20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Sergei M. Eisenstein

セルゲイ・M・エイゼンシュテイン

Sergei Mikhailovich Eisenstein

1898-1948 (ソビエト)

Megaphonrbar

   代表作

Strike  ストライキ
 Stachka
 (1925年/ソビエト)
Bronenosets Potyomkin  戦艦ポチョムキン
 Bronenosets Potyomkin
  
(1925年/ソビエト)
/Aleksandr_Nevskiy
 アレクサンドル・ネフスキー
 Aleksandr Nevskiy
 (1938年/ソビエト)
Ivan Grozny
 イワン雷帝
 Ivan Grozny
  (1944年/ソビエト)

    モンタージュ理論の実践により映画史に不滅の名を残す

 ・1898年、ロシア帝政下のラトビア生れ。ロシア革命時に赤軍に入隊し、ポスター画家として活動。1920年、モスクワの労働者劇場で背景画を描き、翌21年から名演出家メイエルホリドのもとで演劇を学んだ。
 その後、ドイツの 『ドクトル・マブゼ』 (1922年/監督:フリッツ・ラング のソビエト公開版の再編集を手がける等、映画の仕事に携わるようになった。

 ・『ストライキ』 (1924年) を監督。同じソビエトの映画監督レフ・クレショフが唱えたモンタージュ理論を応用、実践してみせた。
   「偉大なる無表情」 バスター・キートンで、クレショフ効果を確認。
腹ペコのキートン Kuleshov_Effect
Kuleshov_Effect-2 悲しみのキートン

 モンタージュ理論は、異なる複数の映像を組み合わせることで新たな意味が生まれるというもの。
 この技法により、製作者の意図をより強く観衆に訴えることができ、映像表現に進化をもたらした。
 (右の写真) ジャーナリストの内藤民治 (一番左)、エイゼンシュテイン(左から3番目)。1924年、モスクワにて
Tamiji_Naito_1924
Teinosuke_Kinugasa_1929
 エイゼンシュテインは日本語を習っており、漢字の特色が彼のモンタージュ理論にヒントを与えた。すなわち、「口」+「犬」=「吠える」 というように、文字を組み合わせることで新たな意味を持つ文字が生まれること。
 (左の写真) 映画監督の衣笠貞之助と。1929年、モスクワにて


 ・ロシア第一革命20周年を記念して製作を依頼された 『戦艦ポチョムキン』 (1925年)を監督。
 「オデッサの階段」 のシーンは、映画史上最も有名な6分間 と言われ、世界中の映像作家に多大な影響を与えた。
 (右の写真) 「戦艦ポチョムキン」 撮影時。メガホンを手にしているのがエイゼンシュテイン
Bronenosets_Potyomkin-3

October  ・10月革命10周年を記念した 『十月 〜 世界を揺るがした10日間 (1928年) を監督
 その後、『全線』 を完成させたが、共産党に再編集を命じられ、『古きものと新しいもの』 (1929年) として公開された。
 (左の写真) 『十月 〜 世界を揺るがした10日間 』

 ・1929年、トーキーの研究という名目でハリウッドへ。チャールズ・チャップリンや、ウォルト・ディズニーとも親交を深めた。
Eisenstein-ChaplinEisenstein_Dietrich
チャップリン(右)と
左から、エイゼンシュテイン、マレーネ・ディートリッヒ
Eisenstein-Disney (左の写真) 左から
 グリゴリー・アレクサンドロフ ( 『ストライキ』、『十月』 の脚本家。『十月』 の共同監督)
 エイゼンシュテイン
 ウォルト・ディズニー
 エドゥアルド・ティッセ
(『ストライキ』、『戦艦ポチョムキン』 のカメラマン)
 ミッキーマウス (手前)

 ・1930年、パラマウント社と契約し、ジョージ・バーナード・ショーの戯 曲 「武器と人」、セオドア・ドライサーの小説 「アメリカの悲劇」 などの映画化を試みるも実現せず。
  その後、左翼系作家アプトン・シンクレアの出資で、『メキシコ万歳』 の製作に入ったが、撮影の遅れによりコストがかさみ、シンクレアに解雇された。

 ・1932年帰国。モスクワの映画学校で教師を務めた。

 ・『アレクサンドル・ネフスキー』 (1938年) を監督
  (右の写真) 『アレクサンドル・ネフスキー』 撮影中のエイゼンシュテイン監督(右)
Eisenstein-2

Eisenstein-3  ・1944年、全3部作の 『イワン雷帝』 の1部を完成。1946年に2部を完成させたが、スターリンに上映禁止とされた。(エイゼンシュテイン、スターリンとも亡くなった後の1958年に公開)

 
1948年50歳で他界。『イワン雷帝』 の3部は未完となった。

 ・1979年、『メキシコ万歳』 のフィルムがソビエトに渡り、盟友グレゴリー・アレクサンドロスの手によって再編集されものが公開された。
 
HOME