけられ、スティーブン・スピルバーグ監督が落札。その後アカデミー協会に寄贈された。
Gable-Oscar

The Call of the Wild  ・『野生の叫び』 (1935年)ロレッタ・ヤングと共演。撮影後、彼女はゲーブルの娘を出産。公には養子としていたが、 晩年、自分の死後に公表することを条件に、ゲーブルの子であることを認めている。
 2人は『Key to the City(1950年) で再共演もした。
  (左の写真) 『野生の叫び』 ロレッタ・ヤングと

 ・『戦艦バウンティ号の叛乱 (南海征服) 』(1935 年) で、再びアカデミー賞の主演男優賞の候補に。同作からはチャール ズ・ロートンとフランチョット・トーンもノミネートされたが、3人とも受賞は逃した。
 同作はアカデミー賞作品賞を受賞。ゲーブルは2年連続でオスカー作品の主演男優を務めた。
  (右の写真) 『戦艦バウンティ号の叛乱 (南海征服) 』 チャールズ・ロートン(右)と
Mutiny_on_the_Bounty-2

Dear_Mr._Gable-2
 ・ゲーブルの36歳の誕生日パーティーで、ジュディ・ガーランドが 「Dear Mr. Gable  (You Made Me Love You ) 」 を唄った。歌の出来栄えが良かったため、ジュディは映画 『踊る不夜城 ブロードウェイ・メロディ 1938(1937年) の 中でも披露することになった。
  (左の写真) ジュディ・ガーランドを抱擁するゲーブル

 ・映画史上に燦然と輝く不朽の名作 『風と共に去りぬ』 (1939年/監 督:ヴィクター・フレミングのレット・バトラー役は一世一代の ハマリ役となり、‟ハリウッドのキング”の称号を不動のものとした。
 
アカデミー賞において 『風と共に去りぬ』 の受賞ラッシュが続くなか、ゲーブルはノミネートに止まり受賞は逃した。
 本作は独立系のデビッド・O・セルズニックの作品であり、MGM社はゲーブルを貸し出すことで配給権を得ていたが、「オスカー獲得の為に、 MGMは熱心な宣伝活動をしなかった 」 とゲーブルは悔しがったという。
Rhett Butler

Gone with the Wind-2
  ・ゲーブルは若い頃から総入れ歯。その為、口臭が凄かったと言われている。
 『風と共に去りぬ』で共演したヴィヴィアン・リーからは、「歯を磨いてこない 限り、ラヴシーンはお断り 」 と言われてしまったというエピソードも。
 こんな話が伝わっているのも大スターならでは。
  (左の写真) 『風と共に去りぬ』 ヴィヴィアン・リーと

 ・1939年、キャ ロル・ロンバードと3度目の結婚。
 2人は 『心の青空』 (1932年)で共演したが、その時は恋愛には発展せず、その後、あるパー ティーで再会して恋に落ちたという。 
  (右の写真) 『心の青空』 キャロル・ロンバードと
No_Man_of_Her_Own-2
with Carole Lombard  ゲーブルが前妻に支払う高額な慰謝料を、MGM社が肩代わりすることも、『風と共に去り ぬ』 への出演の条件であったとされている。
 ロンバードとの結婚生活が、ゲーブルにとって人生で最も幸福な期間であったと言われている。

 ・1942年1月、キャロル・ロンバードが飛 行機事故で他界。
 最愛の妻の死に落胆したゲーブルは映画界からの引退を表明し、陸軍航空隊に入隊。軍は実戦には参加させない方針であったが、ゲーブルは自ら 志願し、爆撃機の射撃手として何回か出撃 (欧州戦線)した。
 敵対していたナチス空軍のヘルマン・ゲーリング司令官は、ゲーブルの 爆撃機を撃ち落とした者には賞金の他、昇給と休暇を与えるとの司令を出していた。
Gable-1942

Adventure
 ・戦後、『冒険』 (1945年/監督:ヴィクター・フレミング) で3年ぶりに銀幕に復帰。
 共演は当時のMGM社の看板女優グリア・ガースン
  (左の写真) 『冒険』 グリア・ガースンと

 ・私生活では、ジョーン・クロフォードとの関係が再開したり、ポーレット・ゴダードと浮名を流したこともあったが、1949年、社交界の花形 で、初代 ‟ハリウッドのキング” ダグラス・フェアバンクスの未亡人シルヴィア・アシュリーと4度目の結婚。
 しかし、結婚生活は長くは続かず、1952年に離婚。
  (右の写真) 4度目の妻シルヴィア・アシュリーと
with Sylvia Ashley

Mogambo-2  ・復帰後も、『宣伝屋  自信売ります』 (1947年)、『帰郷』 (1948年/監督:マーヴィン・ルロイ、『紅塵』 のリメイク作 『モガンボ』 (1953年/監督:ジョン・フォード などがヒットしたが、戦前程の高い人気ではなくなっていた。
 パラマウント訴訟の影響などで経営の曲がり角を迎えていたMGM社 は、出演料を減額提示。ゲーブルは契約を更新せず、フリーの道を選択した。
  (左の写真) 『モガンボ』 エヴァ・ガードナー(左)、グレース・ケリー(中央)と

 ・1955年、ファッション・モデルのケイ・ウィリアムズと5度目の結婚。
 ‟ハリウッドのキング”、私生活での女性遍歴の華やかさも王様だった。
 ケイ・ウィリアムズは、ゲーブルが亡くなってから4ケ月後に、彼の初めての息子を出産している。
  (右の写真) 5度目の妻ケイ・ウィリアムズと
with Kay Williams

 ・1960年、心臓発作により59歳で他界。
 遺作となった 『荒馬と女』 (1961年/監督:ジョ ン・ヒューストンの撮影後であった。 
The Misfits-2  『荒馬と女』 のラフカット版を試写したゲーブルは、作品と自分の演技に大変満足していたという。
 ゲーブルは荒馬を取り押さえる危険なシーンを、スタントマンを使わずに自ら演じた。
 ‟ハリウッドのキング”の称号に相応しい、見事なラスト・アクトだった。
  (左の写真) 『荒馬と女』 撮影時。モンゴメ リー・クリフト(左)、マリリン・モンロー

 ・ゲーブルの遺体は、最愛の妻キャロル・ロンバードの隣に埋葬された。
  (右の写真) キャロル・ロンバードと

 
AFI (アメリカ映画協会)が1999年に選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、男優部門の第7位に選出。
with Carole Lombard

Youtube
 クラーク・ゲーブル 『風と共に去りぬ』 トリビュート動画



Clark Gable-2
Clark Gable-3

< クラーク・ゲーブル写真館 >

HOME