20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
A_Place_in_the_Sun

     陽のあたる場所
     A Place in the Sun
     監督:ジョージ・スティーヴンス
     (1951年/アメリカ)
filmbar

 
 チャップ リンも絶賛した恋愛映画の古典的名作

 伝道師の母親と2人きりの貧しい家庭に育ち、ホテルの給仕をしていたジョージ・イーストマンは、伯父が営む水着メーカーの工場で職に就くことが出来た。
 ある晩、ジョージは映画館で女工のアリス・トリップと偶然に隣り合わせた。会社の規則で職場 恋愛は禁じられていたが、2人は恋愛関係になった。
A_Place_in_the_Sun-1
A_Place_in_the_Sun-2
A_Place_in_the_Sun-3
 ジョージは伯父の家でのパーティーに招待され、名家の令嬢アンジェラ・ヴィッカースと 知り合った。彼にとって ‟高嶺の花” だった女性だ。その日は、アリスの家でジョージの誕生日を祝う約束だったが、ジョージは4時間も遅れてしまった。アリスは泣き崩れ、妊娠したことを打ち明 け た。2人の交際が明らかになれば会社をクビになる。ジョージは堕胎を薦め、アリスは渋々ながらも承知した。
A_Place_in_the_Sun-4
A_Place_in_the_Sun-5
A_Place_in_the_Sun-6

  

youtube
 『陽のあたる場所』 予告編



  主な出演者など

A_Place_in_the_Sun-22
 ジョージ・イーストマン役モンゴメリー・クリフト Montgomery Clift
 アンジェラ・ヴィッカース役エリザベス・テイラー Elizabeth Taylor
 アリス・トリップ役 … シェリー・ウィンタース Shelley Winters

 ・原作は、セオドア・ドライサーの 「アメリカの悲劇」 (1925年出版)。1906年に実際に起った殺人事件を題材に、貧富の差を生む資本主義、物質的な豊かさ・成功をアメリカン・ドリームと 煽る社会へ警鐘を鳴らした社会派のベストセラー小説。(実際の殺人犯チェスター・ジレットは、恋人をテニスラケットで殴 り倒した後、溺死させたとされている)

 ・1926年、ブロードウェイで上演され、1930年には、アメリカに滞在していたセルゲイ・M・エイゼンシュテイン監督が映画化を試みるも実現しなかっ た。
 1931年、ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督によって映画化され たが、単なるメロドラマだったため、製作したパラマウント社は、作品を歪めたとして、ドライサーから訴えられている。
  (右の写真) 『アメリカの悲劇』 シルヴィア・シドニー とフィリップス・ホームス
An_American_Tragedy

A_Place_in_the_Sun-23  ・ドライサーの没 (1945年) 後 に 製作された 『陽のあたる場所』 もメロドラマで、社会風刺的な内容は影を潜めた。
 主人公のジョージを野心的な人物と評する文献が散見されるが、彼のアンジェラに対する愛情は純粋なものとして描かれており、そこには、物欲や立身出世欲 といった不純なもの、嫌らしさは全くない。(左の写真) 左から、シェリー・ウィンタース、モンゴメリー・クリフト、ジョージ・スティーヴンス監督

 ・ 悪人には成りきれなかったジョージをはじめ、本作には悪役が登場しない。誰かを悪役としていたら、メロドラマ仕立ての通俗な犯罪ドラマとなっていたかもし れない。登場人物たちに悪意がないからこそ、観客は彼等に同情する。原作とは趣旨が異なるが、あまりにも悲しい第一級のメロドラマに仕立てたジョージ・ス ティーヴンス監督の手腕は見事である。(右の写真) 左から、ジョージ・スティーヴンス監督、モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラー
A_Place_in_the_Sun-24

