20世紀・シ ネマ・パラダイス

Scandalbar

クラシック・モンスターズ

Scandalbar

Kaibutsukun
 怪物映画と言えば、ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男。
 3大モンスターは漫画の 「怪物くん」 でもお馴染み。
  (左の画像) 漫画の 「怪物くん」


   ドラキュラ

 『吸血鬼ノスフェラトゥ』 (1922年)

 サイレント期のドイツの巨匠F・W・ムルナウの作品。
 ブラム・ストーカーの恐怖小説 「ドラキュラ」(1897年) の映画化権が得られず、名前を「ノスフェラトゥ」 (不死者) に変えるなど、独自の解釈により完成させた怪奇映画の元祖。 
Nosferatu-2

Bela Lugosi
 『魔人ドラキュラ』 (1931年)

 小説 「ドラキュラ」 を映画化した最初の作品。
 ドラキュラ伯爵を演じたベラ・ルゴシは怪奇映画のスターとなったが、晩年は薬物中毒になり、そのことを公表した。ムルナウ監督の 『ジェキル博士とハイド』 (1920年) にも出演していた。

 『吸血鬼ドラキュラ』 (1958年)

 ドラキュラ伯爵を演じて怪奇映画のスターとなったクリストファー・リー。
 世界で最も多くの映画(250本以上)に出演した俳優として、ギネスブックに認定されている。
Christopher Lee


   フランケンシュタイン

Boris Karlof
 『フランケンシュタイン』 (1931年)

  ユニヴァーサル社が 『魔人ドラキュラ』 に次ぐ怪奇映画の第2弾として製作。ベラ・ルゴシが断ったモンスター役を演じたボリス・カーロフも人気スターとなった。
 なお、フランケンシュタインとはモンスターを創った科学者の名前。


   狼男

 『狼男』 (1941年)

 日本では劇場未公開。これもユニヴァーサル社の作品。
 狼男を演じたのはロン・チェイニー・ジュニア。父親は 「千の顔を持つ男」 と呼ばれたサイレント期の怪奇映画のスター。『魔人ドラキュラ』 でドラキュラ伯爵を演じる予定であったが、1930年に47歳で亡くなっている。
Lon Canet Jr.

Michael Jackson
 「狼男」 と言えば、King of Pop マイケル・ジャクソンの 「スリラー」 (1983年) も有名。
 ミュージック・ビデオの歴史を変えた名作。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   キング・コング

 『キング・コング』 (1933年)

 3大モンスターとはちょっと系統が違うが、クラシック映画のモンスターとして忘れてはならないのがキングコング。こちらはRKO社の作品。
King Kong


youtube-logo
 Classic Monsters



   おまけ ターザン

Johnny Weaissmuller
 モンスターではないが、クラシック映画の人気ヒーロー、密林の王者ターザンについて。
 ターザンはサイレント期から映画化されており、演じた役者は何人もいるが、最も有名なのがジョニー・ワイズミューラー。1924年と28年のオリン ピックで金メダルを5つも獲った水泳選手。その後俳優に転じ、 『類猿人ターザン』 (1932年) が大ヒット。以後、計12本ものターザン映画に出演した。
 有名な 「アーア・アー」 の雄叫びは本人の声ではなく人工音とのこと。
  ジョニー・ワイ ズミューラーは、最晩年には痴呆のような症状が出て、病室で 「アーア・アー」  の雄叫びをあげていた、というちょっと可哀想な話が伝わっている。

 ターザン・シリーズの人気者だったチンパンジーの 「チータ」 。
 チータを演じたチンパンジーは30匹近くいたらしいが、その中の1匹、『類猿人ターザン』 (1932年) と 『ターザンの復讐』 (1934年) に出演したチンパンジーが、2011年12月に80歳で大 往生した。
 チンパンジーの平均寿命は45歳位。世界一長寿のチンパンジーとしてギネスブックにも登録されたらしい。多才多芸で、筆をとって絵を描くことが趣味であったという。
  (右の写真) モーリン・オサリヴァン(左)、ジョニー・ワイズミューラー(右)
Cheetah

HOME