20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Giant

     ジャイアンツ
     Giant
     監督:ジョージ・スティーヴンス
     (1956年/アメリカ)
filmbar

 
 テキサス の大牧場主一家の30年を描いた大河ドラマ

 1920年頃。テキサスの大牧場主ジョーダ ン・‟ビック”・ベネディクト2世は、種付け用の名馬を買うため東部のメリーランドへ行き、良家の令嬢レズリーと惹かれ合って結婚した。
Giant-1
Giant-2
 ベネディクト家はビックの姉ラズが 切り盛りしており、ビックと仲の悪い牧童ジェット・リンクはラズによって首を免れていた。レズ リーは東部との習慣の違いに戸惑っていたが、持ち前の気丈夫さで次第に馴染んでいった。
Giant-3
Giant-4
 ビックをはじめテキサス人は、牧場で下働きをしているメキシコ人を見下して差別していた が、レズリーは隣人として接し、ラズの反感を買っていた。
Giant-5
Giant-6
 ある日、レズリーがジェットの案内でメキシコ人の集落を訪ね、病人の世話をしている時、ラ ズがレズリーの愛馬を乗りこなそうとして落馬し、命を落とした。
Giant-7
Giant-8
 ラズは牧場の一画をジェットに寄贈するとの遺書を残していた。牧場を分割したくないビック は地価の倍の現金を支払うと言ったが、ジェットはそれを断り、小さいながらも自分の土地を手に入れた。
Giant-9
Giant-10
 お互いに気の強いビックとレズリーは時に喧嘩をしながらも愛し合い、男女の双子を授かっ た。
Giant-11
Giant-12
 レズリーはメキシコ人の集落を訪ねた帰りにジェットの家に招待された。ジェットはレズリー に想いを寄せており、家の壁には彼女の写真が貼られていた。
Giant-13
Giant-14
 ビックとレズリーは3人目の子供にも恵まれたが、育児の考えに隔たりがあった。双子の4歳 の誕生日、ビックは泣 いて嫌がる息子を無理やり馬に乗せた。その夜、レズリーは子供たちを連れて暫らく里帰りすることを告げた。
Giant-15
Giant-16
 夫婦は感謝祭を別々に過ごした。レズリーの妹の結婚式で久々に顔を合わせた2人は愛し合っ ていることを再確認し、一緒にテキサスへ戻った。
 ジェットは地下に石油があると踏み、借金をして土地を掘っていたが、遂に油脈を掘り当てた…。
Giant-17
Giant-18

  

youtube
 『ジャイアンツ』 予告編



  主な出演者など

Elizabeth_Taylor Rock_Hudson James_Dean  レズリー役
  エリザベス・テイラー
 ビック役
  ロック・ハドソン
 ジェット役
  ジェームズ・ディーン

 ・女流作家エドナ・ファーバーが12年かけて執筆した大河小説 「Giant(1952年) の映画化作品。
 * エドナ・ファーバー … 「ショウ・ボート」 (1929年、1936年、1951年と3度映画化)、「シマロン」 (1931年、1960年と2度映画化)、「サラトガ本線」 (1950年に映画化) 等の小説家。
 (右の写真) エドナ・ファーバー と ジョージ・スティーヴンス監督
Edna_Ferber_&_George_Stevens

Giant-33
 ・ビック役には、クラーク・ゲー ブルゲーリー・クーパージョン・ウェインといった大物が候補として挙がったが、年齢が高過ぎると見送られた。その後、ウィリアム・ホールデン、スターリング・ヘイドンなどが候補となったが、スティーヴン ス監督がロック・ハドソン主演の 『決斗!一対三』 (1953年) を観て、彼の起用を決めたと言われている。
 (左の写真) エリザベス・テイラー と ロック・ハドソン

 ・レズリー役はオード リー・ヘップバーンが辞退。エリザベス・テイラーとグレース・ケリーが最終候補 として残り、スティーヴンス監督がロック・ハドソンに意見を求めた結果、エリザベス・テイラーの起用が決まったという。本作はワーナー・ブラザース社の作 品だが、ロック・ハドソンはユニヴァーサル社、エリザベス・テイラーはMGM社から借り受けての起用だった。
 (右の写真) ロック・ハドソン と エリザベス・テイラー
Giant-34

Giant-35
 ・ジェット役は、第一候補だったアラ ン・ラッドに辞退され、この役を得たくてアピールしていたジェームズ・ディーンが起用された。
 自分の考えに妥協を許さぬ完璧主義者のジョージ・スティーヴンス監督と、役作りに熱中するジェームズ・ディーンとは、時に軋轢を生じさせながらの撮影 だったという。
 (左の写真) エリザベス・テイラー と ジェームズ・ディーン

 ・キャストも決まり、いざ撮影開始という頃に、エリザベス・テイラーが妊娠(2人目の子) していることが判明。彼女が出産 (1955年2月)し、 現場復帰出来るまで撮影が延期された。ジェームズ・ディーンはこの期間に 『理 由なき反抗』 (1955年) に出演し、『ジャイアンツ』 の撮影は1955年5月に開始された。
 (右の写真) 左から、マーセデス・マッケンブリッジ、エリザベス・テイラー、ロック・ハドソン、
  ジェームズ・ディーン、ジョージ・スティーヴンス監督

Giant-36

Giant-37
 ・ラズ (ビックの姉の方) 役のマーセデス・マッケンブリッジのカウボーイ・ハットはゲーリー・クーパーから贈られたものだった。撮影所で偶然に居合わせたクーパーが、彼女の真新し い帽子を見て、手持ちの衣装から取り寄せたもので、馬の小便のシミがあったという。クーパー曰く、「馬の小便のシミはテキサス人の誇りです 」。ジェームズ・ディーンに横取りされそうになったとのエピソードも。 (左の写真) マーセデス・マッケンブリッジ と ジェームズ・ディーン

 ・自身の出演シーンを撮り終えたジェームズ・ディーンが事故死 (1955年9月30日) し、エリザベス・テイラーはショックで数日間寝込んでしまったという。ラストのロック・ハドソンとの対話のシーンはディーンの死後に撮影された。 
 ディーン演じるジェッ ト・リンクが泥酔して演説するシーンの台詞の一部が聞き取りづらかったため、ニック・アダムスによって吹き替えられた。
 (右の写真) ジェームズ・ディーン と エリザベス・テイラー
Giant-38

Giant-39
 ・ジョージ・スティーヴンス監督は、一つのシーンを多くの角度から撮影するスタイルだった ため、最終的に撮影されたフィルムは約100時間分 (完成した作品は3時間21分) にも及んだとい う。編集作業に1年を要し、スティーヴンス監督が映画化に着手してから4年後の1956年10月に公開された。この間、スティーヴンス監督は無報酬だった という。
 (左の写真) 左から、ジョージ・スティーヴンス監督、エリザベス・テイラー、ロック・ハドソン

 ・作品はワーナー・ブラザース社最大のヒット作 (当時) となり、アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞 (ロック・ハドソンとジェームズ・ディーン)、助演女優賞 (マーセデス・マッケンブリッジ) 等、9部門で10のノミネーションを受け、ジョージ・スティーヴンス監督が 『陽 のあたる場所』 (1951年) 以来、2度目の監督賞を受賞した。
 (右の写真) オスカー像を手にするジョージ・スティーヴンス監督
George_Stevens


HOME