20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Jennifer_Jones

ジェニファー・ジョーンズ

Jennifer Jones

 1919-2009 (アメリカ)


heartbar

   代表作

The_Song_of_Bernadette
 聖処女 
  The Song of Bernadette
  (1943年/アメリカ)
Duel_in_the_Sun
 白昼の決闘 
  Duel in the Sun
  (1946年/アメリカ)
Portrait_of_Jennie
 ジェニイの肖像
 Portrait of Jennie
 (1948年/アメリカ)
Carrie  黄昏
 Carrie
 (1952年/アメリカ)
Stazione_Termini  終着駅
 Stazione Termini
 (1953年/伊・米)
Love_Is_a_Many-Splendored_Thing
 慕情
 Love is a Many-Splendored
   Thing

 
(1955年/アメリカ)

    大プロデューサーの後ろ盾を得て人気スターに

 ・1919年、オクラホマ州生れ。本名はPhylis Lee Isley 。両親が巡業劇団の俳優だったため、子供の頃から舞台に出演していた。ノースウェスタン大学を中退し、ニューヨークのアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツに入学したが、同窓生のロバート・ウォーカーと恋に落ち、結婚 (1939年)。2人は学校を中退した。
 ウォーカーがラジオの仕事を得て、彼女の故郷オクラホマへ戻っていたが、父親の勧めでハリウッドへ。彼女はパラマウント社のオーディションに落選し、B級映画専門のリパブリック社と契約。ジョン・ウェイン主演の 『New Frontier 』、1話15〜20分の連続活劇 『Dick Tracy's G-Men (1939年) に出演した。
  (右の写真) 『New Frontier 』 ジョン・ウェイン(右) と
New_Frontier

Jennifer_Jones-4  ・1940年に長男のロバート・ウォーカー・ジュニア、41年に次男のマイケルを出産。
 息子たちも俳優となった。
  (左の写真) 夫の ロバート・ウォーカーと息子たちと

 ・ブロードウェイ劇 「Claudia (1941年) のオーディションに臨み、役を得ることは出来なかったが、彼女の演技を見ていた原作者から、ハリウッドの大物製作者デビッド・O・セルズニックを紹介され、セルズニックと専属契約。従来は本名で活動していたが、ジェニファー・ジョーンズ の芸名を授けられた。
 *Claudia 」 のヒロイン役を射止めたドロシー・マクガイアも、セルズニックにスカウトされ、同舞台の映画化作品 (1943年) で銀幕
  デビューを果たした。


 ・セルズニックは、20世紀FOX社に、『聖処女』 (1943年) のヒロイン役としてジェニファーを推薦。スクリーン・テストに合格した彼女は、19世紀のフランスに実在したカトリック教会の聖女ベルナデッタ・スビルーを演じた。
 本格的な銀幕デビュー作であったが、アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた。
  (右の写真) 『聖処女』 出演時のジェニファー
The_Song_of_Bernadette-2

Jennifer_Jones_Oscar
 ・1944年3月2日。彼女の25歳の誕生日でもあった日に開催された第16回 (1943年度) アカデミー賞授賞式で、主演女優賞を受賞。ハリウッドの新星となった。
  (左の写真) オスカー像を手にするジェニファー

 ・2作目はセルズニック製作の 『君去りし後』 (1944年)。主演のクローデット・コルベールの娘を演じたが、恋人役に抜擢されたのがロバート・ウォーカー。
 撮影期間中、ジェニファーはセルズニックと不倫の関係になり、ロバート・ウォーカーと別居。45年に離婚した。
 ジェニファーは同作でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。
  (右の写真) 『君去りし後』 ロバート・ウォーカーと
Since_You_Went_Away
 * ロバート・ウォーカー … 『東京上空三十秒』 (1944年/監督:マーヴィン・ルロイ、『見知らぬ乗客』 (1951年/監督:アルフレッド・ヒッチコック等に出演。ジェニファーとの離婚後、酒に溺れるようになり、51年に32歳の若さで亡くなった。

Love_Letters  ・3作目は、ワーナー・ブラザース社から独立した名製作者ハル・B・ウォリス製作の 『ラブ・レター』 (1946年)。同作でもアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。
  戦後の日本で最初に公開されたジェニファーの作品。
  (左の写真) 『ラブ・レター』 ジョセフ・コットン

 ・4作目、20世紀FOX社に貸し出されて出演した 『小間使』 (1946年) では、コメデイエンヌとしての才能も披露した。
 名匠エルンスト・ルビッチ監督が、生前に完成させた最後の作品。
  (右の写真) 『小間使』 シャルル・ボワイエ
Cluny_Brown

 ・セルズニックからプロポーズされたジェニファーは、「『風と共に去りぬ』 に負けない作品を作って下さい 」 と言ったという。その為かどうか、セルズニック製作の 『白昼の決闘』 (1946年/監督:キング・ヴィダー は、『風と共に去りぬ』 を上回る600万ドルの製作費をかけ、200万ドルもの広告宣伝費を投入した超大作となった。
Duel_in_the_Sun-2  ジェニファーは、兄弟から愛される、先住民との混血娘を熱演。
 作品は、インフレ調整後の興行成績で歴代第100位 (2017年現在) となる大ヒットとなり、ジェニファーはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた (4年連続のノミネーション)。
  (左の写真) 『白昼の決闘』 グレゴリー・ペック

 ・セルズニック製作の 『ジェニイの肖像』 (1948年) に出演。貧しい画家の前に、美しい女性が時空を超えて現れるというファンタジー作品だが、公開当時は興行的に失敗作となった。
 セルズニックは、前作の 『パラダイン夫人の恋』 (1947年/監督:アルフレッド・ヒッチコック) も興行不振であったため、巨額の負債を抱えることとなった。
  (右の写真) 『ジェニイの肖像』 ジョセフ・コットンと
Portrait_of_Jennie-2

