20世紀・シネマ・パラダ イス

hearttbar
Vivien Leigh

ヴィヴィア ン・リー

Vivien Leigh

1913-1967 (イギリス)


heartbar

     代表作

Gone_with_the_Wind
 風と共に去りぬ 
  Gone with the Wind
  (1939年/アメリカ)
Waterloo Bridge
 哀愁
 Waterloo Bridge
  (1940年/アメリカ)
That Hamilton Woman
 美女ありき
  That Hamilton Woman
  (1941年/イギリス)
A Streetcar Named Desire
 欲望という名の電車
 A Streetcar Named
  Desire

  (1951年/アメリカ)
 
    映画史上最も名高きヒロインスカーレット・オハラ を見事に演じた英国人女優

 ・1913年、インドのダージリン (当時はイギリス領)生まれ。本名は Vivian Mary Hartley
 父親は株式仲買人。母親 (インド人の血が流れていたという説がある) は、胎児に美しさが宿るという伝承を信じて、妊娠中は毎朝15分ヒマラヤを見て過ごしていたという。ヴィヴィアンは6歳までダージリンで過ごした。
  (右の写真) 母親とヴィヴィアン(2歳頃)
Vivien and Mother

Vivien_1922
 ・1920年、母親の意向で、イギリスのローハンプトンにあるカトリック女子修道院寄宿学 校に入学。在学中に女優となる夢を抱き始めた。
 2歳年上の学友には、後に女優となり、共演もしたモーリン・オサリヴァンがいた。
  (左の写真) 1922年、9歳頃のヴィヴィアン

 ・1926年、両親と長期のヨーロッパ旅行に出立。パリ滞在中には、フランスの国立劇団 「コメディ・フランセーズ」 の女優から演技のレッスンを受けた。
 ・1931年、イギリスに帰国し、ロンドンの王立演劇学校へ入学。

 ・1932年、19歳の時に、弁護士のハーバート・リー・ホルマンと結婚。翌年、一人娘のスーザンを出産した。
with_Herbert_Leigh_Holman with_Suzanne
最初の夫、ハーバート・ リー・ホルマンと 一人娘のスーザンと

 ・1935年、『探し出されるもの』 の 端役 (女学生役) で銀幕デビュー。
 結婚を機に演劇学校を退学し、家庭に入っていたが、女優となる夢を捨てられなかった。
 2作目の 『田舎紳士』 で、初めて名前がクレジットされた。
 芸名の 「Leigh 」 は夫のミドルネームから取り、「ViVian 」 → 「Vivien 」 へと綴りを変更している。この年、他に2本のイギリス映画に出演した。
  (右の写真) 『田舎紳士』
The_Village_Squire

Mask_of_Virtue
 ・女優として初めて評価され、成功を収めたのは舞台であった。
 初舞台 「The Green Sash 」 に出演後、主役に抜擢された 「美徳の仮面」 での演技が賞賛され、舞台を観たイギリス映画界の重鎮アレクサンダー・コルダの ロンドン・フィルム社と契約した。
  (左の写真) 舞台 「美徳の仮面」 出演時

 
・1936年、シェークスピア劇 「リチャード二世」、「ヘンリー八世」 等に出演。

 ・1937年、ロンドン・フィルム社での最初の作品 『無敵艦隊』で、イギリス演劇界のホープ、ローレンス・オリヴィエと初共演。 恋人役を演じた。
 『間諜』、『茶碗の中の嵐』 に出演後、デンマークへ行き、舞台 「ハムレット」 でローレンス・オリヴィエと再共演。2人は恋に落ちた。
  (右の写真) 『無敵艦隊』 ローレンス・オリビエと
Fire Over England

A_Yank_at_Oxford  ・1938年、MGM社がイギリスで製作した 『響け凱歌』 に出演。
 主役はロバート・テイラー、ヒロインは、かつての学友モーリン・オサリヴァン。
   * モーリン・オサリヴァン …  『類猿人ターザン』 (1932年)のヒロイン役で人気スターに。
    女優のミア・ファローの母親。
 
    (左の写真) 『響け凱歌』 モーリン・オサリヴァン(左)、ロバート・テイラーと

 ・チャールズ・ロート ン共演の 『セント・マーティンの小径』 の撮影後、アメリカへ。目的は2つ。『嵐ケ丘』 (1939年/監督:ウィリアム・ワイラーの撮影でアメリカへ渡っ ていたローレンス・オリヴィエに会うため。もう1つは、原作を読んで以来熱望していた 『風と共に去りぬ』 のスカーレット・オハラ役を射止めるため。
  (右の写真) 『セント・マーティンの小径』 チャールズ・ロートンと
Sidewalks_of_London

