20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Susan Hayward

スーザン・ヘイワード

Susan Hayward

 1917-1975 (アメリカ)


heartbar

   代表作

With_a_Song_in_My_Heart
 わが心に歌えば
  With a Somg in My Heart
  (1952年/アメリカ)
The_Snows_of_Kilimanjaro
 キリマンジャロの雪
 The Snows of Kilimanjaro
 (1952年/アメリカ)
I'll_Cry_Tomorrow
 明日泣く
 I'll Cry Tomorrow 
 (1955年/アメリカ)
I_Want_to_Live!  私は死にたくない
 I Want to Live !
 (1958年/アメリカ)

    5度目のノミネートで念願のオスカーを獲得

 ・1917年、ニューヨーク州生れ。本名は Edythe Marrenner
 高校卒業後、モデルをしていたが、1937年、『風と共に去りぬ』 のオーディションを受けるためにハリウッドへ。同作の役を得ることは出来なかったが、エキストラとして映画に出演し始め、ゲーリー・クーパー主演の 『ボー・ジェスト』 (1939年) で、初めて大きな役を得た。
 (右の写真) 『ボー・ジェスト』 右から時計回りに、レイ・ミランド、スーザン・ヘイワード、
  ロバート・プレストン、ゲーリー・クーパー 

Beau_Geste

 ・イングリッド・バーグマンの 『四人の息子』 (1941年)ポーレット・ゴダードの 『絶海の嵐』 (1942年)ヴェロニカ・レイクの 『奥様は魔女』 (1942年) 等でセカンド・ヒロインを務め、戦後、独立系の製作者ウォルター・ウェンジャーと契約。

Smash-Up_the_Story_of_a_Woman
 ・『Smash-Up, the Story of a Woman (1947年) で、アカデミー賞主演女優賞にノミネート。
 結婚して家庭に入った後、アルコールに溺れていくナイトクラブの歌手を演じた。
 (左の写真) 『Smash-Up, the Story of a Woman

 ・『愚かなり我が心』 (1949年)で、アカデミー賞主演女優賞に2度目のノミネート。
 軍事訓練中に事故死した恋人の子供を宿しているを伏せたまま、別の男性と結婚した女性を演じた。原作は、J・D・サリンジャーの 「コネティカットのひょこひょこおじさん」。
 (右の写真) 『愚かなり我が心』 ダナ・アンドリュース
My_Foolish_Heart

With_a_Song_in_My_Heart-2
 ・『わが心に歌えば』 (1952年)で、3度目のノミネート。
 第2次世界大戦中、兵士の慰問活動に向かうため搭乗した飛行機が墜落し、左足の膝下を失った人気歌手ジェーン・フローマン (1907〜1980年) の伝記映画。歌声はフローマン本人が吹替えた。
 ヘイワードは、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) を受賞した。 (左の写真) 『わが心に歌えば』

The_Snows_of_Kilimanjaro-2
Garden_of_Evil
『キリマンジャロの雪』 (1952年) グレゴリー・ペック
『悪の花園』 (1954年) ゲーリー・クーパーと

 ・『明日泣く』(1955年) で、4度目のノミネート。
 1920〜30年代前半、ブロードウェイや映画で活躍しながらも、アルコールに溺れて転落したリリアン・ロス (1910〜1980年) が、1954年に出版し、ベストセラーとなった半生記の映画化作品。カンヌ国際映画祭の女優賞を受賞。
 * リリアン・ロス … マルクス兄弟の 『けだもの組合』 (1930年) 等に出演。
  (右の写真) 『明日泣く』
I'll_Cry_Tomorrow-2

Soldier_of_Fortune
The_Conqueror
『一攫千金を夢見る男』 (1955年) クラーク・ゲーブル
『征服者』 (1956年) ジョン・ウェイン

I_Want_to_Live!-2
 ・『私は死にたくない』 (1958年/監督:ロバート・ワイズ で、念願のアカデミー賞主演女優賞を受賞。
 刑が執行されるまで、無罪を主張した実在の死刑囚を演じた。
 (左の写真) 『私は死にたくない』

youtube
 アカデミー賞授賞式。司会:ジェリー・ルイス、プレゼンター:ジェームズ・キャグニーキム・ノヴァク


 ・受賞後、「これまではオスカーのために仕事をしてきた。これからは楽しみやお金のために仕事をしていくわ 」 と、喜びを爆発させた。

 ・私生活では、1944年に俳優と結婚し、双子の男子を授かったが、54年に離婚。翌55年、睡眠薬により自殺を図ったこともあった。
 1957年、元連邦捜査官の農場主と再婚。ジョージア州の農場に移り住んでからも、ほぼ1年に1作品のペースで映画に出演していたが、66年に夫が亡くなってからは銀幕から遠ざかった。 
Susan_Hayward_Oscar

 ・ウィリアム・ホールデン主演の 『復讐の荒野』 (1972年) で、5年ぶりに銀幕復帰した矢先、脳腫瘍を発病。投薬治療を続けたが、1973年度のアカデミー賞授賞式で、チャールトン・ヘストンと共に主演女優賞のプレゼンンターを務めたのが最後の仕事となった。

 ・1975年57歳で他界。

Susan_Hayward-2
Susan_Hayward-3

HOME