Jennifer_Jones-5  ・セルズニックは、MGM社のボス、ルイス・B・メイヤーの娘と結婚していたが、48年に離婚が成立。
 49年、ジェニファーとセルズニックは再婚し、54年に長女のメアリーを授かった。
  (左の写真) セルズニックと

 ・セルズニックは、製作現場に過度に介入するため、ハリウッドでは嫌われ者となり、活動の場を欧州へ求めた。
 夫がイギリスで 『第三の男』 (1949年) を製作している間、ジェニファーは、『We Were Strangers(1949年/監督:ジョン・ヒューストン、『ボヴァリー夫人』 (1949年/監督:ヴィンセント・ミネリに出演。
 その後、ジェニファーもイギリスへ渡り、セルズニックが製作総指揮の 『女狐』 (1950年/監督:マイケル・パウエル & エメリック・プレスバーガーに出演。
 セルズニックは、完成した作品に不満で、アメリカでは、ルーベン・マムーリアン監督に追加撮影させた再編集版が、別題 『The Wild Heart(1952年) として公開された。
  (右の写真) 『女狐』 :英題は 『Gone to Earth
Gone_to_Earth

Stazione_Termini  ・ハリウッドで、『黄昏』(1952年/監督:ウィリアム・ワイラー)、『ルビイ』 (1952年/監督:キング・ヴィダー)に出演後、イタリアで、セルズニック製作総指揮の 『終着駅』 (1953年/監督:ヴィットリオ・デ・シーカに出演。旅先のイタリアで出会った青年との情事に苦悩する人妻を巧みに演じ、大製作者セルズニックの最後の名作となった。
  (左の写真) 『終着駅』 モンゴメリー・クリフト

 ・アンフェタミンを常用する等、精神的に不安定だったセルズニックは、『終着駅』 の後、映画製作から離脱。ジェニファーは、『悪魔をやっつけろ』 (1953年/監督:ジョン・ヒューストン) 、『慕情』 (1955年) に出演。『慕情』 のロケで香港へ
向かう際、ウィリアム・ホールデンと共に来日もした。
 作品は大ヒットし、ジェニファーは9年ぶりにアカデミー賞主演女優賞にノミネートもされた。 (右の写真) 『慕情』 ウィリアム・ホールデンと
Love_Is_a_Many-Splendored_Thing-2

 ・『美わしき思い出』 (1955年)、グレゴリー・ペックとの再共演作 『灰色の服を着た男』 (1956年)、ノーマ・シアラー主演 『白い蘭』 (1934年) の リメイク作 (1957年/日本未公開) に出演。

A_Farewell_to_Arms
 ・セルズニックが、ハリウッドでは 『ジェニイの肖像』 以来、9年ぶりとなる劇場用映画 『武器よさらば』 (1957年) を製作。ジェニファーがヒロインを演じたが、当初の監督であったジョン・ヒューストンが、セルズニックと対立して解任されるトラブルもあり、完成した作品は批評家から酷評され、興行的にも失敗。セルズニック最後の作品となった。
 (左の写真) 『武器よさらば』 ロック・ハドソンと
  * アーネスト・ヘミングウェイの 「武器よさらば」 は、『戦場よさらば』 (1932年) に次いで、2度目の映画化。

 ・『武器よさらば』 出演後、銀幕から遠ざかっていたが、フィッツジェラルドの小説 「夜はやさし」 の映画化作品 『夜は帰って来ない』 (1962年) で、5年ぶりに銀幕復帰。 (右の写真) 『夜は帰って来ない』 出演時

 
・1965年、セルズニックが他界。ジェニファーはアルコールに溺れるようになり、低予算の 『『留学体験 霧の中でさようなら』 (1966年/イギリス映画)、『ザ・ダ
Tender_is_the_Night
ムド/あばかれた虚栄』 (1969年) の2作品に出演しただけで、半ば引退に近い状況だった。67年には、『聖処女』、『白昼の決闘』で共演し、親交のあったチャールズ・ビックフォードの死にショックを受け、多量の睡眠薬を飲んで自殺を図ったこともあった。

Norton_Simon
 ・1971年、食品加工会社を手始めに、財を成した億万長者で、美術品収集家でもあったノートン・サイモンと再々婚。
  (左の写真) 3人目の夫ノートン・サイモンと

 ・オールスター・キャストの大作パニック映画 『タワーリング・インフェルノ』 (1974年) に出演。ゴールデン・グローブ賞の助演女優賞にノミンートもされ、本格的な復帰が期待されたが、76年に、娘のメアリーが投身自殺をする不幸に見舞われ、『タワーリング・インフェルノ』 が最後の作品となった。
  (右の写真) 『タワーリング・インフェルノ』 フレッド・アステア
The_Towering_Inferno

 ・ノートン・サイモンも、前妻との間に授かった息子の1人を自殺で亡くしており、1980年、夫妻は精神病疾患者の為に、ジェニファー・ジョーンズ・サイモン基金を設立。

 ・『愛と追憶の日々』 (1983年) のヒロインの母親役を演じることを希望し、映画化の権利を取得したが、その願いは叶わず、その役を演じたシャーリー・マクレーンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した。

 ・第70回 (1998年)、第75回 (2003年) のアカデミー賞授賞式に、過去のオスカー受賞者の1人として登場。

 ・93年、夫が他界した後は、彼のコレクションを展示している美術館の館長に就任。2007年には、次男のマイケルにも先立たれた。

 ・2009年90歳で他界。

Jennifer_Jones-2
Jennifer_Jones-3

HOME