20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Rebel_Without_a_Cause

     理由なき反抗
     Rebel Without a Cause
     監督:ニコラス・レイ
     (1955年/アメリカ)
filmbar

 
 The First American Teenager ジェームズ・ディーンの人気作品

 復活祭の夜。高校生のジムは路 上で酔い潰れて補導された。警察署には、父親と喧嘩して夜間外出したジュディ、母親の拳銃で子 犬を撃ち殺したプレイトウも補導されていた。
 ジムは暴力事件を起こして、この町に引っ越して来たばかりだった。彼は少年課のレイ刑事に説 得され、迎えに来た両親と一緒に帰宅した。
Rebel-1
Rebel-2
 ジムは転校先へ初登校した。ジュディもプレイトウも同じ学校の生徒で、ジュディは不良グ ループの仲間だった。
 プラネタリウムでの授業中、ジムは不良グループに目をつけられ、リーダーのバズとナイフで決 闘した。しかし、守衛に止められ、夜、‟チキン・ラン” で決着をつけることになった。
Rebel_Without_a_Cause/Rebel-3
Rebel_Without_a_Cause/Rebel-4
 帰宅したジムは父親の威厳のない態度に苛立ち、ジュディは愛情を示さない父親と喧嘩し、各 々家を飛び出し、‟チキン・ラン”の決闘場へと向かった。
Rebel-5
Rebel-6
 ‟チキン・ラン” が行われる断崖絶壁には、不良グループだけでなく、ジムの事を慕っているプレイトウも駆けつけていた。
Rebel-7
Rebel-8
youtube
 ‟チキン・ラン” 


  


youtube
 『理由なき反抗』 予告編


  主な出演者など

Rebel_Without_a_Cause-2
 ジム役ジェームズ・ディーン James Dean
 ジュディ役ナタリー・ ウッド Natalie Wood
 プレイトウ役 … サル・ミネオ Sal Mineo
 

 ・ニコラス・レイ監督が執筆した原案を2人の脚本家が脚色したストーリーで、元のタイトル は 「The Blind Run 」 だった。
 当初、白黒で撮影されていたが、『エデンの東』 公開後、ジェームズ・ディーンの人気が沸騰。製作費がアップされ、カラー作品となった。
 (右の写真) ニコラス・レイ監督 (左) と ジェームズ・ディーン
 
Rebel_Without_a_Cause-3
 ・「Rebel Without a Cause 」 … 心理学者のロバート・M・リンドナーが犯罪常習者にインタビューした内容を小説風に著した本 (1944年出版)のタイトル。ワーナー・ブラザース社が映画化を企画し、銀幕デビュー前のマーロン・ブランドがスクリーン・テストを受けてもいた (1947年) が、製作取り止めとなった。タイトルだけが本作に採用されたが、内容は全く異なる。

Rebel_Without_a_Cause-4
 ・ジェームズ・ディーンは役作りに没頭し、アドリブも許されていた。オープニングの路上で 酔い潰れるシーンは脚本には無く、ジミーの思いつきで撮影されたという。また、ナイフで決闘するシーンでは、本物のナイフを使用していたとの伝説も残って いる。
 (左の写真) 映画の冒頭。路上で酔い潰れたシーンのジェームズ・ディーン

 ・撮影は1955年3月から5月。サンタモニカ高校 (ドーソン校の場面)、グリフィス天文台 (プラネタリウムの場面)『サンセット大通り』 (1950年) でも使用された屋敷 (空き家の場面) 等で撮影された。
 (右の写真) 『サンセット大通り』 では、ウィリア ム・ホールデンが死体となって浮いたプールにて。ナタリー・ウッド、ジェームズ・ディーン、サル・ミネオの3人。
Rebel_Without_a_Cause-5

Rebel_Without_a_Cause-6
 ・アカデミー賞では、助演男優賞 (サル・ミネオ)、 助演女優賞 (ナタリー・ウッド)、脚本 (原案) 賞 (ニコラス・レイ) の3部門でノミネートされたが受賞は逃した。
 同年、ジェームズ・ディーンは 『エデンの東』 の演技で主演男優賞にノミネートされていた。
 (左の写真) 左から、サル・ミネオ、ナタリー・ウッド、ジェームズ・ディーン

 ・ティーンエイジという概念は1950年代に成立し、1955年はティーンエイジャーの文 化が開花した年だった。荒れるハイスクールを描いた映画 『暴力教室』 の主題曲 ‟ロック・アラウンド・ザ・クロック” が大ヒットし、ロックン・ロールの時代が幕を開いた。そして、ジェームズ・ディーンの主演作が公開され、彼はティーンエイジャーたちのアイドル、象徴的な 存在となった。 Rebel_Without_a_Cause-7
Rebel_Without_a_Cause-8
 1975年、ジェームズ・ディーンの生涯を描いたTVのドキュメンタリー番組 「The First American Teenager 」 が放映され、日本では 『ジェームズ・ディーンのすべて 青春よ永遠に』 (1977年) のタイトルで劇場公開された。
 サル・ミネオ曰く、「それまでは大人と子供しかいなかった…。ジミーこそファースト・アメリカン・ティーンエイジャーだ 」。
 * 撮影時の実際の年齢 … ジェームズ・ディーン24歳、ナタリー・ウッド16歳、
  サル・ミネオ16歳。


 1998年、AFI (アメリカ映画協会) が選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 で第59位に。

 ・グリフィス天文台にはジミーの胸像が設置されており、彼が本作の中で運転したマーキュリー・クーペ (1949年型) は、ネバダ州リノの国立自動車博物館に展示されている。
Rebel_Without_a_Cause-9

Gif-1  おまけ
 このチキン野郎 … 本編では使用されなかったシーン
 

  ピックアップ … ニコラス・レイ監督

Nicholas_Ray  Nicholas Ray 1911 -1979 (アメリカ)

 ・『ブルックリン横丁』 (1945年/監督:エリア・カザ ンの台詞監督等を経て、ファーリー・グレンジャー主演のフィルム・ノワール作品 『夜の人々』 (1949年) で監督デビュー。
 ハンフリー・ボガート主演の知られざる名作 『孤独な場所で』 (1950年)ジョーン・クロフォード主 演の異色の西部劇 『大砂塵』 (1954年) 等を監督。ジェームズ・ディーン主演の 『理由なき反抗』 (1955年) は一番の代表作となった。

In_A_Lonely_Place
Johnny_Guitar
『孤独な場所で』 撮影時
ハンフリー・ボガート (中央)、グロリア・グレアムと

『大砂塵』 撮影時
ジョーン・クロフォードと

Rebel_Without_a_Cause-10
55_Days_at_Peking
『理由なき反抗』 撮影時
ジェームズ・ディーン (右) と

『北京の55日』 (1963年) 撮影時
エヴァ・ガードナー


 ・フランスのヌーヴェルヴァーグの監督たちから高く評価され、中でもジャン=リュック・ゴ ダールからは崇拝されていた。

 ・晩年、何本かの映画に俳優として出演。『アメリカの友人』 (1977年/監督:ヴィム・ヴェンダース) で は、『理由なき反抗』 にも出演したデニス・ホッパーと共演した。 (右の写真) 『アメリカの友人』 デニス・ホッパー(左)と
Der_amerikanische_Freund

HOME