20世紀・シネマ・パラダイス

startbar
Charles_Laughton

チャールズ・ロートン

Charles Laughton

 
1899-1962 (イギリス/アメリカ)


starbar


     代表作
 
The_Private_Life_of_Henry_VIII
Mutiny_on_the_Bounty
ヘンリー八世の私生活
The Private Life of Henry [.

(1933年/イギリス)
戦艦バウンティ号の叛乱(南海征服)
Mutiny on the Bounty
(1935年/アメリカ)
The_Hunchback_of_Notre_Dame
Tales_of_Manhattan
ノートルダムの傴僂男
The Hunchback of Notre Dame
(1939年/アメリカ)
運命の饗宴
Tales of Manhattan
(1942年/アメリカ)
Hobson's_Choice
Witness_for_the_Prosecution-3
ホブスンの婿選び
Hobson's Choice
(1954年/イギリス)
情婦
Witness for the Prosecution
(1957年/アメリカ)


    英米で活躍したイギリスを代表する名優の1人

 ・1899年、イギリスのスカーボロ生れ。王立演劇アカデミーで演技を学び、1926年にロンドンで舞台デビュー。
 H・G・ウェルズの小説をもとにした短編コメディの3部作『Blue Bottles』、『The Tonic』、『Daydreams(1928年)で銀幕デビュー。同3部作の主演女優だったエルザ・ランチェスターと1929年に結婚した。
 (右の写真)妻のエルザ・ランチェスターと
Elsa_Lanchester

Devil_and_the_Deep  ・夫婦で渡米し、舞台「Peyment Deferred(1931年)でブロードウェイ・デビュー。『魔の家』(1932年)でハリウッド・デビューをした後、『悪魔と深海』、『暴君ネロ』(監督:セシル・B・デミル、H・G・ウェルズの小説「モロー博士の島」の最初の映画化作品『獣人島』(1932年)等に出演した。
 (左の写真)『悪魔と深海』 ゲーリー・クーパー(右)と

The_Sign_of_the_Cross
Island_of_Lost_Souls
『暴君ネロ』(1932年)
『獣人島』(1932年)チャールズ・ロートン(左)

 ・イギリスに戻って出演した『ヘンリー八世の私生活』(1933年/監督:アレクサンダー・コルダで、アカデミー賞主演男優賞を受賞。外国人の受賞はエミール・ヤニングスジョージ・アーリスに次いで3人目だったが、外国映画での同賞受賞は史上初だった。
The_Private_Life_of_Henry_VIII.-2
Laughton_Oscar
『ヘンリー八世の私生活』(1933年)
『白い蘭』(1934年)撮影時
オスカー像を手にするロートン
ノーマ・シアラーフレドリック・マーチ(右)と

 ・『戦艦バウンティ号の叛乱(南海征服)』(1935年)で、再びアカデミー賞主演男優賞にノミネート。受賞は逃したが、同作と『人生は四十二から』(監督:レオ・マッケリーの2作の演技で、第1回ニューヨーク映画批評家協会賞の主演男優賞を受賞した。
 (右の写真)『戦艦バウンティ号の叛乱(南海征服)』
  クラーク・ゲーブル(右)と
Mutiny_on_the_Bounty-2

St._Martin's_Lane  ・1937年、イギリスで、ドイツの映画製作者エリッヒ・ポマーとメイフラワー社を設立。
 同社の2作目『セント・マーティンの小径』(1938年)は、ヴィヴィアン・リー『風と共に去りぬ』(1939年)に出演する前に撮った作品。
 (左の写真)『セント・マーティンの小径』 ヴィヴィアン・リーと
 
 ・メイフラワー社での3作目『巌窟の野獣』(1939年/監督:アルフレッド・ヒッチコックでは、ヒロイン役に無名の新人モーリン・オハラを抜擢。
 (右の写真)『巌窟の野獣』 モーリン・オハラと
Jamaica_Inn

The_Hunchback_of_Notre_Dame-2  ・再びハリウッドに招かれ、『ノートルダムの傴僂男』(1939年)に出演。奇怪なメイクを施し、作品は大ヒットした。
 同作の撮影後、第2次世界大戦が勃発。イギリスでの映画製作が困難となり、メイフラワー社は解散を余儀なくされた。
 (左の写真)『ノートルダムの傴僂男』

