20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Carol_Reed

キャロル・リード

Carol Reed

  1906-1976 (イギリス)

Megaphonrbar

  ◆ 代表作

Odd_Man_Out
 邪魔者は殺せ
 Odd Man Out
  
(1947年/イギリス)
The_Fallen_Idol
 落ちた偶像
  The Fallen Idol
  (1948年/イギリス)
The_Third_Man
 第三の男
  The Third Man
  (1949年/イギリス)
Oliver  オリバー!
 
Oliver !  
 (1968年/イギリス)

    イギリス映画不滅の名作 『第三の男』 を監督

 ・1906年、ロンドン生れ。ナイトの称号を与えられた舞台俳優ハーバート・ビアボーン・ツリーと愛人との間の次男。
 16歳の時に、兄が営んでいる養鶏場 (アメリカのマサチューセッツ) へ赴いたが半年で帰国。父親と同じく俳優となり、人気作家エドガー・ウォーレスの劇団で、彼のアシスタントも務めるようになった。

 ・1927年、ウォーレスがブリティッシュ・ライオン社の会長に就任し、映画界にも進出。彼の下で映画製作を学んでいたが、ウォーレスが 『キングコング』 (1933年) の脚本を執筆中の32年に急死。リードはアソシエーテッド・トーキング・ピクチャーズ社に入り、助監督等を経て、『Midshipman Easy (1935年) で監督デビュー。その後、10数本を監督し、第二次世界大戦中は陸軍の映画班に所属した。

 ・戦後の初監督作品 『邪魔者は殺せ』 (1947年) が、英アカデミー賞の英国作品賞を受賞。
Odd_Man_Out-3
Odd_Man_Out-2
『邪魔者は殺せ』 ジェームズ・メーソン
『邪魔者は殺せ』 撮影時。ジェームズ・メーソン(右)と

 ・イギリス映画界の重鎮アレクサンダー・コルダから作家のグレアム・グリーンを紹介され、彼の短編小説 「地下室」 を映画化した 『落ちた偶像』 (1948年) で、2年連続英アカデミー賞の英国作品賞を受賞。
The_Fallen_Idol-3
The_Fallen_Idol-2
『落ちた偶像』 ボビー・ヘンリー (左) と ラルフ・リチャードソン
『落ちた偶像』 撮影時。ミシェル・モルガン

 ・コルダ、グリーンと再び組んだ 『第三の男』 (1949年) で、3年連続英アカデミー賞の英国作品賞を受賞 (3作ともサスペンス作品)。同作はカンヌ国際映画祭でグランプリも受賞し、リード監督はイギリスを代表する巨匠の1人となった。
Carol_Reed_&_Graham_Greene.
The_Third_Man-2
グレアム・グリーン (右) と
『第三の男』 撮影時。オーソン・ウェルズ (右) と

 ・海洋小説家ジョゼフ・コンラッド原作の 『文化果つるところ』 (1951年)、再びのサスペンス 『二つの世界の男』 (1953年) を監督。
 1953年、ナイト爵を授与され、父親と同じくサーの称号を得た。映画関係者では、アレクサンダー・コルダ (42年)ローレンス・オリヴィエ (47年) に次いでの名誉であった。
Outcast_of_the_Islands The_Man_Between
『文化果つるところ』 撮影時。隣はトレヴァー・ハワード 『二つの世界の男』 クレア・ブルーム と ジェームズ・メーソン

 ・人情喜劇 『文なし横丁の人々』 (1955年) を撮った後、ハロルド・ヘクトとバート・ランカスターの独立プロに招かれ、ハリウッドで娯楽大作 『空中ぶらんこ』 (1956年) を監督。ランカスターにベルリン国際映画祭の男優賞をもたらした。
A_Kid_for_Two_Farthings
Trapeze
『文なし横丁の人々』 セリア・ジョンソン
『空中ぶらんこ』 ジーナ・ロロブリジーダ と バート・ランカスター

 ・トレヴァー・ハワードに英アカデミー賞の主演男優賞をもたらした 『鍵』 (1958年/英)、グレアム・グリーンとの3作目 『ハバナの男』 (1959年/英) を監督。
The_Key
Our_Man_in_Havana
『鍵』 トレヴァー・ハワード (左) と ウィリアム・ホールデン
『ハバナの男』 撮影時。アレック・ギネス (左) と

 ・再びハリウッドに招かれ、『戦艦バウンティ』 (1962年) の撮影に臨んだが、主演のマーロン・ブランドと馬が合わず、ルイス・マイルストーン監督と交替。イギリスに戻り、『逃げる男』 (1963年) を監督。
Mutiny_on_the_Bounty The_Running_Man
『戦艦バウンティ』 撮影時。マーロン・ブランドと
『逃げる男』 リー・レミック と ローレンス・ハーヴェイ

 ・『華麗なる激情』 (1965年) ではミケランジェロの生涯を描き、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの 「オリバー・ツイスト」 の映画化作品 『オリバー!』 (1968年) では、62歳にして初めてミュージカルに挑んだ。
The_Agony_and_The_Ecstasy Oliver-2
『華麗なる激情』 撮影時。チャールトン・ヘストン
『オリバー!』 撮影時。マーク・レスターと

 ・『オリバー!』 は、米アカデミー賞でその年最多の11部門でノミネートされ、作品、監督、美術・装置、音響、ミュージカル映画音楽の5部門で受賞。リード監督は 『第三の男』 以来2度目のノミネーションでの受賞であった。

 ・その後、アンソニー・クイン主演のコメディ 『最後のインディアン』 (1970年)、ミア・ファロー主演の恋愛コメディ 『フォロー・ミー』 (1972年) を監督。

 ・1976年69歳で他界。
Carol_Reed_Oscar
 
HOME