20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

伝説の映画製作者たち

Scandalbar

   アレクサンダー・コルダ (1893-1956年) ロンドン・フィルム社を設立 イギリス映画界の重鎮

Alexander_Korda
 ・ハンガリーにてユダヤ人の両親のもとに生まれた。
 ジャーナリストとなり、映画評論や映画誌の編集などをしていたが、1914年に映画監督としてデビューした。
 1919年、ハンガリー革命が起きるなど、政情不安定な状況で反ユダヤ主義が蔓延し、コルダは国外へ脱出。ウィーン、ベルリン、ハリウッドで映画を撮ったが、ハリウッドのスタジオ・システムに馴染めなかった。
 ・1932年、イギリスでロンドン・フィルム社を設立。
 チャールズ・ロートン主演の 『ヘンリー八世の私生活』 (1933年)、『レンブラント 描かれた人生』 (1936年) 等を自ら製作・監督した。
  (右の写真) 『レンブラント 描かれた人生』 撮影時。
   左から、コルダ、チャールズ・ロートン、ガートルード・ローレンス

Rembrandt
Knight_Without_Armour
 ・海外の実力者を積極的に招いた。フランスのルネ・クレール監督の 『幽霊西へ行く』 (1935年/主演:ロバート・ドーナットジャック・フェデー監督の 『鎧なき騎士』 (1937年/主演:マレーネ・ディートリッヒを製作し、ドイツの大製作者エリッヒ・ポマーには、『無敵艦隊』 (1937年/主演:ローレンス・オリビエヴィヴィアン・リー を製作させた。
  (左の写真) 『鎧なき騎士』 撮影時。マレーネ・ディートリッヒと
 ・第二次世界大戦中はアメリカへ逃れ、『美女ありき』 (1941年/主演:ヴィヴィアン・リー、ローレンス・オリビエ) を製作・監督するなどした。

 ・戦後、イギリスへ戻り、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の 『アンナ・カレニナ』 (1948年/主演:ヴィヴィアン・リー)キャロル・リード監督の『落ちた偶像』 (1948年/主演:ラルフ・リチャードソン『第三の男』 (1949年/主演:オーソン・ウェルズ、ローレンス・オリビエ監督の 『リチャード三世』 (1955年) 等を製作した。 
  (右の写真) 『アンナ・カレニナ』 撮影時。ヴィヴィアン・リーと
Anna_Karenina
  * 『第三の男』 はキャロル・リード、デビッド・O・セルズニックとの共同製作。『リチャード三世』 はローレンス・オリビエとの共同製作。

 
・1942年に叙勲され、映画人としては初めてサーの称号を得た。

London_Film

HOME