20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
The_Big_Country

     大いなる西部
     The Big Country
     監督:ウィリアム・ワイラー
     (1958年/アメリカ)
filmbar

 
 名匠ウィ リアム・ワイラーの大作西部劇

 船乗りだった東部の男ジム・マッケイが、 牧場主の娘パット・テリルと結婚するためにテキサス州にやって来た。ジムは牧童頭のスティーブに案内され、友人のジュリーの家に 立ち寄っていたパットと再会した。
The_Big_Country-1
The_Big_Country-2
 ジムとパットは彼女の自宅へ向かう途中で、テリル牧場と敵対しているヘネシー牧場の長男バックたちと出くわした。ジムは手荒な仕打ちを受けたが相手にしなかった。「海の世界でもある…新 顔への挨拶さ 」。
The_Big_Country-3
The_Big_Country-4
 翌朝。ジムがやられっぱなしだったことは皆に知れ渡っていた。パットを慕っているスティー ブが荒馬をあてがい、嫌がらせだと察したジムが乗馬を取り止めるという一幕もあった。
 パットの父親ヘンリーが、ジムが受けた侮辱の仕返しをするため、牧童たちを引き連れてヘネ シー牧場に乗り込むことになった。ジムが止めたが、ヘンリーは聞く耳を持たなかった。「名誉を守るのがテキサス人だ 」。
The_Big_Country-5 The_Big_Country-7
 牧場に残ったジムは荒馬に挑み、ついに乗りこなした。ヘンリーたちは町でバックの仲間を捕 まえてリンチした。
The_Big_Country-9
The_Big_Country-10
 テリル家でジムとパットの婚約を祝うパーティーが開催された。そこへ、ヘネシー牧場の主ルーファスが乗り込んできて、ヘンリーを挑発した。両家は水源地を巡って長年敵対していたのだった…。
The_Big_Country-11
The_Big_Country-12

  

youtube
 『大いなる西部』 予告編

 
   ◆ 主な出演者など

ジム・マッケイ役
ジュリー役
スティーブ役
パット・テリル役
Gregory_Peck
Jean_Simmons
Charlton_Heston
Carroll_Baker
グ レゴリー・ペック
ジー ン・シモンズ
チャールトン・ヘストン
キャロル・ベイカー
ルーファス・ヘネシー役
ヘンリー・テリル役
バック・ヘネシー役

Burl_Ives
Charles_Bickford
Chuck_Connors
The_Big_Country-24
バール・アイヴス
チャールズ・ビックフォード
チャック・コナーズ


 ・サタデー・イヴニング・ポスト紙に連載された小説の映画権を取得したグレゴリー・ペック が、『ローマの休日』 (1953年) で組んだウィリアム・ワイラーに監督を要請。ワイラー監督はペックとの共同製作者にもなったが、2人は撮影中に衝突し、3年後に和解するまでは絶縁状態に なっていたという。
 撮影中に脚本が度々書き替えられたため、「役作りが困難だった (ジーン・シモンズ談) と の声も。 (右の写真) ウィリアム・ワイラー監督とメイン・キャストたち 
The_Big_Country-25

The_Big_Country-26
 ・チャールトン・ヘストンは出演を辞退するつもりだったが、エージェントから、ペックやワ イラーのような大物たちと仕事することは今後のキャリアに役立つ、とアドバイスされて出演。ワイラー監督の次作 『ベン・ハー』 (1959年) で主役を演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞することに繋がった。
 (左の写真) ウィリアム・ワイラー監督(右端) とメイン・キャストたち 

 ・バール・アイヴスがアカデミー賞助演男優賞を受賞。フォーク・ソング歌手としてデビュー し、ブロードウェイの舞台でも活躍。‟赤狩り” のブラック・リストに名前を載せられるという苦難の時期を乗り越え、『エデンの東』 (1955年)、『熱いトタン屋根の猫』 (1958 年) 等でも名脇役として活躍した。
 (右の写真) バール・アイヴス。オスカー像を手に。
Burl_Ives_Oscar

The_Big_Country-27
 ・当時の大統領アイゼンハワーが本作を大変気に入り、ホワイトハウスで4日連続上映会を開 催した。

 (左の写真) 左から、バール・アイヴス、チャック・コナーズ、チャーズル・ビックフォード、アルフォンソ・ベドヤ (ラモン役。本作撮影後に心臓発作で他界)。グレゴリー・ペック、チャールトン・ヘストン

< 『大いなる西部』 主題曲 >

  ピックアップ … キャロル・ベイカー

Carroll_Baker-2  Carroll Baker   1931〜  (アメリカ)

 ・ペンシルベニア州生れ。18歳の時にフロリダ州に引っ越し、セントピーターズバーグ短期大学に入学。在学中、フロリダ産の果物と野菜をPRする美人コ ンテストで優勝した。

 ・俳優を志し、ニューヨークへ。TVCM等に出演しながらアクターズズタジオで演技を学んだ。
 ・1953年に銀幕デビュー。『ジャイアン ツ』 (1956年) で注目を集め、次作 『ベビイドール』 (1956年) での演技でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。
Giant
Baby_Doll
『ジャイアンツ』 (1956年/監督:ジョージ・スティーヴンス
ジェームズ・ディーンと  * カラー作品
『ベビイドール』 (1956年/監督:エリア・カザン
How_the_West_Was_Won Cheyenne_Autumn
『西部開拓史』 「第1話 河」 (1962年/監督:ヘンリー・ハサウェイジェームズ・ステュアート 『シャイアン』 (1964年/監督:ジョン・フォード
リチャード・ウィドマーク
  * 『西 部開拓史』 「第3話 南北戦争」 (監督:ジョン・フォード) にも出演

 ・ジーン・ハーローに扮した主演作 『ハーロー』 (1965年) の興行不振、映画会社との契約上のトラブル、2度目の結婚生活の破綻 (69年に離婚成立) 等が重なり、1967年から約10年間、イタリアを拠点に活動。お色気を売りにした作品 にも出演した。

HOME