 ・『ノートルダムの傴僂男』のヒロイン役でハリウッド・デビューしたモーリン・オハラは、メイフラワー社の解散に伴い米国のRKO社と契約。彼女はアカデミー賞名誉賞を受賞(2014年)した際のスピーチにおいて、映画女優として世に出る機会を与えてくれたロートンの名前を挙げて感謝の言葉を捧げた。
 (右の写真)モーリン・オハラと
Maureen_O'Hara

Tales_of_Manhattan-2
This_Land_Is_Mine
『運命の饗宴』
(1942年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
『自由への闘い』(1943年/監督:ジャン・ルノワール
モーリン・オハラと
The_Paradine_Case
Arch_of_Triumph
『パラダイン夫人の恋』(1947年/監督:アルフレッド・ヒッチコック)
グレゴリー・ペック(左)と
『凱旋門』(1948年/監督:ルイス・マイルストーン
シャルル・ボワイエ(左)と
The_Big_Clock
O._Henry's_Full_House
『大時計』(1948年)
レイ・ミランド(右)と

『人生模様』(1952年)
マリリン・モンロー


 ・1950年、アメリカの市民権を取得。

 ・演技だけでなく、演出でも非凡な才能を発揮。まずはブロードウェイで次の3作品を演出した。
Don_Juan_in_Hell  ・主役の1人と舞台監督を務めた「Don Juan in Hell(1951年/原作:バーナード・ショー)では、シャルル・ボワイエにトニー賞の特別賞をもたらした。
 (左の写真)舞台「Don Juan in Hell」。右から時計回りに、チャールズ・ロートン、アグネス・ムーアヘッド、セドリック・ハードウィック、シャルル・ボワイエ

 ・「John Brown's Body(1953年)では舞台監督に専念した。主演はジュディス・アンダーソン、レイモンド・マッセイ、タイロン・パワー
 (右の写真)左から、タイロン・パワー、レイモンド・マッセイ、チャールズ・ロートン
John_Brown's_Body

The_Caine_Mutiny_Court-Martial  ・同じく舞台監督に専念した「The Caine Mufiny Court-Mattial(1954年)は、ハンフリー・ボガート主演の映画『ケイン号の叛乱』(1954年)と同じ原作の法廷劇で、主役はヘンリー・フォンダが務めた。
 (左の写真)手前の着席者。左から、チャールズ・ロートン、アン・バクスター、ヘンリー・フォンダ(右端)。後列左から、ロイド・ノーラン、タイロン・パワー、レイモンド・マッセイ

 ・イギリスで、『ホブスンの婿選び』(1954年/デビッド・リーンに出演。作品は、黒澤明監督の『生きる』等を押しのけてベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。
 (右の写真)『ホブスンの婿選び』

Hobson's_Choice-2

The_Night_of_the_Hunter-2
 ・『狩人の夜』(1955年)で映画監督デビュー。ロートンはゲーリー・クーパーに出演を要請したが、役柄が自分のイメージにそぐわないと辞退され、ロバート・ミッチャムが代わりに出演した。
 現在ではフィルム・ノワールの名作としてカルト的 な人気を誇る作品だが、公開当時は興行的に失敗作となり、ロートンにとって最初で最後の監督作品となった。
 (左の写真)『狩人の夜』撮影時。ロバート・ミッチャム(左)と

 ・『情婦』(1957年/監督:ビリー・ワイルダーで、自身3度目のアカデミー賞主演男優賞候補となったが、この年の受賞者は、ロートンが辞退した役を演じた『戦場にかける橋』アレック・ギネスだった。
 (右の写真)『情婦』
Witness_for_the_Prosecution-4

Witness_for_the_Prosecution-2  ・『情婦』には妻のエルザ・ランチェスターも出演し、アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた。
 エルザ・ランチェスターとは、『ヘンリー八世の私生活』、『運命の饗宴』、『大時計』等でも共演したが、『情婦』が最後の共演作となった。
 (左の写真)『情婦』撮影時。エルザ・ランチェスターと

Spartacus
Advise_&_Consent
『スパルタカス』(1960年/監督:スタンリー・キューブリック
ピーター・ユスティノフ(左)と

『野望の系列』(1962年/監督:オットー・プレミンジャー
ドン・マレー(左)と


 ・『情婦』でのロートンの演技に感服したビリー・ワイルダー監督は、『あなただけ今晩は』(1963年)のビストロ「口ひげ」のオーナー役をオファーし、ロートンも乗り気だったが、『野望の系列』が遺作となった。

 ・1962年63歳で他界。

Charles_Laughton-2
Charles_Laughton-3


HOME