 ・本作は1951年に公開されたが、撮影は1949年にスタートし、エリザベス・テイラー が最初の結婚(1950年5月) をする前に終了している。パラマウント社が、自社の 『サンセット大通り』 (1950年) とアカデミー賞で競合するのを避ける
A_Place_in_the_Sun-25
ため公開を遅らせたとされているが、これは後付けの理由で、編集に1年近くかかったというの が本当らしい。ちなみに、ハリウッドきっての完璧主義者と言われていたスティーヴンス監督は、『偉大な生涯の物語』 (1965年) の編集には、2年を要している。
 (左の写真) 左から、スティーヴンス監督、エリザベス・テイラー、モンゴメリー・クリフト。
 リズが湖に入るシーンは、雪が残る冬に撮影された。水から出た彼女は本当に寒そうだ。


 ・批評家、観客から好評を得て、その年のパラマウント社最大のヒット作となった。チャップリンは 「アメリカについて、これまでに作られた最高の映画 」と絶賛した。
 (右の写真) 左から、エリザベス・テイラー、モンゴメリー・クリフト、シェリー・ウィンタース

 ・アカデミー賞では、作品賞など9部門でノミネートされ、監督、脚色、撮影
A_Place_in_the_Sun-26
(白黒部門)、編集、劇・喜劇映画音楽、衣 装デザイン (白黒部門/イーディス・ヘッド の6部門で受賞した。

  ピック・アップ … シェリー・ウィンタース

Shelley_Winters  Shelley Winters  1920〜2006  (アメリカ)

 ・1920年、ミズーリ州にて、ユダヤ系の両親のもとに生れる。

 ・1941年にブロードウェイ、43年に銀幕デビュー。下積みの期間が長く続いたが、ロナ ルド・コールマン主演の 『二重生活』 (1947年) でブレイク。40年代後半の一時期、ハ リウッド・スタジオ・クラブで、マリリン・モンローとルームメイトだった。
  * ハリウッド・スタジオ・クラブ … ハリウッドで働く女性たちの共同宿舎。1975年に閉鎖された。
 
デビュー当時は、金髪とグラマーが売りの典型的なハリウッド・タイプの女優だったが、演技派への脱皮を図って出演した 『陽のあたる場所』 (1951年) で、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。
A_Double_Life-2
Winchester_'73
『二重生活』 (1947年/監督:ジョージ・キューカー
 ロナルド・コールマンと
『ウィンチェスター銃 ’73』 (1950年/監督:アンソニー・マン)
ジェームズ・ステュアート
A_Place_in_the_Sun-27
The_Night_of_the_Hunter
『陽のあたる場所』
モンゴメリー・クリフトと

『狩人の夜』 (1955年/監督:チャールズ・ロートン
ロバート・ミッチャム

 ・ジョージ・スティーヴンス監督との2作目 『アンネの日記』 (1959年)、『いつか見た青い空』 (1965年) で、2 度アカデミー賞助演女優賞を受賞。『アンネの日記』 でのオスカー像をアンネ・フランク財団に寄贈。アムステルダムの 「アンネ・フランクの家」 に展示されている。
 『ポセイドン・アドベンチャー』 (1972年) でもアカデミー賞助演女優賞にノミネート。受賞は 逃したが、ゴールデン・グローブ賞の助演女優賞を受賞した。
The_Diary_of_Anne_Frank Lolita
『アンネの日記』
リチャード・ベイマーと
『ロリータ』 (1962年/監督:スタンリー・キューブリック)
ジェームス・メーソン
A_Patch_of_Blue
The_Poseidon_Adventure
『いつか見た青い空』 シドニー・ポワチエと
『ポセイドン・アドベン チャー』 ジャック・アルバートソンと
 ・ブロードウェイでも活躍。ユダヤ系のコメディアン、マルクス兄弟の母親を演じた 「Minnies's Boy (1970年)等に出演した。

 ・私生活では4度結婚した。2人目の夫 (1952〜54 年) は、イタリアの人気俳優ヴィットリオ・ガスマン。『マンボ』 (1954年) で共演した。3人目 (1957〜60年)は、舞 台で共演したアンソニー・フランシオサ。4人目は、長年連れ添った男性で、彼女が亡くなる数時間前に結婚した。

 ・2006年85歳で他界。
Shelley_Winters_Oscar

HOME