20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

伝説の映画製作者たち

Scandalbar

   エリッヒ・ポマー (1899-1966年) 戦前のドイツ映画黄金時代の立役者

Erich_Pommer
 ・1907年、フランスのゴーモン社のベルリン支店に入社し、その後ウィーン支店に異動。
 兵役に就いた後、1913年にフランスのエクレア社に入社。

 ・1915年、ベルリンでデクラ社を設立。
  『カリガリ博士』 (1920年/監督:ロベルト・ヴィーネ)、『死滅の谷』 (1921年/監督:フリッツ・ラング
 『ドクトル・マブゼ』 (1922年/監督:フリッツ・ラング) 等を製作。
 ・1923年、デクラ社がウーファ社に統合される。
  『ニーベルゲン』 (1924年/監督:フリッツ・ラング)、『最後の人』 (1924年/監督:F・W・ムルナウ、『ヴァリエテ』 (1925年/監督:
 E・A・デュボン)
、『ファウスト』 (1926年/監督:F・W・ムルナウ) 等を製作。
  ドイツ映画史上空前の巨費を投じた 『メトロポリス』 (1927年/監督:フリッツ・ラング) が赤字となり、ウーファ社を退社。

 ・1927年、渡米。
  ポーラ・ネグリ主演の『帝国ホテル』、『鉄条網』 (1927年) 等を製作。

 
・1928年、ウーファ社に復帰。
  ドイツ初のトーキー 『嘆きの天使』 (1930年)、『会議は踊る』 (1931年) 等を製作。 (右の写真) フリッツ・ラング監督(右)と
Pommer_Lang

 ・1933年、ヒトラー政権が成立。ユダヤ人であったポマーは渡仏。
  同じくフランスへ逃れていたフラッツ・ラング監督の 『リリオム』 (1934年/主演:シャルル・ボワイエ を製作。

 ・1934年、ロンドン・フィルム社のアレクサンダー・コルダに招かれ渡英。
  『無敵艦隊』 (1934年/主演:ローレンス・オリビエヴィヴィアン・リーを製作。

Pommer_Laughton
 ・1937年、チャールズ・ロートンとメイフラワー社を設立。
 『セント・マーティンの小径』 (1938年)、『巌窟の野獣』 (1939年/監督:アルフレッド・ヒッチコック 等を製作。 (左の写真) チャールズ・ロートン (右)と

 
・1939年、第二次世界大戦が勃発。メイフラワー社作品の配給交渉で渡米していたポマーはそのままアメリカに留まり、44年に市民権を取得した。
 RKO社で、『恋に踊る』 (1940年/主演:モーリン・オハラ、『They Knew What They Wanted(1940年/主演:キャロル・ロンバードの2作品を製作。

 ・戦後、ドイツで映画産業の再建に尽力し、数本の映画を製作。晩年はアメリカで暮らした。

HOME