Scarlett_O'Hara
 ・ヒロイン役が未定のまま撮影がスタートしていた 『風と共に去りぬ』 (1939年/監督:ヴィクター・フレミング
 ヴィヴィアンが、プロデューサーのデビッド・O・セルズニックと対面したのは、アトランタ炎上シーンの撮影現場。
 炎を見つめるヴィヴィアンを見たセルズニックは、「スカーレットはここにいた!」 と、心の中で叫んだという伝説が残っている。
  (左の写真) 『風と共に去りぬ』 撮影時 
 ヴィヴィアンがスカーレット・オハラ役に決定したのは1938年のXマス。
 神経をすり減らしながらも、世紀の大役を見事に演じ切り、スカーレット・オハラは映画史上最も名高きヒロインとなった。
  (右の写真) 『風と共に去りぬ』 出演時
Gone with the Wind-2

Vivien_Leigh_Oscar
 ・1940年、ローレンス・オリヴィエ共演のイギリス映画 『21日間』 公開。実は、『風と共に去りぬ』 の前に撮影が済んでいた作品。 
 ヴィヴィアンは、デビッド・O・セルズニック製作、ローレンス・オリヴィエ主演の 『レベッカ』 (1940年/監督:アル フレッド・ヒッチコック のスクリーン・テストを受けたが不合格に。
 3月、アカデミー賞で主演女優賞を受賞。
  (左の写真) オスカー像を手にするヴィヴィアン・リー

youtubelogo
 第12回アカデミー賞。主演女優賞受賞のスピーチ


 ・ハリウッドで 『哀 愁』 (1940年/監督:マーヴィン・ルロイに出演。
 ヴィヴィアン本人の最も好きな作品であるとされ、彼女のファンの間でも、『風と共に去りぬ』 と人気を2分するメロドラマの古典的名作。
  (右の写真) 『哀愁』  ロバート・テイラーと
Waterloo Bridge-2

 ・1940年5月、全米で 『哀愁』 が公開された時期、ブロードウェイの舞台 「ロミオとジュリエット」 で、ローレンス・オリヴィエと共演。そして、各々離婚が成立した2人は8月に結婚した。

That Hamilon Woman-2 ・晴れて夫婦となったヴィヴィアンとローレンス・オリヴィエは、イギリス映画 『美女ありき』 (1941年/監督:アレクサンダー・コルダ)で共演。
  (左の写真) 『美女ありき』  ローレンス・オリヴィエと

 ・第二次世界大戦中はイギリスで舞台に立ち、43年には、英軍兵士を慰問するため北アフリ カ各地を回った。

 ・イギリス映画 『シーザーとクレオパトラ』 (1945年) の撮影中に妊娠していることが判明 したが、撮影後に流産してしまい、この頃から躁鬱病の症状が現れ始めたと言われている。
  (右の写真) 『シーザーとクレオパトラ』  クレオパトラに扮したヴィヴィアン
Caesar and Cleopatra

Anna Karenina ・戦後の第1作目は、イギリス映画 『アンナ・カレニナ』 (1948年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
 裕福な家庭に生まれ、上等な教育を受けたヴィヴィアンは、幼い頃からかなりの読書家で、トルストイは敬愛する作家の一人であった。
  (左の写真) 『アンナ・カレニナ』  ラル フ・リチャードソン

 ・1948年、夫妻でオーストラリアとニュージーランドでの巡業公演に出立。舞台は成功 を収めたが、ヴィヴィアンは不眠症に悩まされ、夫婦はお互いの顔を平手打ちし合う喧嘩をするなど、亀裂が生じ始めたと言われている。

 ・1949年、ロンドンで、ローレンス・オリヴィエが舞台監督を務めたテネシー・ウィリア ムズの戯曲 「欲望という名の電車」に出演。9ケ月間に及ぶロングランとなる大ヒット。
 ハリウッドで製作された同作品の映画  (1951年/監督:エリア・カザン では、当初オファーを受けたオリヴィア・デ・ハヴィランドが辞退し、舞台同様ヴィヴィアンがヒロインを 演じ、2度目のアカデミー賞主演女優賞の他、多くの賞を受賞した。
  (右の写真) 映画版 『欲望という名の電車』 マーロン・ブランド
A Streetcar Named Desire-2
 『風と共に去りぬ』 に引き続き、アメリカ南部の女性を演じてオスカーを獲得したヴィヴィアン。この時のアカデミー賞授賞式は欠席し、グリア・ガースンが代理でオスカー像を受け取った。

 ・1951年から52年にかけて、ロンドンとブロードウェイの舞台で、「アントニーとクレオパトラ」、「シーザーとクレオパトラ」 に夫婦で出演。

Elephant_Walk  ・1953年、ハリウッド映画 『巨象の道』 の撮影で、セイロン (現スリランカ) に出立したが、撮影途中に神経衰弱で倒れ降板。代役にはエリザベス・テイラーが起用された。
 共演のピーター・フィンチとヴィヴィアンは不倫の関係になったと言われている。 (左の写真) 『巨象の道』 の撮影に向かうヴィヴィアン。 ダナ・アンドリュース(左)、
  ピーター・フィンチ(右)と 
  * ピーター・フィンチ … 『ネットワーク』 (1976年) での演技により、死後にアカデミー賞を受賞した最初の俳優としても有名。

