20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Charlton_Heston

チャールトン・ヘストン

Charlton Heston

 
1923-2008 (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
The_Ten%20Commandments
 十戒
 The Ten Commandments
 (1956年/アメリカ)
Touch_of_Evil
 黒い罠
 Touch of Evil
  (1958年/アメリカ)
Ben-Hur
 ベン・ハー
 Ben-Hur
 (1959年/アメリカ)
Planet_of_the_Apes
 猿の惑星
 Planet of the Apes
 (1968年/アメリカ)
Soylent_Green  ソイレント・グリーン
 Soylent Green
 (1973年/アメリカ)
Airport_1975  エアポート '75
 Airport 1975
 (1974年/アメリカ)

     ◆  『十戒』、『ベン・ハー』 … 史劇のヒーロー

 ・1923年、イリノイ州生れ。本名は John Charles Carter 。10歳の時に両親が離婚。母親が再婚してから母親の旧姓チャールトンと義父の姓ヘストンを併せてチャールトン・ヘストンと名乗るようになった。

 ・高校時代から演技に取り組み、16mmのサイレント映画 『Peer Gynt (1941年) では主役を務めた。そして、奨学
金を得てノースウエスタン大学で演技を学んだ。
 1944年から2年間、陸軍航空隊で無線操縦士などを務め、除隊後、舞台 「アントニーとクレオパトラ」 (1947年) の端役でブロードウェイ・デビューをし、マイナー会社の低予算映画 『ジュリアス・シーザー』 (1950年) でアントニウスを演じ、プロの俳優として銀幕デビューをした。
 (右の写真) 『ジュリアス・シーザー』
Julius_Caesar_1950

Dark_City
 ・舞台劇を放映するTV番組で 「嵐が丘」 (1950年) のヒースクリフを演じたのが名製作者ハル・B・ウォレスの目に留まり、フィルム・ノワール作品 『虐殺の街』 (1950年) の主役に抜擢された。メジャーの映画俳優となるチャンスだったが、さして評判にならず、その後もTV番組への出演が続いた。
 (左の写真) 『虐殺の街』 リザベス・スコットと

 ・巨匠セシル・B・デミル監督の娯楽大作 『地上最大のショウ』 (1952年) でサーカス団の団長役を演じ、メジャーの映画俳優となった。
 (右の写真) 『地上最大のショウ』 ジェームズ・ステュアート(右)と
The_Greatest_Show_on_Earth

The_Ten_Commandments  ・デミル監督曰く、「ミケランジェロが彫刻した聖書の人物にそっくり 」。超大作のスペクタクル史劇 『十戒』 (1956年) の主人公モーゼ役に抜擢され、作品は記録的な大ヒット。世界的な人気スターとなった。
 (左の写真) 『十戒』

 ・『黒い罠』 (1958年) は、ヘストンの希望により奇才オーソン・ウェルズが10年ぶりにハリウッドで監督を務め、フィルム・ノワールの古典的名作となった。
 (右の写真) 『黒い罠』 ジャネット・リー
Touch_of_Evil-2

The_Big_Counry
The_Wreck_of_the_Mary_Deare
『大いなる西部』 (1958年) グレゴリー・ペック(右)と
『メリー・ディア号の難破』 (1959年) ゲーリー・クーパー(右)と

Ben_Hur
 ・ハリウッド史劇の金字塔 『ベン・ハー』 (1959年) でアカデミー賞主演男優賞を受賞。授賞式のスピーチでは、監督のウィリアム・ワイラー、製作途中で亡くなったプロデューサーのサム・ジンバリスト等の名前を挙げて感謝の意を表した。
 (左の写真) 『ベン・ハー』

youtube
 アカデミー賞授賞式。司会:ボブ・ホープ、プレゼンター:スーザン・ヘイワード



 ・舞台劇、中でもシェークスピア劇を好んでいたヘストンは、敬愛していたシェークスピア劇の第一人者ローレンス・オリヴィエが舞台監督を務めたブロードウェイ劇 「The Tumbler (1960年) に出演したが、これは僅か4日で打ち切りとなった。

El Cid
55_Days_at_Peking
『エル・シド』 (1961年) ソフィア・ローレンと
『北京の55日』 (1963年) エヴァ・ガードナー
The_Greatest_Story_Ever_Told
Will_Penny
『偉大な生涯の物語』 (1965年)
『ウィル・ペニー』 (1968年)

 ・『ベン・ハー』 以後は大ヒット作に恵まれていなかったが、SF映画 『猿の惑星』 (1968年) が大ヒット。新たなファンも獲得し、続編の 『続・猿の惑星』 (1970年) にも出演した。
 (右の写真) 『猿の惑星』 リンダ・ハリソンと
Planet_of_the_Apes

Antony_and_Cleopatra
 ・イギリス映画 『ジュリアス・シーザー』 (1970年) でマルクス・アントニウスを演じ、イギリス・スイス・スペインの合作映画 『アントニーとクレオパトラ』 (1972年) では、再びマルクス・アントニウスを演じただけでなく、自ら監督も務め、シェークスピア劇の映画化という長年の夢を実現させた。
 (左の写真) 『アントニーとクレオパトラ』 ヒルデガード・ニールと

 ・1970年代は数多くの大作映画で主役を務めた。
Soylent_Green-2
Airport_1975-2
『ソイレント・グリーン』 (1973年) エドワード・G・ロビンソン(右)と
『エアポート '75』 (1974年)
Earthquake
Midway-2.
『大地震』 (1974年) エヴァ・ガードナーと 『ミッドウェイ』 (1976年) ヘンリー・フォンダ(右)と

 ・息子のフレイザーが脚本を執筆した 『ワイオミング』 (1980年)、『大金塊』 (1982年) にも出演した。以後、TV出演の方が多くなったが、大ヒット作 『アルマゲドン』 (1998年) ではナレーターを務め、『PLANET OF THE APES/猿の惑星』 (2001年/監督:ティム・バートン) に類人猿役で出演する等、晩年まで息長く活躍した。
 (右の写真) 『PLANET OF THE APES/猿の惑星』
Planet_of_the_Apes_2001

 ・私生活では、1944年に女優のリディア・クラークと結婚。自身が亡くなるまで64年間連れ添った。 
Heston-4
 人種差別の撤廃を訴え、キング牧師が有名な演説 「I Have a Dream 〜 私には夢がある 」 をしたワシントン大行進 (1963年) にも参加した。
 スキャンダルもなく誠実な人柄で、俳優仲間からの信望も厚く、1965年から71年まで映画俳優組合の代表も務めた。
 1977年度のアカデミー賞でジーン・ハーショルト友愛賞を受賞。
 (左の写真) アカデミー賞授賞式にて。プレゼンターのベティ・デイビス
 当初は民主党の支持者だったが、70年代前半から共和党を支持するようになり、1998年には共和党の最大の支持団体の1つでもある全米ライフル協会の会長に就任。コロンバイン高校銃乱射事件 (1999年) を題材としたドキュメンタリー映画 『ボウリング・フォー・コロンバイン』 (2002年)の中でのマイケル・ムーア監督による突撃インタビュー等は物議を醸した。
 (右の写真) 全米ライフル協会の集会で銃を所持する権利を訴え続けたヘストン。
Heston-5
Heston-6
 2002年、アルツハイマー病と診断され、俳優業から引退し、全米ライフル協会の会長も辞任した。
 2003年、大統領自由勲章を授かった。
 (左の写真) ジョージ・W・ブッシュ大統領 (右) と

 2008年84歳で他界。

Charlton_Heston-2
Charlton_Heston-3

HOME