 ・ヴィヴィアンは再起不能とも報道されたが、ロンドンの舞台 「眠りの森の王子」 (共演:ローレンス・オリヴィエ) で復帰。
 観客からはスタンディング・オベーションで迎えらた。

 ・1955年、イギリス映画 『愛情は深い海の如く』 (監督:アナトール・リトヴァク に出演。
 イギリスの舞台で、シェークスピアの 「十二夜」、「マクベス」 等に夫婦で出演。
  (右の写真) 1955年の舞台 「マクベス」 ローレンス・オリヴィエと
Macbeth

 ・1956年、妊娠していることが判明。医師の了解を得て、舞台 「South Sea Buble 」 に出演していたが、またしても流産。この時期、前夫のホルマンも、ローレンス・オリヴィエと協力してヴィヴィアンの面倒を看ていた。

Titus Andronicus
 ・1957年、シェークスピア劇 「タイタス・アンドロニカス」 のヨーロッパ巡業公演。ローレンス・オリヴィエとの最後の共演となった。
  (左の写真) 舞台 「タイタス・アンドロニカス」 出演時。ローレンス・オリヴィエと

 ・1958年、ローレンス・オリヴィエと別居。「破局」 とのニュースが流れた。
 ヴィヴィアンはロンドンの舞台で、「天使たちの決闘」 に出演。

 ・1959年、ロンドンの舞台で、「ルルを求めて」 に出演。

 ・1960年、ローレンス・オリヴィエとの離婚が成立。
 ブロードウェイの舞台 「天使たちの決闘」 に出演。

  ・1961年、ハリウッド映画 『ローマの哀愁』 に出演。
  (右の写真) 『ローマの哀愁』  ウォーレン・ベイティ
The_Roman_Spring_of_Mrs._Stone

John_Merivale_(The_Lady_of_the_Camellias)-2
 ・1961年7月から翌年の5月まで、オーストラリア、ニュージーランド、ラテンアメリカ での巡業公演。
 ローレンス・オリヴィエに代ってヴィヴィアンを支えたのは、この巡業にも参加していた4歳年下の俳優ジョン・メリヴェール。結婚はしていないが、ヴィ ヴィアンが亡くなるまで生活を共にしていた。
  (左の写真) 舞台 「椿姫」 (1961〜1962) で共演した時のヴィヴィアンとジョン・メリヴェール

 ・1963年、ブロードウェイで、コメディ・ミュージカルの 「Tovarich 」 に出演。
 ヴィヴィアンの歌とダンスは絶賛され、トニー賞のュージカル主演女優賞を受賞。
  (右の写真) 舞台 「Tovarich 」 のダンスシーン
  

Tovarich

 ・躁鬱病の悪化と肺結核により、1年近く闘病生活を送った。ベティ・デイビス主演の 『ふるえて眠れ』 (1964年) への出演オファーを受けたが辞退。代わりにオリヴィア・デ・ハヴィランドが出演した。

Ship of Fools
 ・1965年、体調が回復し、ハリウッド映画 『愚か者の船』 (監督:スタンリー・クレイマー に出演。ヴィヴィアン最後の映画となった。
 同年、イギリスで、舞台 「伯爵夫人」 に出演。
  (左の写真) 『愚か者の船』 でのヴィヴィアン


 ・1966年、ブロードウェイの舞台劇 「イワーノフ」 に出演。
 ヴィヴィアンの最後の仕事となった。
  (右の写真) 舞台 「イワーニフ」 共演のジョン・メリヴェールと
Ivanov
 ・1967年、結核が再発し、ロンドンのアパートで療養生活に。
 7月8日の深夜、帰宅したメリヴェールが倒れているヴィヴィアンを発見。既に息を引き取っていた。喀血が気管支に詰まっての窒息死であった。享年53歳。メリヴェールから通報を受けたローレンス・オリヴィエも駆けつけた。

Tickerage_Mill  ・ヴィヴィアンの遺体は荼毘に付され、遺灰は彼女のお気に入りの場所であったイングランド 南東部にあるティッカレッジ・ミル湖に撒かれた。
  (左の写真)ティッカレッジ・ミル湖 
  かつてヴィヴィアンがメリヴェールと住んでいたコテージ
 ・ヴィヴィアン・リーが出演した映画は20本にも満たない (アカデミー賞受賞2回は高確率)
 もっと多くの映画に出演して欲しかったが、本人はローレンス・オリヴィエとの舞台での共演を優先したのだろう。
 離婚後も、部屋には彼の写真が飾ってあったという。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第16位に選出。

Vivien Leigh-2
Vivien Leigh-3

< ヴィヴィアン・リー 写真館 >

HOME



ヴィヴィアン・リーが愛用していた香水。